読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋葉原AKBカフェ前「イチロー&ヤッシーvs若者たち ガチンコトークセッション」2016年06月26日

参院選2016

 「自民党改憲案に僕は反対」と松井一郎代表が明言


 

 

[質問者]質問なんですけど、松井さん、今おおさか維新の会で代表をやられてて、現在、自民党の安倍政権ですけど、思想的に共鳴してる部分というか政策として協力していこうっていう部分は強くあると思うんですけど、憲法改正の問題に関して、現在の日本国憲法平和憲法の上にいろんな戦争しない為の解釈を積み重ねてきて、自衛隊の海外派遣の問題とかありましたけど、その点に関しても、もどかしいですけど、現行の憲法のなかで何かを解釈してなんとかやっていくという、70年間の積み重ねも含めて日本国憲法が成してる部分だと思うんですね。それが従来の自民党が言ってきた本当の保守の姿だと思うんですけど、現在、松井さんが憲法改正に賛成というという事だと思うんですけど、従来の自民党の保守の考え方とちょっとずれてるんじゃないかなと思うんですけどその点について如何思われますか。

 

[松井]まずね、僕らの価値観で言うとね、もう、保守とかリベラルとかねそういう風に分けるもんじゃないと思うし、それからね、憲法については、憲法について、憲法は皆さん、権力を縛るのが憲法なんです。で、皆さんに何かを押し付けるんが憲法ではありません。権力を、権力を持つ人達を縛っていく。まぁ自由にね、権力者が自由に物事をね勝手に自分達の良くなるような、自分達側ばっかりにねプラスになるような事をやらないように縛っていくんが憲法。それで自民党憲法草案ね、僕は反対。というのは何かというとね、家族はこうあるべきとかね、価値観にまで踏み込む、一人ひとりの。そりゃ憲法じゃありません。一人ひとりの価値観ていうのに踏み入れていくのはおかしいと思っているから。そりゃあ自民党憲法草案、反対。

 

それからもう一つ一番大事なのは、最後は皆さんの一票で決めるわけ、国民投票で。要は国会議員憲法を決めるんじゃありません。今メディアはね、まぁ(今日)いっぱい来てるけど、すぐね憲法改正反対賛成、それで分けようとする。でも違うんです。例えばほんなら僕らがね言ってる憲法改正、「教育無償化」。日本の憲法にはこう書いてんねん、26条。「義務教育を無償とする」って書いてるんです、義務教育。だから小学校・中学は無償でしょ。義務教育を無償とするって書いてる。だからそれを憲法を変えて「義務」を取る。「教育を無償化する」になれば大阪でやってる私学の無償化、全国に広がっていくわけです。憲法を変えて教育を無償化、反対の人いますかね、教育の無償化。これをね、最後は皆さんに決めてもらいたい。憲法で教育無償化にしようよという事を我々が国民の皆さんに問う。で、皆さんが一人一票で、これは賛成、という事であればね、それは、また憲法が変わって、その憲法の下に法律が作られるわけですから、教育無償化実現できるんです。要は一番大事なのは、憲法というのは国会議員が決めるんじゃない、最後は皆さんで決める。憲法というのは9条だけじゃありません。26条、教育の分野、それがあります。

 

それから地方分権。それから統治機構改革の94条、96条辺り。これも憲法に書かれている事。こういうのをね、一つ一つちゃんと丁寧な議論をして、憲法を変えましょうというのが我々。で、自民党憲法改正は、家族の形はこうあるべき、と。そういう事を書いてる。これは反対です。要は価値観の押し付けだから。価値観というのは一人ひとり持ってるもんだ。そういうのは反対。だからそういう所をね、要はメディアはね、憲法改正というと9条ばっかり。違うんです、憲法。いろんな条文がある。今の時代に合わした部分、合わして変えていく部分、その分野はしっかりと議論をして皆さんに決めてもらえる体制を作りたい、そう思っています。

 

[田中]ヤッシーからもいいかにゃ?だって今の、皆さん、意見聞いたらね、国政政党おおさか維新の会とヤッシーが考え違うんじゃないかっていまだに思ってる方がいるけど、殆ど同じことを松井さんが言ったのよ。だから国民の権利、権利ってないものねだりでエイエイオーって言ってる人らじゃなくて、まともに働いたり暮らしてる人の、国民の権利をきちんと守るのが憲法。で、その為の国家の義務を規定するのが憲法。今の自民党の人たちは国民の義務を押し付けて、国家の権利を語ってるんだもん。だから私達「生煮えだ」って言ってるの。

 

だからその意味では、こないだね党首討論ってのがあったんだ。松井さんと一緒に、松井さんは大阪府知事国会議員じゃないんで、またこれも下らないルールがあって国会議員でないと党首討論出れないっていうのよ、これだけ人数抱えてるのに。で、共同代表の片山虎之助さんという参議院議員の人が僅か4分しか貰えなかったんだよ。その前の、一番大きな野党とか二番目に大きな野党はいっぱいお時間貰ってるんだけど、なんか抽象論。で、片山さんが言ったのは僅か4分だけど、相手の人多分、一杯喋る人だから1分半くらいしか無かったんだけど、今の憲法の良いところは残すと。で、緊急事態法ってだって、憲法よりも時の首相が上で、首相がこうだって言えば全部、憲法も越えちゃうって言うんだから、緊急事態法なんて不要だって言ったの。で、9条を今変えるなんて必要は無いって言ってるんだよ。党首討論で言ってるんだから明確で、今松井さんが仰った事も同じ。だからヤッシーも一緒に同じ頂きを目指そうって言ってるの。

 

[司会]ありがとうございます。

 

f:id:nippon2014be:20160627115301j:plain