読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年07月26日 TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線 今朝のニュースピックアップ 任天堂株ストップ安・緊迫する南シナ海情勢仲裁裁判所の裁定とアセアンの動き」 電話ゲスト 田中康夫

生島ヒロシ 南シナ海問題 参院選2016 「領土・領海部」設置


 

[生島ヒロシ]生島ヒロシのおはよう一直線 今朝のニュースピックアップ。

さあ今日のニュースピックアップはですねこの前選挙に落選した田中康夫さんです。田中康夫さん。

[田中康夫]おはようございます。

[生島]おはようございます。ショックは癒えましたか。

[田中]いやいやまあ、そらぁ全て受け入れなければ人間はね歴史はね。

[生島]まあねえそうですよね。だけどいよいよ今度日曜日が投開票日ですけども。まあどういう事をポイントに押さえたらいいでしょうかね選んだらいいでしょうかね。

[田中]まあでもなんか、段々最後なんかこうねえ、お互いもぐら叩きのような具合になってきてんで、本当にどういう東京にしたいのかっていう所をねもう少しそれぞれの主要3候補も含めて語って欲しい気はしますね。

[生島]ですよね。

[田中]うん。

[生島]しかしながら何が起きるか分かりませんがポケモンGOの大騒ぎてぇへんですよこれは。はっは。

[田中]いや私もやったんだ(笑)。

[生島]やった?(笑)

[田中]家内もやったんだけどあんまり私は盛り上がらず終わってしまったけど。ただこれどうよ街で、いや、やるのは良いし麻生さんが言うようにこれでオタクの人が街に出てきたって言うけど、自転車乗りながら車乗りながらってさポケモン以前にこれはもうマナーの話でしょ?でこれができない人達がこんなにいたのかっていうね。ポケモンという以前の話かなっていうね。これはまあ日本のみならず世界中もだしみんな公園でねスマホ持ってるっていや逆に美学としてみんなとあんなに同じ事やってるってちょっと恥ずかしくない?っていうね。

それでまあ先程ニュースにあったように任天堂株がストップ安ってのは今後おそらくアメリカのような訴訟大国では、これ実際作ったのは任天堂じゃなくてアメリカの会社なのにね任天堂も一緒になって大変な訴訟が起きてくるかもしれないよね。アメリカだってほら熱いコーヒーをファーストフードで出しただけで2億円取っちゃうみたいな国だから。それがあって多分このストップ安ってのもね、みんな期待したけど大丈夫かっていうね。

[生島]でね、株価がストップ安って中で結局のところおいしいところはアメリカの方の・・・

[田中]そうなのよ

[生島]開発したところが取ってんだもんね。

[田中]そう。だからなんか、はっはっは。今の世の中を象徴してる気はしますけど。

[生島]いやホントそうですね。

[田中]で先程のね、所謂ASEANラオスビエンチャンで開かれた。実際に日本とアメリカとオーストラリアの外務大臣がね南シナ海の軍事拠点化への強い反対を盛り込んだ共同声明を出した。これはもちろん当然だと思うんですよ。でそのASEANの外相会議の共同声明も所謂人工島造成などについて深刻な懸念を表明したと。これもそうなんだ。でも一方でね仲裁裁判所という先日フィリピンの前大統領が中国を訴えた事で中国のこれはおかしいよっていう、仲裁裁判所が出した判断に関してはこのASEANの外相会議は一切言明・言及してないんですよね。これが日本のメディアだと、いやあそれはねやっぱりラオスビエンチャンで開かれてラオスは元々共産国だったし中国の支援を受けてるからだろうとか、だけど議長国だけでね決まる話でがない。

 


でこれちょっと1回整理したいんだけどもやはり僕は今回フィリピン、実は新しい大統領、ドゥテルテさんという大統領になったんでね。前のアキノ政権が2013年にこれを海洋法の調停機関ってのに提訴したんだけども、でこれではなくて、むしろこの新大統領は中国との直接交渉を再開すると宣言したんですよ。でこれはどういう事かと言うと、元々の海洋法調停機関ってのは紛争当事国同士の話し合いを前提する、とすると。だからもちろんフィリピンとしてはスカボロ諸島を始めとしてねやはりフィリピン側の主張を通したいってとこあったんだけど、これ話し合いを始めるって事になるとどうなるかって言うと、実は国内の裁判所だったら裁判が出た判決にはそれがみんなが変な判決だなって仮に思ったとしても従わなきゃいけないわけでしょ?でこの海洋法の調停機関ってのは拘束力が無いわけですよ。で拘束力が無いのがおかしいんじゃないかって言ってるんだけど実は皆さんもご存知のように今はポケモンで日本と違って儲けちゃったつってるアメリカはこの海洋法の仲裁にはなじまないからと言う事で結局アメリカは批准すらしていない訳ですよ。署名すらしていない訳ですよ。で多分それは何だったかって言うとこういう形で決まってっちゃうとアメリカは今までは世界の警察官だったからアメリカはこれに入ってるとアメリカのみならず世界の国益にもなじまないんじゃないかと思ってたとこがあったと思うんですよ。ところが今中国は良くも悪くも経済大国になってしまった訳ですよ。でそれに対してフィリピンがこれを出した事でね逆に確定したように見えるけども実際に新しいフィリピンの大統領はお互いで和解の話をしはじめると言ってるから、これは全然、逆になんていうのかな、判決が出た。でもこれをもっと強制力とするには国連安全保障理事会でやるかっていっても、これは拒否権があるから、ロシアとか中国とか、ましてやフランスやイギリスだって中国の経済って事があるから賛成するかどうか分からないという状況になってるんでね。逆に言えばこの判決が出た事でデッドロックになっちゃったと。

で同時に今まで中国は発展途上国だったのがアメリカと同じような経済力を持っちゃった時に、アメリカ同様に今後海洋法機関から抜けるかもしれないし、そもそもその前にフィリピンの側がもう話し合いをすると。その代わりにフィリピンの鉄道建設とかインフラに関してはよろしくねって言い出しちゃってるから、非常にこれは悩ましい問題だと思うんですよ。それが今回の、別にラオスで行ったからだけではなくて、異常な海洋進出に関しては懸念って事は明確に言う一方で、一方で仲裁裁判所の判断に関しては全く触れないっていうね、玉虫色の宣言になっちゃった気がしますね。

[生島]最後にロシアのドーピング問題、一言。

これね、ロシア。まあIOCが各ね、そのスポーツの機関に任せるってのは丸投げでおかしいと僕は思いますよ。だけど同時にドーピングってのは今後どうなってくるかって言うと、今後例えば小さい時に子供が病気をしましたと。それを遺伝子で治療しましたという事によってその子供がすごい能力を持っちゃった場合はこれどうなのか?と。あるいはこれからほら、精子バンクに登録された素晴らしいスポーツ選手の精子を貰って生まれた子供はこれはどうなのか?と。人為的じゃないのか?って話になってくので、ロシアがやった事自体はとんでもない話なんだけども今後その科学の進歩によってね、ドーピングという、薬という非常に分かり易い事だけではなくて遺伝子であったりDNAであったり、そういったところが出てくるとこれは、今後のスポーツ界ってどうなっていくのかなっていうね。

だからエチオピアで住んでる人はマラソン強いじゃないですか。でもそれと同じような空気の具合にした部屋に四六時中ずっと日本においても居るってのは可能になってくるからね。そうすっと大変なこれは僕は問題をロシアにとどまらず今後スポーツは抱えてくなって気がしてますね。

[生島]なるほど。おもしろい見方。ありがとうございました。

[田中]はい。どうも失礼します。

 

f:id:nippon2014be:20160610155428j:plain

生島ヒロシのおはよう定食|一直線|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

 

 

 

 

 

 

 

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 

 

サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 

 

H (河出文庫)

H (河出文庫)

 

 

恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 

 

神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 

 

昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 

 

 

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 

 

たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン