田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.240『助言・諫言・提言なのに聞く耳持たず(涙) 墓穴wというニッポンの「出口戦略」。』

◎日本政界の不祥事に関して輸入したい物リスト

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.240『助言・諫言・提言なのに聞く耳持たず(涙) 墓穴wというニッポンの「出口戦略」。』と題してお届けをいたします。
出口戦略、黒田東彦日銀総裁は出口戦略をまだ考える時期ではない、と何年間おっしゃっているのでございましょうか、という中で我が国の出口はですね、経済も出口戦略が見えてこない、働き方改革も出口戦略が見えてこない。税金もですね、税制改革も出口戦略が見えてこない。そしてさらには朝鮮半島問題に関しても出口戦略が見えてこず。出口戦略が見えてこないのにですね、置いてけ堀、日本の外交と経済ではないかと3月8日の日にモーニングCROSSで申し上げますとですね、ワラワラワラワラなんかのように湧いてきてですね、何お前は言っているんだと、お前はどんな方策があるんだ、と。今の方策ではダメだという事を私が申し上げてきたのに、結局出口はなんと自分で墓穴を掘って出口を作り出してしまったというのが現在の日本ではなかろうかと思います。そして出口を作り出したのは朝日新聞なのではなくて、実は朝日新聞の外報部というか外信部というものは未だにですね、これだけの朝鮮半島のドラスティックな変化に関してソウル支局長を務めている牧野何某さんという方を筆頭にですね、全く分かっていないという、日本は上も左も右も下も全部判ってないという状況ではなかろうかと思っておりますので、本日はですね、置いてけ堀が「実はこれが独自外交だ独自経済だ」と言っている日本の悲しみをちょっとお届けをいたしたいと思います。

3月8日にお届けをしたですね、モーニングCROSSの内容、これはまた日を改めて、今日は日曜日(3月11日)でございますが予定としては木曜日の日(✽予定変更で3月14日(水))にゆっくりとフリップを見せながらお伝えをして参ろうと思います。で、今回最も呆れたのはですね、説明責任や立証責任は朝日新聞にあると言ってる人たちがですね、ネトウヨ君だけでなくてですね、なんと今までパヨクではないかと呼ばれていたような人たちまで同様の事を述べたんでございますね。どうもこれこそが私や浅田彰氏がですね憂いているアルゴリズムな日本という、形式知に陥っている訓詁学派のようになっているという事ではないかと思います。だって皆様、あれでございますよ、山本一郎さまとかね三浦瑠璃さまとかね、その辺の人がですね、朝日が文章を出せというのはまだ分かるわけでございますけど、

二木啓孝さままでおっしゃってたという事でございまして、元日刊ゲンダイ朽ちたりという感じでございますし、

橋下徹さまや東国原さまや舛添要一さまという楽隠居なさっているような方はともかくといたしましてですね、あと、リフレ派の方々が皆さまこのようなご発言をされていたようでございます。高橋洋一さまとかですね、あるいは池田信夫さまとかですね、

あるいは、まあなんでございますか飯田泰之クンとか、私が昔ご飯をご馳走してあげたのにね、もう少し学べばよかったと思いますけど、あと宮崎哲弥さまという、まあアクセスに彼を出してみたらって言って芽が出てきたという方でございますが、そういうヤッシーは見る目があり過ぎたのかもしれませんけども。

今回、非常に思ったのはですね、どういう弁護士なのかよくわからない八代英輝さんと言うんですか、あるいはですね北村晴男さんとかですね、その他誰か弁護士もいましたっけ。

この手の人達が説明責任が朝日にあるとおっしゃったって事は、彼らは刑事事件や民事事件と勘違いしてると思うんですね。民事事件は訴えた側がこういう理由でこういう証拠があると言わなきゃいけません。刑事事件も検察がその人間をしょっぴいて調べるときには警察側も検察側も、起訴するに至ってはそれの立証の責任があります。今回は報道なわけでございます。そしてもう7割以上の国民の人が変だなぁと思っていて、変だなと思うけど腑抜けの野党がうーだら言ってるので野党もこの問題だけしか言えないんじゃない、もうちょっと違う事言えないのって思う時に、朝日新聞の記事がドカンと出たわけでございますね。でもこれはやっぱり、朝日新聞はある意味じゃ確信犯的で、これに対して安倍さんにfacebookで惨めなもんだって言われたから、

警察や検察のようにメンツ主義で言ってんのかなと、早とちりした人たちがいたようでございますけど、おそらくこれはですね、まさに社長までいったかどうか判らないけどかなりの部分まで入念に調べて載せたという事です。情報源の秘匿というのは、これはもう古今東西、アメリカにおいてもイギリスにおいてもですね、ワシントン・ポストウォーターゲート事件の時だって、これのディープ・スロートが誰だったかという映画「ザ・シークレットマン(*ザ・シークレットマン - Wikipedia)」が今公開されていて、ヤッシーも先日CSで映画評をいたしましたけれども、古今東西どこでも情報源の秘匿というのはメディア(では当たり前)です。その代わりメディアが胡坐をかいちゃいけないという事で、日本のメディアは一緒にご飯を食べるだけの胡坐のかき方だったという事なんでございまして、どうもこれ、弁護士の人ってのはやはり勘違いをしてるんじゃなかろうかという気がいたしますですね。

でまぁ、その八代なんとかさんに至っては、昼間の番組でうーだら言って同じ弁護士の資格も持ってるけど元財務官僚の山口真由さんがですね、山口さん、別に財務省に勤務をしていたからって事ではなくて、それは違うでしょとやんわり言っていたのに全く分からなかったという事なんだそうでございます。その他なんか色々いらっしゃったかもしれないので、後ほど下の方に名前を付けておきましょうか。あとそうですね、もう上念司さまなんていう勝間和代さまの懇ろなパートナーに至ってはわけ判らない事を色々おっしゃって、出て参りました。

嘘八百田尚樹さまもおっしゃってたんですね。

 あるいは田中秀臣さんて経済学者の人、あるいは田上嘉一さんまでね、私も一緒にご飯を食べてる、モニクロにも出てる、彼まで朝日新聞に説明責任があると、立証責任があると。

どうもこの法律家っていうのは頭でっかちで勘違いしてんじゃなかろうかなと。あとは同じくご飯、結構私、ご飯をご馳走してるんですね、有本香さまというなんだかわけわからない、登山家の野口健さんが一緒に連れてきたんで、仕方なく帰すわけにいかなくてご飯をご馳走したという方でございますけども、まぁその他まあ、元経産省に居た宇佐美典也とか石川和男さんなんていうのはまあ・・・、あと菊地誠さんなんてのがおまけのようなもんだと思います。

今回の大きな問題は、私がここまでお話ししてくると、お前また何言ってるって言ってる方がいますけれど、私はずっと現政権に関してはきちんと助言や諌言(かんげん)、諌める言葉、そして提言をしてきたわけでございます。だって客観的に皆さんが考えて今自民党の中に政権を担える人がいますか?まあそれは岸田さんとかいらっしゃるかもしれません。あるいは、まあ驚いた事にですね安倍さんと一緒にご飯を食べながら、一年も前からですね石破茂さんと安倍政権ここが問題などという連続対談をやっていたという、まあ香ばしい三浦瑠璃さまという方もいらっしゃいますけれども。

 

【特集その2】三浦瑠麗が近畿財務局職員の自殺に「人が死ぬほどの問題じゃない」…冷酷発言は安倍政権の改ざん矮小化のため?「名誉白人なダッチ=オランダ人形」三浦瑠麗ちゃま

◎三浦瑠麗ちゃま特設サイト(予定)⇒

 

三浦瑠麗氏の「スリーパーセル」発言に対するこたつぬこ氏の反論と指摘 ツイッターモーメント

北朝鮮「スリーパー・セル」を恐れる必要はない グレン・カール Newsweek

◎めんこいオランダ人形とは

オランダ人形 | tamiser blog

http://miki3.hobby-web.net/ningyou/orannda2.html

やはり真の友人であるならば相方が歩むべき道を見失っているときにはきちんと助言をしてあげる、これが諌める諌言であり助言であり提言であろうかと思います。「働き方」改革とか革命という言葉はあまりにですね、保守が使うのは如何か、本当の保守がどうかっていう問題もありますけども、

この問題に関しても随分、私は具体的な事を申し上げて参りましたし、朝鮮半島問題に関しては皆さんご存知のように、一貫して対話の道に行くだろうと、まぁここまで早くいくかどうかって事はともかくとして、と(昨年9月段階から)言っていたわけですね。

なのにこういう事を言うと、お前は自民党ディスるのかと安倍さんをディスるのかみたいな事ですね、当の自民党の中の人まで言うと。理解される方はいるんですけどこういう方は逆にですね、今自民党のなかでシュンとされている。少なくとも名前を書いてもらってですね当選して来たならば、ちゃんと私と同じ意見をきちんと述べていただきたいという気がいたしますけども、いずれにしても助言・諫言・提言というものを聞くという事をしなくちゃいけません。どんなに素晴らしいレストランでもですね、否、従業員となあなあにしている、そしてお客さんから何か言われた、お客さんは自分に特別なサービスが欲しいと思って言ったわけではなくてですね、こういった事を他の方にも、あるいはまだ若い方あるいはお年を召した方にも同じようなサービスとか応対をしたら違うんじゃないですかって言ったつもりなのに、ウちにケチをつけるのか、ウチはこんなに評価されているぞというところは必ず、中からシロアリに食われてってしまうわけでございますね。厳しいかもしれない、体罰はもちろんいけません、でも厳しく指導をしてこそですね、良い料理や良い接客ができればお客様に喜んで頂いてチップの額も増えるわけでして、中でなあなあの形をしていてお互いにですね、助言・諫言・提言するところは言わない、見ざる・聞かざる、そして他の意見の違う人に対してはディスり猿という形ではですね、これは内部崩壊をしてしまうわけでございます。

という事でですね今回の問題、日銀の問題も労働の問題も税金の問題も、そして半島の問題もですね、ある意味では非常に日本は、以前に私はインド=パシフィックという言葉をドナルド・トランプ氏が去年使ったときに、

これはまさにインド・中国・アメリカ、そして部分的にオーストラリアに協力してもらおうという、新たな彼の戦略であって、その考えの点においてはですね、一見異なる意見のように見えるかもしれないレックス・ティラーソン国務長官やですね、ジェームス・マティス国防長官も同じ方向性で動いているという事を述べて参りました。去年の8月1日に、私たちは北朝鮮の体制を崩壊させるつもりはないと、北朝鮮の体制転換を求めているわけではないという事をレックス・ティラーソン氏が会見で述べたときに、日本は皆、懐疑的な言い方をしました。でも私はこれはですね、大変な事を述べたんだなと思って、そこからまあ注目をしていたわけでございます。

f:id:nippon2014be:20180308170127j:plain

別に自慢をするわけではなくて、ごく普通に考えていれば当たり前の事であります。3月9日の金曜日の日に、まさに5月までにですね米朝対話を行うと言った時にですね、時事通信は「日本政府置き去り懸念」と、「電撃発表寝耳に水」というタイトルを付けました。これはまさに(電撃発表前日の)8日の朝にですね、ヤッシーが番組で言ったのと同じ事であります。にもかかわらず、今回の森友問題を追及してきたはずの朝日新聞に至るまでですね「非核化、見えない道筋」などというネガティブなタイトルを付けているという事は、

非核化が見えない道筋とディスる前に、日本はですね、出口戦略見えない道筋のままであります。景気浮揚も見えない道筋のままです。高齢化社会も見えない道筋のままです。働き方改革も見えない道筋のままです。私は私なりにですね、ささやかだけども、確かな事を実現するためにいくつかの助言をこのメディアだけでなくてですね、(安倍晋三さんや菅義偉さん、あるいは二階俊博幹事長に)直接にもお話をして参りました。ですからそうした助言・諌言・提言、私が絶対なのではなくて、耳に痛い事も聞くという事をするという事がリーダーシップであり、それはまさにですね、中曽根康弘さんもそうであったと思いますし、福田康夫さんも当然そうでありました。この事のツケというものが今回、なんと出口戦略がないのに気が付いたら自分で穴を掘ってた墓穴戦略だったという事になってはいけないんじゃないのか。そしてこれはですね、トカゲの尻尾切り、トカゲはシッポが切られても再生をしてくるわけでございまして、トカゲの頭ごと変えるのではなくて、トカゲの頭ごと意識をみんなで変えていくと。これは一億総懺悔という事なのではなくてですね、行わねばですね、今、政局だなどと言ってんのは、次のどのような政治の体制にするかなどという愚かな話ではございません。今、この時間も働いている人たち、学んでいる人たち、暮らしている人たちの為にですね、トカゲ全体の意識を変えるという事が大事なので、この点をですねきちんと述べているメディアはどこなのか、そしてその意味においてもう一度朝鮮半島問題をどうを捉え直すべきなのか、色眼鏡ではないトンボの目という複眼をどう保つかという事を今週お話しして参ります。

田中康夫YouTube公式チャンネル「だから、言わんこっちゃない!」

f:id:nippon2014be:20180313045247p:plain

神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

2018年3月8日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫 朝鮮半島"置いてけ堀"っぽいニッポン外交&経済

f:id:nippon2014be:20180308172614j:plain

平昌五輪をきっかけに南北宥和に急転した北朝鮮の戦略は大したもの。(浅田)

拉致問題を解決する上でも、日本は大きな潮流の変化に乗り遅れるべきではない。(田中)

 

2月20日段階で「米中露韓が歩調を合わせて北朝鮮と「対話」する展開を予測し、圧力一辺倒の日本は置いてきぼりになりそう、と憂慮していた3月5日発売「ソトコト」4月号「憂国呆談」最新回!

 

G20を開催する大阪にはスリーパー・セルが潜伏していると地上波で述べ、晩餐もした安倍晋三首相の顔に泥を塗ったオランダ人形・三浦瑠麗の話題も!

f:id:nippon2014be:20180312063344j:plain

[堀潤]田中さん、テーマの発表をお願いいたします。「朝鮮半島"置いてけ堀"っぽいニッポン外交&経済」。

[宮瀬茉祐子]韓国は6日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮金正恩委員長が4月末に、板門店の韓国側施設で会談することで合意したと発表しました。また北朝鮮は韓国の特使団に「アメリカと対話する用意がある」と表明。これに対しトランプ大統領も「北朝鮮は真剣だと思う。しばらく様子を見てみよう」と会見で発言し、交渉に前向きな姿勢を示しました。こうした中、日本政府当局者の間では「かなり前のめりに物事が進んだ印象だ」と戸惑いや驚きが広がっています。

首相、防衛大卒業式で訓示(クリックで拡大)

f:id:nippon2014be:20180318174011p:plain

[堀]"置いてけ堀"、堀が僕の堀になってますね。

[田中康夫]元々そうでしょ。

f:id:nippon2014be:20180308172028j:plain

[堀]あ、そうですか。

[田中]日本昔ばなしに出てきたり(* まんが日本昔ばなし〜お話データベース > 関東地方 > 東京都 > おいてけ堀 )。釣堀に釣りに行った江戸時代の人が「このお魚を置いてけ」って言われて「いやいや、一杯持ってく」って言ったら、なんかほら、顔が無いようなヌメっとした人が出てきちゃうっていう。

f:id:nippon2014be:20180309145144j:plain

[堀]へぇー!

[田中]こういうタイトルを付けるとすぐにお怒りになる方がいるかもしれない。

[堀]でも、梯子外されてはいませんか?っていう感じしますよね。

[田中]そうなの。

[堀]「圧力だー!」っていうことを言ってる中で、このままほっておくと日本の頭を飛び越して・・・。

[田中]毅然と、って言ってるけれども。

[堀]アメリカと北朝鮮で・・・っていうことで。

[田中]松岡洋右を今更やってもしょうがないわけでしょ、外務大臣が。

[堀]えぇ。

f:id:nippon2014be:20180309184531p:plain

[田中]実は、去年から私はおそらくこういう風になっていくんじゃないかと申し上げていて、そして専門家でもないのになんだって。去年出したフリップを見せます。これ、去年9月の末に出したんですね(9月18日「モーニングCROSS」)。

f:id:nippon2014be:20180308165819j:plain

[田中]皆、同じことを言っているんですよ。いや、アメリカは違うだろうっておっしゃる方が中にいらっしゃるかも知れないけど、アメリカの中で最も強硬派だと言われていたニッキー・ヘイリーさんという国連大使稲田朋美防衛大臣みたいな人、彼女ですら9月の段階でこういう発言を公式に述べているわけですよ。

f:id:nippon2014be:20180308165929j:plain

[田中]でね、韓国は弱腰だっていうかもしれないけど、そうじゃない。今の文在寅(ムン・ジェイン)政権になってから北朝鮮と韓国はオリンピックの前に赤十字同士で、そして国際赤十字も入って5回以上公式な形でも会談をしてきているわけです。日本の赤十字ってのは赤十字・・・だけどイランやイラクパキスタンを見てみても、赤十字っていうのは「そうしたこと」をしてきているわけですよ。

[堀]それは日本にいるとなかなかイメージが沸かないですね。

 

南北赤十字が5カ月間接触 共同通信2月16日

韓国の大韓赤十字社の朴庚緒会長は16日、南北離散家族の再会問題などを巡り、北朝鮮の朝鮮赤十字会と国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)との3者で、過去5カ月間、接触を続けていると明らかにした。人道問題で南北が水面下で接触してきたことを示した。

 

f:id:nippon2014be:20180308170035j:plain

[田中]ですね。今回も、ここに私「硬軟取り混ぜてこそ大人の外交」って書きました。一方だけじゃなくて押したり引いたりで。米国が予備的対話に臨む程度には条件が整ったと。他方で、南北間で対話が実現したからといって国際的な制裁協力が緩むはずはないと文在寅大統領が言っている。日本のメディアは最後の、国際協力制裁が緩むはずがないというところばかりおっしゃるのね。でも、今回どういう代表団だったかというと、この鄭義溶さん(チョン・ウェヨン、元駐ジュネーブ大使)という団長は閣僚級の人です。そして対米安全保障のラインを担当していた人です。この人が団長として行って、そして今度の首脳会談を初めて、しかも韓国側で行ないますと。板門店でと。

 

国家保安室長は、韓国に於ける外交安保のコントロールタワー

鄭義溶(チョン・ウェヨン)元駐ジュネーブ大使:文在寅政権誕生直後、青瓦台が直面している課題と新政権の人選との「時差」を克服するために設置された外交安保タスクフォース(TF)の団長を務める。

大統領就任直後に行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領習近平中国国家主席、安倍首相、プーチン露大統領との電話協議の現場にすべて同席した。文大統領の対北朝鮮政策を懸念した「ウォールストリートジャーナル」の社説に対しては反論する文を寄稿した。

中央日報」2017年5月15日

http://japanese.joins.com/article/086/229086.html

[田中]で、彼がこの後、アメリカと中国とロシアへの説明を担当します。日本の政府は韓国の話を聞くまで待つとおっしゃってんだけど、日本に来るのは、別にこれ、プロトコール(の高い低い)じゃないかもしれないけれど、徐薫(ソ・フン)さんっていう国家情報院長、院長ってついてるからなんかすごいように見えるけど、この人は官僚なんですよ。で、徐さんの元に、文在寅氏は大統領になった直後に、逆に官僚だけでは(立案・折衝)が(上手くか)ないと言って民間から非常に有用な人を国家情報院長に2人室長で入れているので・・・ということなんです。

[堀]かなり文在寅さんは現実路線の方ですよね。

f:id:nippon2014be:20180308170127j:plain

[田中]ということなんです。そこが日本はもうひとつ見えてない。元々、レックス・ティラーソン国務長官は、これも去年(8月24日に)お話した時にみなさんがえーっ!?とおっしゃってたんですが、こういったことをおっしゃってたんですよ。

 

「アメリカは北朝鮮の体制転換は求めていない。金正恩政権の崩壊は目指していないし、朝鮮半島の統一の加速も目指していない。

2017年8月1日

で、トランプ氏が今回何を言ったかというと、スウェーデンの首相との共同会見で「北朝鮮は真剣だと思う」と。「しばらく様子を見よう」というところだけが日本はフレーム・アップされてますけども「局面打開につながるんだ」と。つまり彼がずっと述べてきた「前向きな対話のための圧力」と言っていたのは、圧力で屈せさせようといいんじゃなくて対話を引き出すということだったんでしょ。で、同時にダン・コーツ国家情報長官はこういう風に、今までの過去のことの失敗をもう繰り返しちゃいけないって言うんだけど、日本ではこれが、まだまだアメリカは色眼鏡で見てるよって報じられちゃってるわけ。他方で、これね、僕はすごい不思議なのは、毎日新聞朝日新聞という、まあネット上で(ネトウヨからパヨク・がー)と言われているところの支局長が2人とも、非常に懐疑的な見方を未だにしている。

f:id:nippon2014be:20180308170214j:plain

[堀]「破格の対応を見せたのは国際社会との行き詰まりを打開したいという意思の表れ」毎日新聞朝日新聞「直談判にこぎ着けた朝鮮半島情勢が悪化するのを避けたい韓国と、制裁強化への懸念を深める北朝鮮の思惑が一致した」。

[田中]まあ、この2人とも「スリーパーセルのお嬢さん」が大変に評価をしている支局長なので(笑)、私と考えが違う・・・、笑って下さいよ堀さん(笑)。

【特集】「名誉白人なダッチ=オランダ人形」三浦瑠麗ちゃま

✽めんこいオランダ人形とは

オランダ人形 | tamiser blog

http://miki3.hobby-web.net/ningyou/orannda2.html

[堀]ははは。うーん(笑)。

[田中]だけどね、北朝鮮が、もう大変だからこうやってきたって言うけど、カードを持ってるのはずっと北朝鮮なんですよ。

[堀]そうなんですよね。日本側の苛立ちっていうのはそこにあるわけでしょ。

[田中]だからその苛立ちを持ってたら、日本が大人なんだったら、苛立ちをそのままぶつけて、ウチの方がすごいと自画自賛してる村会議員なんて、誰も評価しないでしょ。

[堀]そうですね。どう対応するかですね。これからですよ。

f:id:nippon2014be:20180308170311j:plain

[田中]で、菅官房長官は未だにこういう風に言ってるんで「各国と連携して状況を見極める」って言うけど、状況はもう動いちゃってるわけじゃないですか。

[堀]しかもものすごくシビアに見ると、北朝鮮側は核を保有している国としてかなりの交渉力を持っているという状況だと。

[田中]そうですね。

[堀]で、現実的にどういう関係を築いていくかと。

[田中]まぁちょっとこれを・・・。

[堀]語学の達人の河野さん・・・。

f:id:nippon2014be:20180308170340j:plain

f:id:nippon2014be:20180309162436j:plain

[田中]太郎ちゃんはね、ペンス副大統領が「talk」と言ったと。ダイアローグ(dialogue)が外交用語(に於ける「対話」)だって言うけど、「talk」って言ったのを「接触」と訳すって、オックスフォードの辞書にも載ってないことを言ったわけよ。

[堀]うーん??。

[田中]そして、こないだも2月26日、これ、共同通信しか流してないの。「核放棄を明言しなくても、「雑談」を名目とした会話(chat)ならば応ずる」、「chat」って言ってるの。こんなこと言われて北朝鮮は冷静だと思うけど、拉致被害者の人たちが、お前の国、雑談ならしてあげるよって、こういったことを国の責任者が言いますか?そして彼は去年の段階で断交しろって言ったわけでしょ。でも断交しろって、各国、160なんか国が国交結んでいるのに対して、越権行為じゃないですか。

 

香ばしい「国交断交要求」記事

河野外相、北朝鮮との断交要求=160以上の国々に 時事通信

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092200342&g=pol

 

北朝鮮と断交を」

河野太郎外相、世界に要求 ハフポスト
https://www.huffingtonpost.jp/2017/09/21/taro-kono_a_23218761/

f:id:nippon2014be:20180308180448p:plain

[田中]前からお話しているように、なんで北朝鮮南アフリカと同じように大事かというと、南アフリカもとんでないアパルトヘイトだった。でも、あそこに白金・プラチナという、自動車の触媒に使えるものが自由主義圏で唯一あった国だったんですよ。アパルトヘイトはやめていくと、でも南アフリカに日本の小さな自動車会社だってみんなノックダウンの工場を持って安定供給を求めた。で、これが前からも述べているように、レアアースは中国が今市場の9割持ってますけども、中国の含有している埋蔵量の6倍、あるいはタングステンやウランも世界の半分はある。だからいまだにオランダとかインドはそうしたものの資源外交をやっているわけですよ。そうすると日本は資源がないのに、そして拉致の問題があるのならば尚のこと、もっと、状況を見るとかではなくて対話に入っていかなきゃいけない。

[堀]そうですね。だからまあ、悲しいけどもう、ステージは核保有北朝鮮が・・・。

[田中]もっと言えば、ミャンマーが他の国がみんな、とんでもない独裁国家って言ってる時も、日本の全日空は飛行機を飛ばしてたわけでしょ。それはミャンマーの将来性を見てたのかもしれない。とするならば、北朝鮮の人たちを救うためにも・・・、最後にこの絵を見せます。ルビンの壺。これ、見方によって人に見えたり壺に見える。だから認知心理学で、私達が日本という国の国益をどう考えるか、というところでもう一度私は北朝鮮問題を見ないといけないな、と思います。

[堀]冷静に、ですね。

f:id:nippon2014be:20180308172054j:plain

参考資料

憂国呆談」バックナンバー
http://tanakayasuo.me/archives/category/sotokoto

18/3月号 憂国呆談 season2 volume92◆ソトコト
http://tanakayasuo.me/archives/22110

VERDAD」「社会的共通資本」
http://tanakayasuo.me/archives/22210

「資源大国・北朝鮮
http://tanakayasuo.me/archives/20424

名誉白人なダッチ=オランダ人形」三浦瑠麗ちゃま
http://tanakayasuo.me/archives/20841

「だから、言わんこっちゃない!」

Vol.229 そんなに戦争したいの「脱原」太郎クン?「日朝対話派」静香ちゃん・二階さんの爪の垢を煎じて飲みなさい!
http://tanakayasuo.me/youtube#Vol229

Vol.236 「対話はしないが雑談はする!」もはやアメリカからも「お荷物扱い」? 「害無・誤植w外務」太郎ちゃん(涙)
http://tanakayasuo.me/youtube#Vol236

Vol.196 間違いだらけの太郎ちゃんPart1 お前は平成の「松岡洋右」かよ
http://tanakayasuo.me/youtube/181-210#Vol196Part1

 

Vol.231 ニッポン沈没の予行演習ですか?三沢基地F16戦闘機の燃料タンク!
http://tanakayasuo.me/youtube#Vol231_F16

Vol.222 山本五十六の再来か?置いてきぼりな日本外交!引き際を間違えた黒田東彦総裁!
http://tanakayasuo.me/youtube#Vol222

Vol.233 <悲報>櫻井よしこさまになり損ねた三浦瑠麗ちゃまw妄想お花畑なネトウヨの巫女
http://tanakayasuo.me/youtube#Vol233

Vol.221 三浦瑠麗ちゃま・村中璃子ちゃま・西畠清順ちゃまetc. 「お能」改め「お脳」がメルトダウン寸前な「意識高い系」ニッポン(涙)
http://tanakayasuo.me/youtube#Vol221etc

 

TOKYO MX「モーニングCROSS」(07:00~08:30)は首都圏以外の全国・全世界の方々も以下、エムキャス配信ページ・スマートフォン専用アプリにてご視聴頂けます。

 

 

神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン