田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」  Vol.312『アメフト日大体制を擁護するw「前張りw発言」で判明! 脊髄反射どころか「パブロフの犬」だった三浦瑠麗ちゃま!』

田中康夫「だから、言わんこっちゃない!」  Vol.312『アメフト日大体制を擁護するw「前張りw発言」で判明! 脊髄反射どころか「パブロフの犬」だった三浦瑠麗ちゃま!』と題して予告通りお届けをいたします。

瑣末なところを捉えているんですね三浦瑠璃ちゃまは。でもこれはですね、私がツイートいたしましたように、「上層部の結束のみ護られ責任を取らず 現場に責任を押し付ける 平成インパール作戦の悲劇だ モリカケ文書問題 日大アメフト問題 共感を呼ぶ受け答え&不信が増す受け答え」と題してですね、NHK が以前に流したこの「インパール作戦の悲劇」というですね作品のこともお伝えをいたしました。

そしてヤッシーの様々な文字起こしというものもお伝えいたしました。ツイッターで「田中康夫さんが、「宮川選手の記者会見と、日大の監督とコーチの記者会見の対応と、永田町、霞が関ので行われている説明が比較されている。誠実に答えているのはどっちか。」と、#モーニングクロスで言っていた。」

これも脊髄反射で「この野郎!」という方々がたくさんいらっしゃいましたけど「同じこと考えてる人はたくさんいますよね。」という風にこの女性の方が書いてるんですね。もう一人他の人が「日大の会見というものを雪印の会見、あの社長が「俺も疲れてるんだ!」と言ってたのと同じだって書いてもほとんど反応がないのに、あるいはこの日大の会見日大の体質というものをもっと他のですね、東芝であったりいろんなところの問題として書いても反応がないのに、現在の政権の文書改竄であったり答弁というようなものを、この後手後手のインパール作戦インパール作戦って言葉使わないで書くと膨大に自分の書いた、いつもはリツイートとかが少ないところに書き込みが来るんだよね」って書いたらっしゃったがいましたけども。

非常に、この妙に脊髄反射をするところというものがあるんですね。この脊髄反射の中でですね大変なことが・・・。この三浦サマという方、他の方がですね書いてらっしゃる。

ご存じのように『週刊文春』のスクープというものがありました。もともと『週刊文春』は以前から実は『週刊文春』だけでなくて『FACTA』、まあ『FACTA』の記事はですね会員制限定なので皆様にお読みいただくことができないのですが、

 

会員制雑誌「FACTA」検索欄に田中英壽を入力すると2012年以降の膨大な記事アーカイヴがヒットします

FACTA』はずいぶん前から日大の田中理事長ですね、ちゃんこ屋を阿佐ヶ谷でやってて私も昔、亀井静香ちゃまと一緒にこのちゃんこ屋に行って、元演歌歌手だったって奥さまが女将としていらっしゃいましたけれども、田中英壽(ひでとし)サマって言うんですかね、英語に「英」という字に「寿」の難しい字「壽」でございます。この方全然出てこないんですよね。なんか昨日だか一昨日に学長(大塚吉兵衛氏)という人が出てきた。で、学長が「これは私の責任です」と言ったんだけども「うちの生徒たちをいじめるようなことがないように配慮頂きたい」って言うんだけど、その前に生徒達も言ってるのは「俺たちが十把一絡げに見られちゃうのは困るよ」と。でもそんなことアメフト部の他の部員だって「十把一絡げに見られちゃうのは困るよ」ということで、根元から断つという、責任を取っていないからインパール作戦になって多くの人が傷ついてっているということであって、これはインパール作戦という、まさにインドの側に、雨季の時に「行け!」と言って3万人もの人が亡くなったという、これ、NHKYouTubeにも載ってますから是非、オンディマンドじゃなくてもご覧なれますので是非皆さん、1時間の番組、一時間ちょっとですけどご覧になってみてください。

NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」20170815 - YouTube

同じことを日本は学んでいないということが非常によくわかると思います。個々の人たちが「途中でやめましょう」ということも言うのに、上のところが「いや、これは!」と言ってる。もしかしたらその段階で昭和天皇がきちんと「やめよう」と言うべきだったのかもしれません。大日本帝国憲法の時代ですからね。そこを多分、昭和天皇は思っていたし、今の今上天皇ってのはもっとそこを思って日本全国や戦没者のいた戦闘があった場所を全部出掛けてってると。そして韓国にも行こうと思ってるのに「宮中の奥で祈ってさえいれば良い」などということを言ってる人達というものはですね、まさにでたらめな天皇機関説であります。このこともずっと私は述べてきております。宮内庁の中でも密かにこの意見にですね溜飲を下げるだけでなくてですね、「同感である」と。「おそらく陛下もそうではなかろうか」というなことを私に仰っていた方がいますけども、こんなことまたでかい声で言うと私が「政治利用だ」などと言われますからこの辺でやめときますけども。

で、この問題に関して、まさに無謀と言われたインパール作戦というものはですね、これ何かと言うとですね三浦瑠麗ちゃまはなんと仰ったか。私がツイートをさせていただきました。三浦瑠麗ちゃまがご発言なさったんですよね。で、『文春』のスクープというのは何かというと、もう一回話しを戻すと、田中英壽さんが山口組であったりその他であったりの人たちとの写真、パーティーでデカく撮ったんじゃなかくて、バーで一緒に並んで撮ってるとか、こういう内容であります。

 

f:id:nippon2014be:20180525123857p:plain

山口組阪神淡路大震災の時に、少なくとも行政が最初てんやわんやだった時にみんなにいろんなものを配ったと。生理ナプキンを当時、SMLというサイズまで合わせて配ったというのは、舎弟企業からかき集めたにしても大変なマーケティングで、これはコンシューマー・オリエントだっていうこと私は昔、『神戸震災日記』でも書きました。その時も「山口組を褒めるのか?」などと言われましたけど、良いことは良い、良い意味でイデオロギーでなく是々非々で、悪いことはいっぱいやっている、それはいかんわけですよ。人を殺めたり恫喝をしたりするということは、ということであって、どんなに立派な官僚であっても恫喝をしていたりセクハラをしていたらそれは咎められなきゃいけないということなわけでごじゃいますね。で、三浦瑠麗ちゃま。『週刊文春』のご存じのように、そのサッカー部の部長(内田正人監督)という方、監督は辞めたと言うけれども日大の常務理事ですし、そして次に田中英壽さんという、(現)理事長の後に理事長になると言われてると。 田中さんは阿佐ヶ谷のですね駅の北側のところのお店というのを、ちゃんこ鍋屋さんをやってて昔、亀井静香さんと一緒に私は行ったということは何度かお話ししてるかもしれません。奥さんが元演歌歌手さんでございますね。そしてこの方は待てど暮らせど出てこない。『週刊文春』がもう1回(取材に)行って、パチンコ屋で3時間もパチンコやっていて、マックで何か、ちゃんこ鍋屋さんをやってんのにマックでお買い物して、という写真が載った後出てこない。そして学長(大塚吉兵衛氏)という人が金曜日に出てきたけど「学長の責任です」とか言ってるけど「違うでしょ」ってことですよね。理事長は何で出てこないのか?あるいは監督は心労で入院をしていると。関連病院に、日大のどこの病院か知らないけど、「その程度の肝っ玉かよ」っていう話なわけですよね。これに対してこういった記事が『文春』が出した時にみんなが思っていると。で、それに対して三浦瑠麗ちゃま、こういうご発言をですね、まあ CXもこういう方をずっと古市何某さんと一緒に出すってのが不思議な具合でございまして、「『半分、青い。』のあれは、一人でてくるチャラい方の学生がなんか古市憲寿くんに似てんじゃないか?」ってツイッターがあって笑ってしまいましたけども、なかなか北川悦吏子サマという感じですけれども、「前監督やコーチはここまで酷いプレーをしてしまうなんて(選手は)不器用だね、というような事を言っているような気がするんですけど、メディアは監督らが嘘をついていると決めつけている。コーチと選手の解釈のすれ違いを考えてもいいのでは?」ってことを仰ったんで、

これは私があの写真付きで立派なお腕をお出しになってたら、まあ多くの方がツイートされて「パブロフの犬だなぁ」とかあるいは「彼女に学位をあげた藤原帰一「国際映画評論家」という殆ど『AERA』にお書きのような方ですけれども、東大の教授は。「やっぱり製造物責任を取るべきじゃないか」と。

これも私、だいぶん前にツイートしたんでございますけどね。そのツイートを「きちんと」書いてくださってる方がいて大変嬉しゅうございました。まあ瑠麗ちゃまに関してはもう、「なにかもう、この瑠麗ちゃまもう、火薬持って日大に入ってっちゃったもん」っていうふうなツイートとかたくさんあって、

この辺は文字起こしさんの方ですね起こした中に秀逸な皆様のツイートを一覧表で載っけてありますのでとくとご覧いただければというふうに思います。

 

実は「東大話法」は「東大阿呆」の誤植だった史実を証明する本日の参考資料 「平成のインパール作戦」上層部の結束のみ護られ誰も責任を取らず現場に責任を押し付ける永田町・霞ヶ関と相似形を描く日本大学! 勇猛果敢に「ガソリンかぶって日大の火事場に突進して行った」三浦瑠麗ちゃまをY’assyが語った 5月25日「モーニングCROSS」動画&文字起こし+関連する秀逸なツイートまとめ 

 

【大特集その2】香ばしい国際政治学者・三浦瑠麗ちゃま「文春オンライン」「SMインタビュー」3連チャン

#1「ぼっち」でいじめられていた少女が“三浦瑠麗”になるまで
http://bunshun.jp/articles/-/6808

#2三浦瑠麗が語る「感動の涙を醜いと思ってた」中学時代
http://bunshun.jp/articles/-/6816

#3論壇の“異分子”三浦瑠麗が告白「私は人間失格だ」と思ったとき
http://bunshun.jp/articles/-/6817

三浦瑠麗ちゃま情報まとめサイト

VERDAD」昨年7月号「「名誉白人なダッチ=オランダ人形」三浦瑠麗ちゃま」 「だから、言わんこっちゃない!」瑠麗ちゃま関連動画11本

f:id:nippon2014be:20180527180552j:plain

ただ、この問題はですね非常に私が番組でも申し上げたので、ここも文字起こしが秀逸に関連情報を付けておりますけども、自由民主党の中で、この日大の問題に関して「駄目じゃねえか」と。「95億円も、一番税金補助金をもらっている大学がこんな具合だと税金の使い道からも問題だ」とかですね、「こういう後手後手の対応はどうなんだ」とかですね「現場に責任を押し付けて」とか(笑)。でもこれ「既視感」なんですよね。私なんかこれ、「主語とか変えるとブーメランで、どこか、霞ヶ関とか永田町に飛んでちゃんじゃないの?」っていうことを申し上げたんですけども。でも霞ヶ関や永田町に飛んでっちゃってスピンしそうだから、そして全然これが火消しにならないで、両方の火が両方で点いちゃって「ルビンの壺」がどっち側から見ても真っ黒に見えてしまうというところに危機感をですね抱かれたパブロフの犬の三浦瑠璃ちゃまはこのような香ばしい発言をされてるんだけど、前から私は「三浦瑠麗ちゃまは櫻井よしこサマになりたいと思ったのかもしれないけれど、櫻井よしこサマの方がまだ覚悟がある」と。あるいはまあ、これを画面に出ないで喋ってるくらいだったら曽野綾子サマのような、三浦さんっていう名前ですからね曽野さんも。・・・ような三浦さんという名前ですからね曽野さんも。三浦知壽子さんでございますから、三浦朱門さんの奥様だったわけでございますから・・・という感じがする理由なんでございまして、瑠麗ルリに関しては瑠麗ルリサイトの方にもこちらを付けておこうかなと思っております。これ以上話しをしても瑠麗ルリその程度のレベルだったんだということなんで、まさに「G20をやる大阪にはスリーパー・セルがいるから危ない」って日本の国家に・・・、安倍さんとご飯食べたのに安倍さんの顔にも泥を塗るようなことをやろうとしていた人が、今回何を思って日大をこんなに援護するのか。

もっと言うと日大は以前から「黒い霧」などということもを昔からあったわけですね。他の大学もそうです。そしてこの間言われてるモリカケ問題というのも、一回学校法人を作るとずっと補助金をもらえるというのは、もしかしたらこれは部落開放同盟と一緒じゃないか?っていうことなわけです。私は部落解放同盟への補助金をやめるということを、まさに県庁の講堂ですね罵声が飛ぶ中でも「私一人がしゃべるからいい」と当時の監督にも課長にも「君達には責任を取らせないから私が喋る」と言ってやって(補助金の拠出を)止めたわけですね。その代わりに私は「長野県に来ているブラジルからの多くの子供達がポルトガル語しかできないので、学校に行けないんだったら公立の小学校にポルトガル語のチューターを置こう」とか、「こういったことが人権予算だろう」と。あるいはまさに慰安婦問題なのではなくて、中国の残留帰国でお帰りになった人達に、きちんと生活保護だけではないお金をきちんと長野県は全国で一番送り出して、「当時の天皇から表彰状をもらったというのが県史に書いてあるような県だからこそやろう」と言った理由でございまして、月3万円てわずかな額でしたけども、厚生労働省が反対する中を強行をしたわけで、これまた回は改めてお話をいたしますけど、この辺のちゃんとアーカイブを作るべきでありますね。今の長野県は何もできてないんじゃないかなと思いますけども。

 

部落解放同盟」との想い出w

f:id:nippon2014be:20180528065446p:plain

県庁講堂を埋め尽くした部落解放同盟の怒号の中、1人で対峙03年9月9日、11月26日録音(長野県ホームページ「知事の発言」2003年欄で聴取可能)

9月9日 部落解放同盟長野県連合会との交渉 「音声1」47分間 「音声2」78分間 「音声3」30分間 @県庁大講堂
11月26日 知事と部落解放同盟連合会等との交渉 63分間 @ガラス張り知事室

なので日大の体質を変えるということが大事。だから自由民主党の部会がこれだけ焦るのも、まさに映し鏡として見えてしまっているということなので、そのうち映し鏡に見えてしまってると思ったから脊髄反射で瑠麗ちゃまがこういう発言したんだけど、もっと火を炎上させてしまったということになると、スリーパー・セル問題に続いて一体なんじゃらほい?ということではニャかろうかなという気がいたしております。

実は沖縄で弁護士をされている小口幸人さんという方、東京生まれの方なんですけども司法研修の最後を一年間那覇で勤められたと。裁判所に行きますからね検察とか。ということで彼が今沖縄の一番南のところで弁護士事務所をやっている。これも逆に言うとですね、東京で食べられない人いっぱいいますけど、地方に行くと長野県なんかもそうなんですけども、必ず民事の事件とかそういうのは一定数あって弁護士の数少ないですから、お仕事としては成る。でももちろんそれで弁護士がいないところでやってあげる、そしてそこで人権的な問題をなさるということはとても大事なことだと思っています。この小口幸人さんは私はツイッターでフォローしておりまして、彼はしていないと思いますけれども、彼がなかなか面白いことを言っている。つまり、だって答弁をする端からどんどん文書変えてたんですよね、佐川宣寿さんが。で、これは「公文書というのは『日本書紀』とか『古事記』とか『続日本紀』と同じで歴史の記録だ」って言ってるわけです。卑弥呼がいたかどうかってのは神話の世界です。少なくとも、720年の『日本書紀』からは歴史の記録で、それが公文書ですから。公文書は一回決裁をしたら、決裁をしたものを変えるということはできないわけですね。個々の段階の人が「この通りだ」というふうにしたものを誰かの一存で変えることはできない。それをしていくということは歴史を隠蔽するということですから、慰安婦問題に関して「歴史修正主義者たち」と言ってる人たちは、「その批判と同じ志でございます」と言っていた人たちが歴史を修正してるとこですから、このことこそ怒んなきゃいけないわけですよ。モリカケが必要かどうか?認可するべきかどうか?じゃなくて、そこの問題じゃない、公文書を変えてしまうというのは『日本書紀』を改竄するということと同じです。

グーグルマップに、グーグルが「勝手に皆さんがやったことだから責任とりません」って言った時になんでみんな怒んなかったのか。皇居の中の建物をサティアンだとか、警視庁の建物をそういう(宗教団体の)道場だとか、サリン製造所だとか書いた理由でしょう?それに警察も怒らなかったって「どれだけ白人には弱いんだよ」と。「なんで Googleをガサ入れしねーんだよ」と。「なんとか三保子(ロバートソン三保子Google日本法人代表取締役)さんという名前だけの高級もらってる社長の女の人がいるGoogle の本社に行かねえんだよ」と。「なんで双方向と言いながらネット以外の電話番号一個もどこにも書いてねぇんだよ」という話で、これはTwitter社と同じありまして、まだそこが「Amazonちゃん、反省しろよ」なんでございますけど、少なくても(Amazonは)電話は繋がるわけなんでございますね。小口さんが言ってること、「つまり財務省が(国会)答弁の裏で意図的廃棄していった」と。これを「政治史に残る大事件」だという新聞記事を付けて、「国会で追及され始めるなり、文書を廃棄する指示が出て、文書が破棄され、その事実を政府が認めた。とてつもないことが起きたのに、テレビメディアのリアクションの小ささに愕然としています。」というツイートを彼はされたんです。

そして、「明らかに証拠の隠滅を目的とした行為であり、国会への愚弄、民主主義への背信行為だと思います。国家への反逆的だとさえ思います。内閣総辞職は当然で、捜査当局も直ちに動くべきではないのでしょうか。公用文書毀棄等の疑いと更なる証拠隠滅の恐れはあるでしょう。」と。そこまで言わないでも、少なくともこれは全部国会がこの段階で「厚生労働大臣の不信任云々」だとか、「働き方改革だ」などという、あれに関しても実は『週刊文春』が最も鋭い記事を書いていて、あの内容は法律の話にしかなってなくて、海外に見られるようにアメリカのイギリスもドイツも働き方が違うと。でもそれは個人との契約というところ、そしてその個人をどう評価するか。サッカーとも絡んでくることなんです。評価なんですよ。実績と評価。そして個人との関係なんですよ。そこがちっとも捉えられていない法律だってことをあの『週刊文春』が書いているんでございますよ。ですからここで国会は止まんなきゃいけないんですよね。「安倍さんを云々」の前に「こういう公文書にじゃあなんでなったんだ?」っていうことが最も最優先な、なんか内閣不信任とか大臣不信任が最優先の議事ではなくて、ここはもう、「議事を一体行える状況なのか?」というところで話し合いが行われなきゃいけないということだろうと思いますけど、ちっともそうなっていないので、この問題に関してはそんなことから諦めてしまった人たちがですね、どういう社会を作るかっていう、私が今書いてる物語の方でおまかせをするとして、今申し上げたように三浦瑠璃ルリは、これでも多分何も感じてないんですね。

そして「三浦瑠璃ルリのようなものが出るとレーティングが取れるから」などと仮にフジテレビの人の中で思ってる人がいたら、本当に素晴らしかった時のフジテレビをですね、取り戻さなきゃと思ってる人達は多分それとは別の場所にいるはずでして、私と同じ内定を受けたような人たちも、もう60とか62になりますから、他の会社に行ったり色々やってらっしゃる方もいますけども、あるいはその後輩もですね「フジテレビも奮起せよ」と。古市くんやですね瑠璃ルリのですね「炎上で盛り上がるからレーティングだ」なんてこと言ってたら、それはカンフル剤のですねシャブ打ちのようなものでしかないということだろうと思います。その他瑠璃ルリサイトに関してのことはですね、文字起こしの方で皆さんの秀逸なツイートをご覧いただければと思います。いずれにしても田中理事長がきちんと会見をする。

そして今病院に入ってるという監督がですね、お辞めになるというところからまずは日大も始めなきゃいけないんで、学長ってのは、だって研究者ですよ?あの方、歯学部の。「それが出てきてどうする?」と。「経営をしてるほうが出てこないでどうだ?」ということであろうと思いますし、もう一点は、あの内容も、瑠璃ルリの名誉の為ではなくて申し上げると、みんな反則はやってんだと。で、あそこで監督が言ったのも、「関学関西学院大学でございますけどね、(関学も)やってたじゃないか」と、「何年か前にも話題にもなった」と。だけどそこで止まっていたと。もっと言えば、確かに「あの時ジャッジが何でそこで止めないんだ」と。「3回もやってからって変じゃないか」ってのは正論なんでございます。そしてこのことは確かに反則ギリギリのことはあるかもしれないけれど、それを彼は「ギリギリをやれ」と言ったのを「ギリギリじゃなくていっちゃった」って言うけど、彼はそこでもうマインド・コントロールされちゃってたわけでございますからね。「彼のお父さんがなかなかな強面な覚悟を持ってらっしゃるからああいう会見ができたんじゃないか」ってなことを仰ってる方々もいますけど、だから彼は加害者でもありますよ。でも彼がああいうふうに会見をしなければ仕方なかった、そしてその時に読売テレビのおじ様を、なんか春画という字と同じようなですねあの方がいろいろわけわからない質問をされて、MXに行った元TBSのアナウンサーだった方が、1つだけ立派な質問したんで賞賛されておりましたけども。

やっぱりこれ、世論というものが見くびったものではないということですね。そしてネット社会というものが、あの時もみんな思ったけど、たまたま動画が流れた。記者達も変だと思ったけどあの段階で動けなくてネットが動かしたということで、それはネトウヨ的パヨク的とかですね、ネトサポ的というものとは違う、やっぱりSNSというものがコンシューマ・オリエンテッドであるということの、これはまあ今度裁判が7月に決まりましたけれども、おめでたく(笑)。

おめでとうございます。「世界一のクリスマスツリー」の問題も、SNSというところが雑魚ではなくて動いたということで、今回のこのアメフトの問題もSNSが雑魚ではなく動いたことによってメディアというところが動いてきて、そして共同通信論説委員長だったという方が「名司会」をなさったという、日大で雇われててという、すごい天下りでございますけれども、ということなわけでありまして、関学もギリギリはやってきたかもしれない。でもこれは暴走したわけで、サーモスタットがみんなが働いたということなわけでありまして、それをすぐに反応できなかったような監督やコーチであったりあるいはジャッジであったり、あるいは当時のメディアであったり、ネットが動かしたということはこれは我々のですね、冷静な誇りとして、だからこそそうではない、ネットの暴走を少なくしていこう、なくなるわけはないけども少なくしていこうということで、それに対して妙な火を投じてくれた瑠璃ルリというのは、全く木を見て森を見ずの方だったということでそろそろ本日分もおしまいです。

f:id:nippon2014be:20180714180354j:plain

「註の新たな註」
「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。

ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣
「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、
両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、
高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、
関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。

Amazon田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。
ぜひご利用下さい!

f:id:nippon2014be:20180703001233j:plain

2018年5月25日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫 北朝鮮問題の行方 「日大対応へ自民党内でも批判相次ぐ?!ⒸNHK」日大アメフト部会見 年俸32・5億円アンドレス・イニエスタに狂喜乱舞 他方ヴァヒド・ハリルホジッチを人格否定で解任 「世界標準」vs「日本らしいサッカー」

f:id:nippon2014be:20180525130124p:plain

 

「オピニオンCROSS」は首都圏以外の全国・全世界の方々も以下、エムキャス「見逃しヴィデオ・オン・デマンド」ページにて放送後3日間ご視聴頂けます。

https://mcas.jp/movie.html?id=749815351&video=302127

f:id:nippon2014be:20180525131219p:plain

[堀潤]さて田中さんはどう見ましたか?

[田中康夫]全体の流れとしては、いつかは会見するんだけど主導権をどっちが持つか?って話でしょ。

[堀]そうですね、ええ。

[田中]でもその背後にもいろんな国がある。以前から申し上げたように世界の174カ国北朝鮮と国交を結んでいて、そして北朝鮮には中国にあるレアアースの6倍の埋蔵量、タングステンもウランも世界の半分が眠っている。これをアメリカの経済界もどう捉えるか?ですからね。もう一つは「核兵器の脅威をなくす」で、じゃあ今持ってる国はどうなの?ってところは大きな声では言えませんがみんな思っているわけじゃないですか。

f:id:nippon2014be:20180308170627j:plain

[堀]そうですね、アンバランスですからね。

[田中]でも、朝鮮戦争というものが全部終結すれば在韓米軍はどうするのか?っていうというところまで、突き詰められるところまで一回、ここで(アメリカの側も)踊り場で踏みとどまって待ってるんじゃないのかしら。

[堀]確かに。あのままバタバタバタと進んでも、まさに仰るように、じゃあ在韓米軍どうするの?韓国そしておよび日本の安全保障どうするの?、まだまだ整備されてないことたくさんありましたからね。

*

[堀]北朝鮮側にも軍人の皆さんをはじめ、「これで良いのか?」と強硬派の方もいれば保守の方もいると聞いてます。で、アメリカはもちろんそうですよね。両首脳共に国内を統治しながらこの交渉をどう着陸させていくのか?というのはなかなか難しい判断ですよね。

[田中]まあ、トランプ氏もワンマン・カーを運転してるようなところがあるからね。背後にいるいろんな人たちのところでどう考えるか?中間選挙もある。金正恩氏もそうかもしれない。あとはもう一つは、シンガポールで開くっていうことが、両方の大使館がある、あるいはコンベンション施設もたくさんある。で、日本ではなんか「(金正恩氏の)飛行機、飛べるのかよ?」って言ってた方もいらっしゃったけれども、

[田中]でも逆にアメリカもずっと敵意をこの間示してきてるんじゃないの?と。

[堀]そりゃそうですね。

[田中]そうすると板門店ではなくてシンガポールで開くということに関してのリスク、というのも北朝鮮側や中国側や、あるいはロシアも考えてるのかもしれないですね。

[堀]ロシアはこれまで沈黙してきましたけれども、まあ電話一本かけたぐらいでしたけれども、ロシアの動きも気になりますしね、中国やロシアに対しての配慮なのか駆け引きなのかそのあたりのパワー・バランスが非常に知りたいと。

[田中]ただ、この間にジェームス・マティス氏はあまり発言をしていないよね。

f:id:nippon2014be:20180525171403p:plain

[堀]日大の対応はやはり首をかしげる点が多いですが。

 

f:id:nippon2014be:20180525123857p:plain

 

【大特集】文春スクープ記事すら理解出来ない三浦瑠麗ちゃまが香ばしい発言

f:id:nippon2014be:20180527181112p:plain

f:id:nippon2014be:20180527181134p:plain

f:id:nippon2014be:20180527180907p:plain

f:id:nippon2014be:20180527180803p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165800p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165810p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165818p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165825p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165833p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165840p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165846p:plain

f:id:nippon2014be:20180525165901p:plain

f:id:nippon2014be:20180526102457p:plain

f:id:nippon2014be:20180526102736p:plain

三浦瑠麗ちゃま情報まとめサイト

f:id:nippon2014be:20180527180552j:plain

[堀]一方で他のスポーツ業界や他の大学スポーツどうなの?と。そっちにも目を向けましょうよという話ですがね。田中さんいかがですか?

[田中]いや、「第三者委員会を作る」ってほら、社外取締役と同じで「なんか作れば良い」って話じゃなくて、「大の大人なんだから自分で考えて自分で行動しろよ」っていうことだし。

[堀]本来はね。

[田中]あと、堀さんがいたNHKが昨日流したのでね、「日大対応へ自民党内で批判相次ぐ」っていう記事が「おもしろい」の。

[堀]え?どんなことを。

 

f:id:nippon2014be:20180526212343p:plain

24日に開かれた自民党のスポーツ立国調査会の会合では、出席者から、日本大学側の対応をめぐり、「日大の上層部と監督が一体となっており、大学の自浄作用は期待できない」、「私学助成という公的資金が投入されている以上、ガバナンスが必要だ」といった批判や指摘が相次ぎました。

また、「国としてスポーツの問題を調査したり報告を受けたりする機関を作り、一本化して対応する必要がある」という意見も出されました。

f:id:nippon2014be:20180528123203p:plain

f:id:nippon2014be:20180528121502p:plain

私大の補助金交付、日大が最高額…嘉悦大ほか4校で減額

f:id:nippon2014be:20180525152334j:plain

[田中]「日大の上層部と監督が一体となっており、大学の自浄作用は期待できない。95億円という私学助成という公的資金が(日大に)投入されている以上、ガヴァナンスが必要だ」と。

[堀]うーん・・・。

[田中]なんかこれ、固有名詞を全部置き換えると、なんか「このスタジオから近いような場所」の話と同じだね。

[堀]なるほど。ほほほ(笑)。

[田中]だからなんか永田町とか霞ヶ関あたりの。

[堀]ホントですね。だから日大だけを吊るし上げて終わりっていう話じゃないでしょってことですよね。いろんなところにはびこっているこの構図。

[田中]うん。やっぱり今の日本で起きてることがアメフトとなんか合わせ鏡でやるようなことが今日本全体の、みんなの・・・。だから、共感を呼ぶ受け答えと疑念を深める受け答えっていう合わせ鏡になってるよね。

[堀]そうですね。良い例悪い例というのが鮮明でしたしね。

f:id:nippon2014be:20180527063231p:plain

[宮瀬茉祐子]では続いて、「トランプ大統領ツイッターブロック禁止」というニュースです。アメリカのトランプ大統領は自身の公式ツイッターに批判的な意見を書き込んだ人をブロックする行為は憲法違反にあたるかが争われた裁判で、ニューヨーク連邦地裁はおととい違憲だとする判断を示しました。判決理由として大統領のアカウントは公共性が高く、政治的信条等を理由に一部の利用者をブロックすることは言論自由の侵害と指摘。ブロックは解除されるべきだとしました。

[堀]こちらのニュースは男性63%女性37%で幅広い年代で関心が高いですよね。こういう形で表現の自由や知る権利等についてはアメリカの司法の判断というのは、たとえどんな立場であっても裁きを下していきますよね。

[田中]僕も堀さんも多分、ブロックってしてないよね。

[堀]うーん、時々します。

[田中]一般の、反論する場の無い方が・・・、あっするんだ?

[堀]時々します。

[田中]僕はしない。反論する場の無い街の方が「つらい」ってのは分かるけど、ある程度反論する場がある人、公的だけじゃなくて著名である人、それは僕はね、そういう「見ざる言わざる・・・」、「見ざる聞かざるで言いまくり猿」っていうのはいけないと思うな。

[堀]あの、「意見」のものに関してはブロックはしないですよ。ただ、ホントのただの中傷、「火炎瓶をどんどん投げ込んでくる」ものは・・・。

[田中]でもそれ、そういうふうにブロックしちゃうから向こうは嬉しいんで、「かまってかまって欲しい症候群」だもんその人たちは。

[堀]分かりました。一部を除いてこの後解除します。

[一同]ははは(笑)。

[堀]段階的にやっていきたいと思います。

f:id:nippon2014be:20180525172916p:plain

[堀]田中さんテーマの発表をお願いいたします。「世界標準vs日本らしいサッカー」。

[宮瀬]サッカー日本代表前監督のハリルホジッチ氏が昨日、解任後の日本サッカー協会の記者会見で「名誉を傷つけられた」として協会側に慰謝料一円と謝罪広告の掲載などを求めて東京地裁に提訴しました。また、同じく昨日、サッカーのスペイン代表でFCバルセロナを今シーズン限りで退団するアンドレス・イニエスタ選手がJリーグヴィッセル神戸に移籍すると発表。年俸は32億円と伝えられています。

f:id:nippon2014be:20180525173017p:plain

[堀]さあ参りましょう。「世界標準vs日本らしいサッカー」ということですが。

[田中]で、私が「サッカーの話、なんでするの?」って思うかもしれませんが。実は一昨日売りの東京新聞の『こちら特報部』でアンドレス・イニエスタ氏の特集があって私のコメントが載ってるんで。

[堀]そうなんですね。

[田中]プレゼンテーションが私、下手なんでそこの部分を、これ大村(歩)さんていう記者がとても上手にまとめて下さっているんで読んで良いでしょうか。

[堀]どうぞお願いいたします。

 

「逆に、いちサッカーファンの作家で元長野県知事田中康夫氏はやや懐疑的な見方。

「世界で通用する日本のサッカーを目指し、三顧の礼で(ヴァヒド・)ハリルホジッチ監督を招聘(しょうへい)したはずなのに、 世界標準を掲げて厳しく指導した彼の人格を否定し、W杯メンバーの人選も、国内のスポンサーや観客受けを『忖度』ファーストしている。こうしたムラ社会の意識を変えなければ、世界で通用するわけがない。アンドレアス・イニエスタ一人が来てどうこうなる話じゃない」確かに、過去にも、ジーコリネカードゥンガ、最近ではフォルランといった世界的な一流選手がJリーグ入りした。中には日本サッカーと合わず、活躍できなかった選手もいた。

また、仮に「イニエスタ効果」が絶大だったとしても。年俸は三十数億円を超えるとみられている。とてつもない金額で、それは約三十八億円という神戸の二〇一七年シーズンの売上高と比べれば明らかだ。

安定した経営を各クラブに求めているJリーグの「ファイナンシャルフェアプレイ」という方針に反するようにも見える。果たして、それだけ払う意味はあるのだろうか。

田中氏は神戸のオーナー企業である楽天の戦略があるとみる。

楽天はネット通販分野でアマゾンに押されている。一方で、ドコモなどに次ぐ第四の携帯電話会社としての参入も表明している。 そういう状況で、イニエスタという世界的選手を一本釣りすることで、世界中で楽天のネームバリューが上がるなら、 三十数億円という年俸も安いものだ。こう実業家の三木谷(浩史)オーナーは判断したのだろう。 高額で外国人タレントを起用したバブル時代のCMを思い出す」と語る。」

f:id:nippon2014be:20180525125223p:plain

東京新聞」2018年5月23日付「こちら特報部」「イニエスタ J入り?の衝撃知らない人のための特別講座」全国津々浦々のサッカー・フリークの足元にも及ばぬY’assyのインタヴューが掲載されました。

[田中]というのが今日の内容につきるんですが、ご存じのように、サッカーってプロ、J1J2J3リーグで54チームあるんですよ。

f:id:nippon2014be:20180525163642j:plain

[田中]さらにU-23の3チーム、さらには今アマチュアとよばれているんだけれども「Jリーグ100年構想クラブ」で、「今後Jリーグに入れますよ」っていうなんかアンパン競争の状態のところも、大変失礼な言い方かもしれないけれど6チームあるわけですよ。でね、「いや、これは既得権益なんだ」ということが言われたかもしれないけど、同じ国土と同じ人口と同じ外国人選手を使っている日本のプロ野球は12球団ですよね?

f:id:nippon2014be:20180525163721j:plain

[堀]少ないね。

[田中]そしてそれに対していろんな立派な元選手たちが「独立リーグを地域おこしでやろうよ」と。でもこれは四国アイランドリーグplusが4チーム、ベースボール・チャレンジリーグが10チーム、そしてBASEBALL FIRST LEAGUE、これは3チームありますけれど無給なんですよ。みんな自分の仕事を持っていてやっている。

それとアマチュアサッカーリーグ(の日本フットボールリーグJFL)が16チームある。実は、浦安にあるブリオベッカ浦安というチームがありますけれども、都並敏史(つなみさとし)さんがテクニカル・ディレクターをやっていて、そしてバイク事故で半身不随になられた羽中田昌(はちゅうだまさし)さん、この方が監督をなさっている。でもこれもこの下なわけですよ。JFLの下。そして地元の人たちが地域おこしだと言われているのに、必死に支えてあげてる。ある意味では大変な、お給料が良い人、「そりゃ全部、格差社会の象徴がスポーツなんだ」と言われればそれまでかもしれないけれど、そうではない人たちがたくさん、ピラミッドのようになってしまっているってのも、これを一体、日本サッカー協会ってどう考えてるのかな?ってことなんですよね。

[堀]野球はね、プロ野球改革の時にIT企業のチームががんばったんですよね。

f:id:nippon2014be:20180525163759j:plain

[田中]そうです。さて、田嶋幸三さん(日本サッカー協会会長)は「日本代表の監督人事は会長である私の専権事項だ」と言った。で、「1%でもベスト16に入れる可能性を高めるその為の決断だ」と。で、「危機的状況の時こそ日本人はオールジャパンで力を発揮できるぞ」って言ってて、なんかまた精神論なんだけどね。でもここですごく大事なことは、「自分が出られないから監督を代えてくれなどという選手は一人もいない」と。

f:id:nippon2014be:20180525164006j:plain

[田中]「日本のサッカーというものを彼らが本当に考えているということがわかった」って言ってるんだけれども、実は私の大学の先輩でもあり非常に尊敬しているサッカー・ジャーナリストの大住良之さんは「選手にとっていい監督とは(結局のところ)、自分を使ってくれる監督」でもあると。

 

[堀]なるほど。

[田中]「日本はフィジカルが弱い」ってずっと言われてたわけですよ。じゃあワールド・カップで一次リーグにあがれなくてもね「見ていて楽しい日本のサッカー」、「美しい日本らしさ」、「日本のサッカーは美しい」それは実は日本サッカー協会も求めてなくて、そしてヴァヒド・ハリルホジッチ氏という人を呼んだわけですよ。そして彼は今も「速く攻めるだけじゃなくて、それができない時はゆっくりパスを廻すことも必要ではないか?」と日本の一部の選手たちは仰ってるんだけれども、「そうではない」と実はサッカー協会は思って彼を選んだはずですよ。そして彼はブラジルと同じようにどんなチームでも「最前線から献身的に守備を行い、そしてボールを取られてもすぐプレッシャーをかけて堅固な守備組織をつくるということをやろうとした。なのに「日本らしさ」ということを実は今・・・、この西野さんは「日本らしさを出したい」と言っているんだけれど・・・。

f:id:nippon2014be:20180525164045j:plain

[堀]「日本らしさとは?」ですよね。

[田中]ちょっとよく分からん、私は。じゃあそのハリルホジッチ氏は、実は(田嶋会長や技術委員長だった西野新監督と同じように文京区本郷のサッカー通りの)JFL(ハウス)の中にも部屋を持ってていつでも自分に意見を言いに来れたはずなのになんで来なかったの」ってことを言って、「でも僕は日本を応援してるよ」って彼は言ってるわけですよ。「コミュニケーションが取れなかった」って人格否定は、じゃあ「コミュニケーションをどう取ろうとしたのに聞き入れなかった」という部分の話とか全くないままね、三顧の礼で呼んだ人をそのようにして今後日本でも海外の人でも日本のサッカーの監督を「俺、死に物狂いでやってあげるよ」って人がホントに出てくるのかな?っていうとこを僕はすごく不思議に思うの。日本トップリーグ連携機構会長の川淵三郎さん、ハリルホジッチ氏の記者会見の日に打ったツイッターですよ。

f:id:nippon2014be:20180525164314p:plain

[堀]「世界中で監督更迭で文句を言ったのは僕の知る限りマラドーナくらいか。サッカーの世界では監督を引き受けた時点でいつ更迭されてもそれに従うというのが常識。自分自身を貶めるだけだと思うのだけど~。」

[田中]「どんな発言をするのか興味津々。」って(鵜の目鷹の目なレヴェルの)ファンの言葉じゃないですか?そしてこれに対しては多くのサッカーを愛するファンから「どうなの?」って(疑問のTweet)が来たら彼はその(ハリルホジッチ氏記者会見の)夕方にどういうツイートを、(会見の)すぐ直前だ、

f:id:nippon2014be:20180525164503p:plain

[田中]「なんか今日は色々ありすぎて、またスマホ病に掛かってるみたい。小休止だね!」って言って終わっちゃったの。

[田中]これこそ「日本のサッカーはメンタルが弱いからこそハリルホジッチさんを呼んだ理由だったんじゃないんですか?」って僕はあえて、一ファンとして申し上げたいの。だから久方ぶりにお見せしますが、(講道館柔道の)嘉納治五郎さんがおっしゃった「人に勝つより自分に勝て」。僕はイニエスタさんはとても立派だし刺激を与えてくれると思う。でもチームワークなんだから彼だけが来てそれで満足していたら「私たちはなぁ・・」って。ちょっと是非三木谷浩史さんにもそこを期待したい。

[堀]大人の世代、日大の問題もそうですけどこの言葉がすごく、まあ私自身も含めて大切にしたいと思います。ありがとうございました。

f:id:nippon2014be:20180525165038p:plain

 

TOKYO MX「モーニングCROSS」(07:00~08:30)は首都圏以外の全国・全世界の方々も以下、エムキャス配信ページ・スマートフォン専用アプリにてご視聴頂けます。

f:id:nippon2014be:20180714180354j:plain

「註の新たな註」
「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。

ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣
「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、
両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、
高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、
関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。

Amazon田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。
ぜひご利用下さい!

f:id:nippon2014be:20180703001233j:plain

2018年5月22日 TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう一直線 新聞掲載の「首相動静」公邸・私邸に戻って以降の面談者は記されていない「首相本人が説明するしかない」Ⓒ政権幹部 「首相は『ごめんなさい。忘れてました』と言うしかない」Ⓒ自民党幹部 「信なくば立たず」 電話ゲスト 田中康夫

f:id:nippon2014be:20180213102353p:plain

f:id:nippon2014be:20180227191525p:plain

[生島ヒロシ]さて今日はですね作家の田中康夫さんにご登場いただきます。康夫ちゃん。

[田中康夫]おはようございます。

[生島]なんと安倍総理が2015年、「獣医大学はいいね」これが分かったという。

[田中]うーん、今回のはかなり(今朝の)新聞にも色々出てると思うんですけれどもね。なんで特区に、つまり、国家戦略特区申請の積み残し分がありますと。 で、それは今新潟市が例えばコンビニエンス・ストアの大手(首相が議長を務める「産業競争力会議」の民間委員だった新浪剛史氏が当時CEOだったローソン)と組んで農業法人を作ったり、いろいろな中で(新潟から)獣医学部も出してきているから、

 

関連記事

国家戦略特区と安倍首相のブレーンたち 新浪剛史氏と竹中平蔵氏、そしてオリックス日刊ベリタ

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201703181709096

産業競争力会議

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E7%AB

[田中]それに対して「あなた方はどうやるんだ?」みたいなね、かなり深く書かれてますよね。具体的にね。

信ぴょう性高い愛媛文書 柳瀬氏面会認める契機に:共同通信

f:id:nippon2014be:20180522143546p:plain

f:id:nippon2014be:20180522143600p:plain

f:id:nippon2014be:20180522143614p:plain

愛媛県提出文書詳報版:共同通信

f:id:nippon2014be:20180522143958p:plain

f:id:nippon2014be:20180522144010p:plain

f:id:nippon2014be:20180522144023j:plain

f:id:nippon2014be:20180522144037p:plain

愛媛県提出文書コンパクト版:共同通信

f:id:nippon2014be:20180522145114j:plain

f:id:nippon2014be:20180522145130j:plain

読売なのに秀逸な見出しw

首相、加計氏との面会否定…官邸入邸記録は廃棄:読売新聞

首相は「学部新設の計画を17年1月に初めて知った」としており、過去の国会答弁などと矛盾はないとの考えを強調したものだ。

ただ、15年2月当時の首相官邸の入邸記録はすでに廃棄されているという。

[生島]うーん。

[田中]しかも単に大学を作るだけじゃなくて大学の施設、いわゆる実験施設ですよね、それの高度総合研究センターっていうのにはお金が掛かるんだけれども、「市の側は50億円しか出せないから県はどうであるか?」あるいは「そこの部分も国から出せるようにしようみたいな。で、この間参考人招致された柳瀬唯夫(元総理秘書官)さんであったり、あるいはこのないだ加計学園の車に乗っているのに「公用車でした」というふうに書いてた藤原豊地方創生推進室次長(当時)さんという職員であるとか、そういう名前も全部出てきているのでね。これはかなり深刻じゃないでしょうか。

[生島]深刻ですよね。

[田中]うん。で、よく今言われているのは、「2月25日の「首相動静」には安倍さんと加計孝太郎理事長との面会記録が無いから本当にどうなんだ」っていうような事を言う政治家がいるんだけれど、ただ、これは歴代の「首相動静」というのは例えば、首相の公邸に夜、入りますよね。で、入るとそこで8時とかなのに、「首相動静」にはそこまでしか書いてないんですよ。これは安倍さんに限らず「首相動静」は首相公邸は別の入口がありますのでね、そこで例えば学者であったり評論家であったり、あるいはもっと違う要人と会ってるってケースはたくさんあるんですよね。これは僕もよく存じ上げていて・・・。

 

ただ、首相動静に表れない「密会」が日常的に行われているとの証言もある。官邸や公邸に記者の目に触れないように出入りするのは容易とされており、動静だけで判断するのは難しい。(2018/05/21-22:39)

※特集:今日のお花畑な情弱さん

f:id:nippon2014be:20180522152054j:plain

[田中]という事になると「いやぁ、加計さんの記録載ってない」って言うけども、「いやいや、公に出している記録と違う会い方ってのがある」っていう事になるので、やっぱりこれだけ(文書が)出てきていると与党関係者の間からも、いろんな新聞で「どちらかがこうなると嘘をついている」っていう発言が出てきているけれども、そうなると首相とあるいは愛媛県知事、あるいは官邸の秘書官と自治体職員、あるいは加計理事長であったりあるいは今回ずっと愛媛県と違って今治市長と、まあ今治市長が黙して語らずなので今治市から書面が出てこない、「一同に呼ばないとね」っていう話にこれはどうしてもなってきちゃいますね。

 

f:id:nippon2014be:20180522135328j:plain

与党、政権への影響懸念 党幹部「首相は『ごめんなさい。忘れてました』と言うしかないだろう」:共同通信

公明党石田祝稔政調会長は国会内で記者団に「(首相と愛媛県の)どちらかがうそをついている。本当のことを言っていない」と指摘

f:id:nippon2014be:20180522140104j:plain

政権幹部 「首相本人が説明するしかない」:共同通信

f:id:nippon2014be:20180522141329j:plain

[生島]そうですよね。

[田中]というのは、これ(四国に獣医学部を新設するかどうか)が良い事なのか悪い事なのかなのではなくて、政治(まつりごと)ってのは古今東西、「信なくば立たず」っていうのはね、ずっと言われているわけですよね『論語』の頃から。それともう1個は、日本はやっぱり「お天道様の下では悪い事はしてはいけない」ってのが日本の勤勉さであったり誠実さであったり、それが世界から一目を置かれていたというところだから、どんなに獣医学部の新設という願いが正しかったとしても、であれば尚の事、お天道様の下で言えないような事はしちゃいかんってなるし、あともう一つ、公文書ってのはね、公文書って一回決裁をしたら変えられないんですよ。で、それは何かと言うと、実は歴史であって、それはずっと、同じ清和会の(元首相で公文書管理法の制定に尽力した)福田康夫さんが言ってきている事なんだけれども、

[田中]『日本書紀』とか『続日本紀』とか、あるいは『古事記』とか、それは天照大神の時代じゃないにしても、720年からの『日本書紀』ってのは私たちのこの国のあり方や国がどういうふうに物事を決めてきたのかっていう事を記されているわけですよ。そうするとなんかトラブルがあった時に「いや、こういうふうに決めてきたんですよ」ってのが分かるのが公文書なのに、今回、明らかに公文書を変えてきてて、それに罪の意識が無いって事になると、「民間企業でも有り得ないよね」っていう事になってきちゃうから、その中でやっぱり加計さんと会っていたっていうので2015年の話って、かなりこれ、文書の、詳細文書ってのも新聞に載ってますけれども、ちょっとこれは「働き方改革、どうするんだ?」とかね、そういう問題をみんなが納得する為にもこれはもう一回、やり直さないといけないでしょうね。だから日大のアメフトの暴力と同じようなものであってね。

[生島]ホント。

[田中]それがのうのうと許されていっちゃうんだったらやっぱり、日本に我々、誇り持てるんですか?っていう、そこまで来ちゃってるかなっていうね。

[生島]まさに「信なくば立たず」で、なんか誤りがあったらやっぱりね、即謝るっていう。

[田中]そう。それがリーダーだし、それが組織でしょ。

[生島]ホントですよね。誤魔化しきってたら、これじゃ信用なくしますよね。

[田中]やっぱりだから国民もこれは、この問題は国民もメディアも皆、一人の日本を愛する人たちとしてね、問われてるっていう事じゃないでしょうか。

[生島]ありがとうございました。作家の田中康夫さんでした。

33年後のなんとなく、クリスタル

33年後のなんとなく、クリスタル

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

2018年5月5日 TBSラジオ ナイツのちゃきちゃき大放送 常連さんにきいてみよう 北朝鮮情勢・ノーベル文学賞延期・内閣人事局批判を巡って・憲法改正議論 ゲスト 田中康夫

f:id:nippon2014be:20180317230056p:plain

 

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.294『頼んだぞ古市憲寿w&三浦瑠麗w(褒め殺し) 「置いてけ堀ニッポン」と看破したイアン・ブレマーの至言を論破してくれ~!』

イアン・ブレマーのツイート 

f:id:nippon2014be:20180507115829p:plain

f:id:nippon2014be:20180507115736p:plain

[土屋伸之]今日の常連さんは田中康夫さんです。おはようございます。

[出水麻衣]よろしくお願いいたします。

[土屋]あの、いただきました羊羹、これは・・・。

[田中康夫]羊羹?ああ、今日は5月5日だから粽(ちまき)を。

[塙宣之]なんか、粽ってあんまりイメージなかったですけどね。

[土屋]見た目は粽なんですけれども、中が・・・。

[田中]粽って普通ほら、そっか、ご飯の粽・・・。

[出水]お米でねいただく粽。

[田中]・・・っていうイメージか。

[土屋]こういうのに巻いてあったら全部粽なんですか?

[田中]笹の葉に包んであるのが。今日は虎屋の「羊羹粽」とそれから「水仙粽」って白い粽ですね。葛が入ってるんですね。それからもう1個は「外良(ういろう)粽」3種類を。

[出水]「外良粽」ですね。種類が違うんです。

[塙]5月5日って粽を食べるんですね。

[田中]あのね、生まれた時の子供には・・・みたいですね。翌年からは柏餅、2歳くらいからは、とものの本には書いてあったけどそこまで私は・・・(笑)。

[一同]へー。

[出水]関東と関西とかのそういう違いかと思ってたら。

[田中]元々、京都に川端道喜って、これもう応仁の乱の頃からやっている粽、この「水仙粽」と「羊羹粽」を作ってる。これはとても美味しいんですけれどもすいません、京都に行かなかったもんですから。

[出水]いえいえいえいえ。

[田中]虎屋のですけれども。ここ(川端道喜)はずっといわゆるまだ、天皇家が京都にあった頃に朝のお餅のご飯(御朝物 お朝 粒餡を餅の外側に塗した塩餡)を届けるってのをしてたところでね。

 

邪気を祓う意味が込められたお菓子です

粽の起源は、古代中国にまでさかのぼります。笹の葉のほのかな香りとともにお召しあがりください。
種類(関東地方・御殿場):
・羊羹粽:小豆の風味豊かな粽です。葛に餡を煉り合わせておつくりしました。
水仙粽:葛製のお菓子を「水仙」と呼んでいます。葛のなめらかな食感をお楽しみいただけます。
・白下糖入外良粽 しろしたとういり・ういろうちまき

:白下糖※を用いた、コクのある風味が特徴の粽です。
※竹糖(砂糖黍の一種)の搾り汁をアクを取りながら煮詰め、冷却したもの。

外良製・・・砂糖と上用粉(うるち米を洗い、乾かして細かく製粉したもの)を混ぜ、蒸したもの

関西地区は、白下糖が入っていない白い『外良粽』

白下糖  白砂糖を製する下地したじの意

沖縄,鹿児島,香川で産する含蜜がんみつ糖の一。ショ糖の結晶と蜜みつが含まれ、半流動性。和三盆などの原料。白下。

[土屋]そうなんですね。

[田中]うん。そこが作ってるのが。

[出水]ありがとうございます。

[塙]そういえばそうですよ、笹の葉に巻いてるから粽なんですよね。

[土屋]ね。

[塙]おれ、ご飯だけだと思ってたもん。

[土屋]ははは。

[出水]私もあちらのね、中華っぽいものが全部粽だと(笑)。

[田中]だからこの笹も、例えば川端道喜は北山って京都の北の方の笹を使うんだけれども、数年前はその笹が気候なのかあるいは農薬なのか開発なのかで芳しくなくて一年作らなかったっていう時期があって。

[土屋]やっぱりその笹じゃないと駄目っていう。

[出水]ありがとうございます。美味しく頂きます。さあでは田中康夫さんと一週間を振り返ります。

*

[土屋]さあ康夫さんは気になったニュースは?

[田中]どれに行きますか。

[土屋]どれがいいですかね。

[田中]このノーベル平和賞トランプさん。あとノーベル文学賞は、ノーベル文学賞の件もこれトランプさんも関わってくるけれどやっぱり全世界的な、日本以外では#Me Too運動の一環ですよね。日本だけは#Me Too運動に関して鈍感すぎる気がしますけれども、まあだからそのノーベル文学賞の選考委員の一人だった人のご主人が割合セクハラをしていたり、あるいは「この人が(受賞者に)なりそうだよ」っていう情報を漏洩してたって言うんでしょ。

[土屋]なるほど。

[田中]逆に、トランプさんは平和賞って、平和賞はバラク・オバマさんももらったり、佐藤栄作さんも古くはもらっているから、ノーベル賞ってあれだね、なんかこう、まだほら物理とか化学とかそういうのと違ってほら、経済学賞ってのはアメリカで決めてるんですよね。

[土屋]あ、そうなんですか

[田中]だから経済学も、当たるも八卦当たらぬも八卦みたいなところあるじゃないですか。「2%成長」(を5年以上も言い続けている黒田東彦日銀総裁)じゃないけれども(苦笑い)。だからもうちょっと、科学とかそっちだけに限定した方が良いのかもね。

[塙]結果が出たやつとか。

[出水]実績というか。

[田中]だって、例えば去年もカズオ・イシグロさんて、日本で生まれたけれどずっとイギリスで育って、イギリス国籍の人を日本は大々的に報じたじゃない?でも、あの年同時に、核兵器廃絶国際キャンペーン(英: International Campaign to Abolish Nuclear Weapons、略: ICAN アイキャン、アイカン)ってアイキャン、なんかユーキャンに似てるんだけれど、あそこでノーベル平和賞受賞の)スピーチした人は広島出身で被爆をされて今はトロント・カナダに住んでいるけれど、サーロー節子さんっていう方だったじゃない?あまりこっちはメディアも報じなかったんだよね。

[土屋]そうですね。

[田中]で、この平和賞をもらったところの事務局長の女性のベアトリス・フィンさんって方が日本にいらっしゃった時も、結果的に外務省が「首相が忙しいから会えません」て言っちゃうってのも妙な「忖度」。

[土屋]だから、北朝鮮の非核化を、ここもし実現できたとしてトランプさんがノーベル平和賞かという話ですけれども。

[田中]これもね、そうそうそうすごいの。自民党総裁の特別補佐ってのやってる柴山昌彦さんって言う埼玉の選出かなこの(代議士の)人がツイートで「安倍さんが制裁を世界に呼びかけたから金正恩は・・・」、「金正恩さん」とか委員長って書いてない(呼び捨てのツイートな)んだけど、「・・・音を上げた。安倍さんがトランプに・・・」(ここも呼び捨てで)「トランプさん」になってないんだ。「・・・に働きかけたから眉唾で米朝会談に臨んでもらえる。」っていう話になると、この人(柴山さんへ)の個人攻撃じゃなくて、

[田中]やはりこの間、「日本が置いてけ堀かな?」て国民の多くも思ってると思うんですよ。例えば「瀬取り」を、ほら北朝鮮の船に物を移すのをやめさせる。

[出水]海上でね。

[田中]で、「それを今度、カナダとオーストラリアの軍も手伝ってくれるから日本は協力体制にある」って言うんだけれども、でも本来これは海上保安庁の仕事じゃないですか?海上保安庁憲法を変えなくたって、ちゃんとみんな現場で働いてて、もっと言えば、湾岸警備がきちんとできてない事で痛ましい、とんでもない事だったんだけども拉致事件も起きてしまったかもしれないじゃない?でも、海上保安庁の予算ってそんなに無いよね、海上保安庁の船も古いままだよね、だからなんか優先順位が間違えてるのかな?って気がどうしても僕はしちゃうんだよね。まああのほら、トランプさんが文在寅(ムン・ジェイン)氏とは1時間15分電話で話をしたんだけど、その後に安倍さんと話すのは、外務省とか政府は「30分話しました」って言ってるんだけれども、トランプ氏は会談を始めた時間から12分後にTwitterを(笑)。あの人、Twitter大好きだから、してるんで「本当??」って。

[土屋]ははは。

f:id:nippon2014be:20180430133324p:plain

f:id:nippon2014be:20180430133216p:plain

[田中]そうすると12分だとして、通訳入るから5分か6分で、しかも文在寅氏とは、これ揚げ足を取ってるんじゃなくて大事な事で、我々がやっぱり国際社会の中で日本がするべきこと、とりわけ拉致があったんだから。で、文在寅氏とは1時間15分、「とても長く、意義のあるトークをした」って(Twitterに)書いてあるわけよ。

[出水]そうですね。

[田中]で、日本の首相の方に関しては違うんだよね。「informした」って。

[出水]「I spoke to ・・・」じゃなかったでしたっけ?

[田中]そうそうそう。「also spoke to ・・・」。

[土屋]ほお。talkとは違うんですね。

[田中]で、「今起きている、我々がやっているnegotiation、交渉に関して・・・」、「inform」ってほらインフォームド・コンセントって医者が使うじゃないですか。「あなたの病状を説明します」と。でもその時、議論じゃないよね。

[出水]お知らせするという事ですね。

[塙]あー、そういう事ですか、へー。

[田中]「もし、私の医者の言ってるのが違うと思うなら、セカンド・オピニオンで他の病院に行ってもいいよ」っていうことで「inform」って「一方的に伝えた」という、まあ上から目線じゃないにしても「専門家が教えてあげる」っていう事になっちゃうから。

[塙]あーなるほど。

[田中]ここらへんが・・・。

[土屋]そういうところにもちょっと違いが出てるんですね。

[田中]・・・どうなのかな?って。あと僕、不思議なのは、えっと韓国から説明に来た方がいたんだけれども、その直後に安倍首相は中近東に行かれた。でもヨルダンで、ヨルダンていう国は「北朝鮮と国交を断交したことを高く評価する」って(言ったと)日本側が言うわけですよ。

[田中]そうすると、それってトランプさんに会う前にオバマさんとお寿司食べたのが、犬猿の仲のトランプさんがどう思うかな?ってのと同じような具合でしょ。北朝鮮も今まで大きな問題がたくさんあったと僕は思うけれども、でも北朝鮮が今、世界で170、ヨルダンが抜けて174カ国国交を結んでるわけですよ。そうするとアメリカと日本とフランスくらい、先進国で(北朝鮮と国交を結んでいない国)は。でも、フランスと北朝鮮も両方の首都に代表部を置いている。今度じゃあ、アメリカもそうなった時には日本はどうなるのか?だから、日本はずっとTPPの時でも「バスに乗り遅れるな」って言ってたんだけど、なんか今度は、日本は「武士は食わねど高楊枝」みたいな、「バスに乗り遅れても致し方ない」と思ってるのかな?ていう。

f:id:nippon2014be:20180430133612p:plain


[出水]一応、金正恩党委員長も「日本と話す用意がある」というような事を言った、という事も伝えられてはいますね。

[田中]それでね、だからやっぱり日本が主権国家ならば、なぜアメリカや韓国や中国にお願いをしなくちゃ、で、「話し合いをさせてください」って言うのか?もっとその前に日本が言うべき事は言いながらも、他の国の力を借りるって言うのが謎だなって僕は思うのと、もう一つがね、よく日本は慰安婦問題の時でも「不可逆的」って言ったでしょ。「昔にはもう戻らないんだ」って言い方をしたわけですよ。だけどご存知かもしれないけれども、小泉純一郎さんの時に、2002年の時に「日朝平壌宣言」というのを結んでいるわけです。これで「国交正常化を行います」と。

f:id:nippon2014be:20180430133359p:plain

f:id:nippon2014be:20180430133412p:plain

[田中]この時に実は官房副長官として安倍さんも一緒に行かれてるわけですよね。ここがすごく、もちろん拉致の被害者の方が生きてらっしゃるっていうのもこの時にわかったんだけれども、日本は北朝鮮に対して「植民地支配をしたから痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明する」って2番目に書いてあるわけ。北朝鮮に対して、その時金正恩氏のお父さん(金正日 キム・ジョンイル氏)と署名をしているわけだけど、これはね「日朝が不正常な関係にある中で生じたこのような遺憾な問題」つまり拉致の問題ですね、「が今後再び生じることがないよう適切な処置をとる事を確認」なんですよ。この中に、じゃあまだ行方不明と言われている、あるいは北朝鮮側が「入国はしていない」と言ってる人たちをどうするのか?っていう事は宣言の中に無いわけですよ。そしてもう一つは、「双方が適切と考える期間に渡り無償資金協力、低金利の長期借款供与、人道主義的支援の経済協力を国際協力銀行等による融資で行う」と。で「これがこの宣言の精神に合致する」って最後に書いてあるわけ。そうするとね、慰安婦問題(2005年12月28日の日韓外相会談で最終かつ不可逆的な解決を示した「慰安婦問題日韓合意 - wikipedia」の時にも「最終的且つ不可逆的」ってあれだけ日本が言った。でもあれは宣言でもないわけですよ。双方の政府が出した「ステートメント」でしかない。「宣言」ってこれはとても重いわけじゃないですか、1段階上って時に、日本と多分会ってくれるんだと思います。でもその時に「それはもう、父親の代の時の宣言で、あなたも同席をしたところで小泉さんとで終わってるじゃないですか」って言われてしまったら、本当にね横田めぐみさんのお母さんの、「この40年間、政府を信じてきたのに」っていうあの言葉、

 
横田さん夫妻「めぐみに会いたい」 苦悩40年、「国信じ…」にじむ不信 - 毎日新聞

f:id:nippon2014be:20180505175202j:plain

横田めぐみさん(行方不明時13歳)が北朝鮮に拉致されてから40年となった15日、めぐみさんの父滋さん(85)と母早紀江さん(81)が自宅のある川崎市内で記者会見した。早紀江さんは「元気なうちに、めぐみちゃんだと分かる間に、1時間でもいいから会いたい」と切実な胸の内を明かした。政府に対しては「本当に信じてよかったのか」と、早期救出を唱えながら道筋さえ見いだせずにいることに不信感をにじませた。【内橋寿明、太田圭介】

[田中]そして残念ながら、その後の17人の拉致問題担当大臣という方は、少なくとも一度たりとも北朝鮮側と交渉をしていないわけでしょ。ここがすごく歯がゆいというかね。だからどうなってくるのかな?ってのは、皆さんいろんなご意見があると思うけれども、拳だけ上げててもなって気はするんだ。

[土屋]加計学園の、こちらはね柳瀬唯夫元首相秘書官のニュースですが、加計学園側との面会について認める方向で調整中という事ですね。

[田中]だからなんかすごく残念なのは、インパール作戦をやってるような気がしてんだよね(笑)。

[土屋]インパール作戦って・・・?!

 

無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録 - NスペPlus

上層部の人間関係が優先された意思決定
かつてビルマと呼ばれていた、インドシナ半島西に位置するミャンマー。1944年3月に決行されたインパール作戦は、川幅600mにもおよぶ大河と2000m級の山を越え、ビルマからインドにあるイギリス軍の拠点インパールを3週間で攻略する計画だった。しかし、日本軍はインパールに誰1人、たどり着けず、およそ3万人が命を落とした。

同じ時期、牟田口廉也中将がビルマ方面軍隷下の第15軍司令官へ昇進。インパールへの進攻を強硬に主張した。しかし、大本営では、ビルマ防衛に徹するべきとして、作戦実行に消極的な声も多くなっていた。

それでもなぜ、インパール作戦は実行されたのか? 大本営の杉山参謀総長が最終的に認可した理由が作戦部長の手記に書き残されていた。

「杉山参謀総長が『寺内(総司令官)さんの最初の所望なので、なんとかしてやってくれ』と切に私に翻意を促された。結局、杉山総長の人情論に負けたのだ。」(眞田穰一郎少将手記)

冷静な分析より組織内の人間関係が優先され、1944年1月7日、インパール作戦は発令されたのだ。

[田中]インパール作戦ってほら、何の戦略も戦術もなくて戦争の末期の時に「行け!」って言って多くの日本の人が亡くなっているのに上の人たちはなんらお咎めなく、のうのうと「生きて辱めを・・・」じゃなくて「生きて誇りを」って言って帰ってきちゃったみたいな。

[土屋]これ今度、柳瀬さんが「行かされる」という事ですか?

[田中]柳瀬さんていう立場は審議官って付いているけれども経済産業省の中では事務次官とほぼ並ぶポジションなんですよね。だからこの方が「記憶の限りでは・・・」って言ってたのがこうなっちゃうって・・・。

[塙]柳瀬さんってどういう人なんですか?元々ずっとやられてた方なんですか内閣のね。

[田中]いやだから結局、内閣府とかに来て、だから皆さんがよく、野党のみなさんがね「内閣人事局がいけない」みたいな事を言うけど、そんなのどこの会社だって社長の方針があって経営者の方針があって、それにきちんと仕事をしてくれる人を登用するのは当然だと思うんですよ。今までは役所の中で事務次官も局長もみんななあなあで決めてて、大臣っていうのは、ある意味では知事とかと違って、やっぱり1年担当大臣というか、「1日警察署長」っていうのがあるように全部大きなところから変えられないわけですよ、予算体系も。だから何か一つか二つ変えられるっていう事だった。でもそれを「もっと内閣としてきちんと仕事をしてもらおう」て事で、その制度は良かったはずなんですよ。でもその制度をいじる人っていうのは、やっぱりある意味では後藤田正晴さんであったり、そういうポジションの人が公正無私っていうか、本当に贔屓をしたりするんじゃない人事をすれば、「ああやっぱりそうか、この国の方針はこうなんだ」と。

[田中]「だったら俺は働こう」になるけど、なんか、よく裁判官でヒラメっていう人がいて、上の方ばっかり向いてるような(政府にとって都合が良い)判決を出す人のことを、目が上にしか付いていないからヒラメって言うんだけど、そういう人だけ登用されていくって事になれば心ある官僚は働かなくなっちゃうと思うんです。これでまた「じゃあ内閣人事局いけないよ」って話になって戻したら元の木阿弥でしょ。

[田中]だからいかにやっぱり政治っていうか長っていうのはえこ贔屓しないで、出水さんなんかは番組(「外国人記者は見た!日本inザ・ワールド」)をやっててご存じだろうけれども、ずっと最近言われているのは「日本の政治は(経済もそうかもしれないけれど)クローニズム(Cronyism)とかネポティズム(Nepotism)だ」、つまり「お仲間主義・身内主義・えこ贔屓じゃないの?」って見方をされてるのがね、政策に関して、「この安保法制」良いか悪いか」とか「賛成か反対か」、それは人間だからみんなある事ですよ。でもその前に、人間の倫理というか、人の道として何が大事なのか?ってところは多分たぶん世界共通してると思うし、(行き過ぎた新自由主義が蔓延してしまった)世界中が今、人の道がずれてきちゃってるとは思うんだけれども、そういう見方をされている日本ってのはね、どうすんのかな?って。

 

「安倍政権」と「東南アジア的縁故主義」を比較すると見えてくる“問題点” 辻田真佐憲  文春オンライン

権力者が身内や取り巻きを重用することを縁故主義という。その対象が身内の場合ネポティズム、取り巻きの場合クローニズムと呼ぶ。これがはびこると、ひとびとは「おこぼれ」を求めて権力者の身内や取り巻きに群がっていく。

[出水]いずれにしても来週から野党が復帰しての国会審議が始まります。
[田中]よくね、私が政治の話をすると「お前は(安倍政権を)ディスるのか?」ってツイートが来るの。僕は前からほら、相方が歩むべき道を見失っている時にはきちんと助言とか提言とか、ただ文句言いじゃなくて。実は僕は安倍さんとは電話の番号もお互い知ってるし、幾度かお話をしたりしてるんだけれども、安倍さんに何度かお話をした時に安倍さんのおじいちゃんの岸信介さん、彼は実は戦争中に東條英機内閣にいたんだけども、

f:id:nippon2014be:20180430133345p:plain

[田中]サイパンが陥落をした時に「サイパンが陥落をすると日本の本土に向こうの飛行機が飛んできて大変な事が起きるんだ」と、「だからこんなところ(この段階)で講和をしなくては駄目なんだ」と言って大臣を辞めるんですね。それによって一回東条内閣は総辞職をして、その後いわゆる大政翼賛会大日本政治会彼は入らないで、反東條としての会派を作るんですよ。で一方で昔、逸見政孝さんが1982年にインタビューをした時も、「あの当時の状況から言ったら満州とかに出てった事は侵略だ」って事を明確に言ってる人なんですよ。もう一人の安倍さんのお祖父さん、

f:id:nippon2014be:20180429131819p:plain

[田中]安倍寛(かん)さんというのは安倍晋太郎さんのお父さん、この人も議員だったんです。この人は「金権腐敗打破」と言って、「戦争反対・終結、東條内閣退陣」と言っていわえる非推薦議員として政治をやっていた人なの。だから安倍さんの中にはそういう気持ちもあるわけであってね、やっぱり良い日本にする意味でみんなが、耳に痛い事も言ってあげてこそ、僕は大事だと思っているんですけどね。

[塙]憲法に関してもそういうのが根底にあるわけですもんね。

[土屋]今日はちょっとお時間が無くてね憲法のお話は伺えませんでしたけれども。

[田中]憲法の話ね。(9条の)1項2項で、戦力ってforceって言うわけですよね、forces。で、自衛隊の事をSelf-Defense Forcesって英訳なんですよ。で、「force(戦力)は持ちません」って(1項2項で)言った後に、3項に「Self-Defense Forcesはあります」って言ったら、他の国の人からしたら「これ、なんなの?」って事になる。だから僕は憲法9条は仮に変えるんであれば「専守防衛」って書いて、そして2項に関しては「海外に行くのは(国内と同じように)天変地異がある時に真っ先に駆けつけるサンダーバード隊」ってした方が分かりやすいと思うんだけれどもね。「スイスをやります」みたいな方がね。

 

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.292『「不可逆的」な強がりのディレンマ(涙) バスに乗り遅れる(苦笑)ニッポンの北朝鮮政策!』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.291『「ぬらぬらしたものが安倍君の憲法観にはない」Ⓒ大勲位中曽根康弘翁 論理矛盾な憲法9条論議を糺す!』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.253『「名誉白人」を剥奪されちゃうゾw 英語も読めない憲法9条改正論者!』

【18/6月号】 憂国呆談 season2 volume95◆ソトコト [名古屋市教委の姿勢から、瓦解する安倍政権、子宮頸がん予防ワクチン、受動喫煙対策まで。](画像クリックで記事へ)

f:id:nippon2014be:20180505135054p:plain

f:id:nippon2014be:20180505135157p:plain

 

「十七条憲法第三条が謳う「承詔必謹・しょうしょうひっきん」 大日本帝国憲法➡敗戦➡現在❣ 三度に亘る牽強付会な解釈変更の悲劇」と題してジョン・フォスター・ダレス発言を紹介した3月30日「モーニングCROSS」の文字起こし

「~詰将棋 はたして詰むや 詰まざるや~疾うの昔に見えていた「政事の着地点」」と題して4月11日にお届けした「モーニングCROSS」の文字起こし

2018年4月30日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫『“都民ファやらせ質問疑惑”保存者名が「ecoyuri」・「働き方改革」渡辺ミッチーの至言に拳拳服膺を・アルゴリズムな「意識高い系」が唱えた、「ニッポン凄いゾ論」の終焉。時代は演繹法から帰納法へ!』の文字起こし

33年後のなんとなく、クリスタル

33年後のなんとなく、クリスタル

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

2018年5月1日 TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう一直線 なぜか5月1日にはメーデー大会を開かぬ労働貴族=連合のだらしなさ・1日遅れで僅か10分弱だった28日夜の日米電話会談 電話ゲスト 田中康夫

f:id:nippon2014be:20180213102353p:plain

f:id:nippon2014be:20180227191525p:plain

 

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.294『頼んだぞ古市憲寿w&三浦瑠麗w(褒め殺し) 「置いてけ堀ニッポン」と看破したイアン・ブレマーの至言を論破してくれ~!』

イアン・ブレマーのツイート 

f:id:nippon2014be:20180507115829p:plain

f:id:nippon2014be:20180507115736p:plain

[生島ヒロシ]さて今日ニュースに触れていただくのは作家の田中康夫さんですね、康夫ちゃん。

[田中康夫]はい、おはようございます。

[生島]まあ5月1日と言うとメーデーですね、我々の世代からするとね。

[田中]そうそう。元々、ヨーロッパで「この日は働く側も雇ってる側もお休みをして共に祝う」というのがメーデーの慣習だったらしいんですね。

 

メーデー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%BC

労働組合基礎調査 平成29年度 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/roushi/kiso/17/dl/gaikyou.pdf

推定組織率 17・1%

女性の労働組合員率 12・5%

[生島]元々はね。

[田中]だけどこれ、べつにソビエトとか中国で始まったわけではなくて、実際に労働者としてのメーデーってのは1886年アメリカとカナダの労働組合がシカゴを中心に始めたっていうんだけれどね。だけど僕ずっと知事時代も不思議だったのは、連合というのが、労働組合があって、でもまあ実は労働組合に入ってるって人ってのも日本は今、これ厚生労働省の調査で去年17.1%なんだよね、働いてる人の中の。

[生島]そんなに少ないんだ。

[田中]女性に関してはもっと少なくて12.5%なわけ。

[生島]へぇー。

[田中]そうすると労働組合が本当に働いてる人の代表になってるのか?っていう大きな問題はあるんだけれども、メーデーってね共産党系の組合は多分、今日代々木公園でやるけど、連合系の組合の人ってこないだ28日の土曜日にやってるんですよ。

[生島]へぇー。

[田中]で、長野なんかでも週末にやるのね。そうすると組合員の人は動員かけられるから、いや、それだったら組合員の権利とかいうんじゃなくて平日にやってよってのがあって、多分、ああいうプラカードとかも作らさせられるから時間外で、というのがあるんだけれど。もう一個不思議なのが労働委員会ってのがあるんですよ。つまり、例えば働いてる人が今、「雇止めだ」とか「ブラックだ」とかいう言葉が出る前から。これはどういう形かというと、東京なんかもっと人数も多いと思うんだけれども、長野県の場合は所謂、雇用者側ね、経営者側から代表が3人と、労働側から代表が3人と、それから学識経験者と称して大学の先生や弁護士が3人と、でここにもし、そういう雇い止めとかそういう事があった時に訴えると審議をしてくれるという形だったのね。で、これ、全国にあるわけですよ。ところが長野の場合なんかも、連合系の組合の人が3人とも選ばれてたんで、いやあ私、べつに、どこの政党を支持するっていうんじゃなくて、「もう一個、全労連というのもあるからここの人を一人入れようよと、3人のうちの」と言ってそこの人は喜んだんだけれども、そしたら連合の人が怒っちゃったの。だけど考えてみるとさっき言ったように、17.1%の労働組合率だから多分、ここに駆け込む人たちは組合にも入っていない方だから 、僕は「普通の誰か、公募をして選びたい」って言ったら厚生労働省が「駄目です」と。「それは組織推薦でないといけません」て言うんで「困ったな」と思って、両方の連合とか全労連系ではないインディペンデントと言うか独立系のね組合、起業したばっかりの小さな会社の人を選んだの。そしたら、両方の組合も怒っちゃったの。だからこのあたりがね、組合の仕事ってのが、もうちょっとなんなのかな?て思いますね。こないだの連合のメーデー加藤勝信さんはもちろん厚生労働大臣だから来たんだけれど、そういう人を呼ぶ前に、神津里季生(りきお)さんは「暮らしの底上げ」って言ってるんだったら何か考えて欲しいなってのが多分、今日も連休中日だけれども、お仕事の人は思うかもしれませんね。

[生島]さて安倍さんとトランプさん、電話会談をしたみたいですけどもね。

 

f:id:nippon2014be:20180501091400p:plain

The leaders of North and South Korea met for the first time on Friday, struck an accord to work toward peace and pledged to attempt nuclear disarmament. Officials in Japan noted a lack of specific plans in the agreement, and analysts in the country have suggested the tete-a-tete was merely symbolic.

tete-a-tete meeting
差しの会談

[田中]これ電話会談もね、全部、メディアが書いたのは官邸が述べたので「28日土曜日の22時33分から23時3分まで30分行いました」と。で、「詳細な説明を受けたが、詳細については差し控えたい」とおっしゃったんだけども、

f:id:nippon2014be:20180430133324p:plain

[田中]なんとトランプさんほら、Twitter好きじゃないですか。

[生島]うん。

[田中]で、トランプさんがね日本時間の、だってこれ日本時間の22時45分、すなわち33分から始まってわずか12分の段階では「ミスターアベとも話をしたよ」って、ただこの前に、文在寅(ムン・ジェイン)氏とは「long and very good talk with President Moon」と書いてるの。だから「お互い話し合ったよ」と「talk」したと。で、「also(そしてもう一個ね)、spoke to Prime Minister Abe of Japan to inform him of the ongoing negotiations. (ニッポンのアベ首相に今進行中の事に対して報告したよ(=inform))」っていう・・・。

f:id:nippon2014be:20180430133216p:plain

[生島](笑)。

[田中]「spoke to ~」って過去形だから、あれは12分後にTwitterを打ってるっていうんでみんなが「いやぁ、スピーカー・フォンで喋りながら、器用なのかトランプさん。でも「spoke to」ってもう過去形だから終わっちゃってんの?」って言われちゃったってのが・・・。

[生島]ああ・・・。

 

【特集】安倍首相とトランプ大統領の電話会談の終了時間がなんか不思議で謎な件

f:id:nippon2014be:20180501065425p:plain

f:id:nippon2014be:20180501065507p:plain

安倍首相、「日米電話首脳『会談』」の捏造&水増しをトランプ大統領に大曝露されてしまう

f:id:nippon2014be:20180501065730j:plain

https://buzzap.jp/news/20180430-abe-trump-talk-on-the-phone/

[田中]今、世界中で話題ですけれども(笑)。ただもう1個はね、今回もちろん拉致問題ってのは大切な問題なんだけれども、「蚊帳の外じゃない」と言われてるんだけれども、

f:id:nippon2014be:20180430133612p:plain

[田中]実は2002年に小泉純一郎さんが(平壌)に行かれた時にね、小泉さんと当時の、金正恩氏のお父さんの金正日キム・ジョンイル)氏が、「日朝平壌宣言」というのを出しているわけですよ。

[生島]はい、出しましたね。

[田中]ここで「国交正常化(交渉を再開)します」って書いてあって、つまり日本はずっと韓国の慰安婦問題でも「最終的かつ不可逆的だ」って言ったじゃないですか。そうするとこれ、「宣言」で政府が情報を出してるからね、そうすると拉致の問題も「心からのお詫び」で、「今後は同じような事が起きないようにします」(と、金正日キム・ジョンイル)氏は首脳会談の場で日本側に謝罪の言葉を言っている)と。そして「国交が正常化されたら、日本がずっと、今までの問題に関してお金をずっと、低金利の長期借款をしたり国際銀行の融資をします」って書いてあるから、これ中々、「蚊帳の外」じゃなかったとしても、これを日本は逆に慰安婦問題と同じように「不可逆的じゃないことを言い出すのかよ」ってなってちゃうとね・・・。

f:id:nippon2014be:20180430133359p:plain

f:id:nippon2014be:20180430133412p:plain

[生島]なるほど。

[田中]本当に、拉致でずっと被害を受けてる方は・・・。(拉致被害者5名生存・8名死亡と伝えられて5名が帰国し、2回目の2004年5月22日の小泉訪朝で拉致被害者の家族5名も帰国して以降)17人の歴代拉致問題担当大臣で一度も(北朝鮮当局と)接触した事がなかったわけですよね。向こう側とね。というところを考えると中々これは・・・。しかも主権国家なのに(拉致問題に関して)トランプさんや文さんに頭下げてお願いするってところは、もうちょっと・・・、批判をするっていうんじゃなくて日本の外交どうなのよ?ってみんなで考えないといけないと思いますね。

[生島]いやぁホント。日本の外交どうなってるんでしょ。ありがとうございました。

f:id:nippon2014be:20180430133438p:plain

33年後のなんとなく、クリスタル

33年後のなんとなく、クリスタル

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

2018年4月30日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫『“都民ファやらせ質問疑惑”保存者名が「ecoyuri」・「働き方改革」渡辺ミッチーの至言に拳拳服膺を・アルゴリズムな「意識高い系」が唱えた、「ニッポン凄いゾ論」の終焉。時代は演繹法から帰納法へ!』

f:id:nippon2014be:20180430111313p:plain

 

f:id:nippon2014be:20180520173943j:plain

18/5月号 田中康夫の新ニッポン論58「ニッポン凄いゾ論の終焉」◆月刊VERDAD-ベルダ

PDFはこちら>>>PDF

・連載バックナンバー>>>こちら
VERDAD HP>>>こちら

・月刊「VERDAD」についてのご紹介は>>>こちら

 [宮瀬茉祐子]去年8月、都民ファーストの会が議会質問を作成する際、参考にした文書ファイルの保存者名が小池知事のツイッターのアカウント名と同一だったことが分りました。これに対し小池知事は27日の定例会見で、「小池百合子 (@ecoyuri) | Twitterというアカウント名は事務所の複数の人間が共有して使っているもの」と説明し自身が質問案の作成に関わった事は無い」と強調しました。 

“都民ファやらせ質問疑惑”保存者名が「ecoyuri」(18/04/27) - YouTube

[堀潤]さあこちらのニュースは男性53%女性47%です。年代別に見ますと30代40代50代比較的上の世代が関心が高いということです。小池氏は知事就任後、都議らの質問を都職員が作成していたことを「馴れ合い」と禁止していただけに、各会派からは「言行不一致」との声が上がっているということなんですね。知事経験者でもあります田中さん。

[田中康夫]だから小池さん自身が「都の職員が質問を書いてた」って言ってたでしょ。多分これ、小池さんになったからこういう事が出てきたんで、他の自治体は、長野県も含めて私がなる前はみんなそうですよ。

[堀]みんなそうだった。

[田中]やったことがない自治体はないと思います。

[堀]慣習だった。

[田中]1個すごい面白い例があってね、書いてもらったのをそのまま読んだんだけど、ふりがなが無くてその議員(統一教会支援の議員だった)が「れいば、霊場ッ」っつったのよ(笑)。

[堀]え?

[田中]「なんだよ?霊感商法かよ?」と思ったら、「例えば」っていう字を職員が書いてたのにふりがなが無かった(ので霊場(れいば)と読んでしまった)・・・。

[一同]ははは(笑)。

[田中]笑い話のような(笑)。

[堀]田中さんはご自身であれですか?

[田中]僕?僕の提案説明ですか?僕の提案説明は自分でもちろん。

[堀]そうですよね。

[田中]まあ、職員が項目は作りますけれども。

*

[堀]さあ、この「働き方改革」ですが、日本人の長時間労働やそして過労死・過労自殺の問題を含めて様々。ただ、大元を正すとアメリカ側からは日本の経済界、そして政界に対しても「日本の労働市場を開放してね。企業の活動しやすくしてね」そういうリクエストがずっと続いてきた中で、そういう面も含まれる「働き方改革」ですけど、肝心要の国会が田中さん動いてないんですが、どうご覧になってますか?

[田中]残念だと思うのは、安倍さんが例えば、「機会があれば柳瀬唯夫さんにも説明をしていただければ」って自分の部下でしょ?「機会があれば」って、国民に対して向いてるのかな?ってのは(みなさん)思うと思う。昔、渡辺美智雄さん(元蔵相・副総理兼外相)って「ミッチーさん」っていう人がいて、失言も多かったっていうけど、彼は「幸いなるかな大衆は愚に見えて賢である。賢明な大衆が分ってくれなければその民権は衰退期に入る」って言ってるんですよ。やはりこの言葉を安倍さんはもう一度拳拳服膺(けんけんふくよう)していただきたいと思う。大先輩の。

*

[堀]さあそうした中、やや明るいニュース。田中さんは以前より「対話の重要性」というのもこの番組でも再三に渡ってお話しをされていました。

 

2018年3月8日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫 朝鮮半島"置いてけ堀"っぽいニッポン外交&経済

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.294『頼んだぞ古市憲寿w&三浦瑠麗w(褒め殺し) 「置いてけ堀ニッポン」と看破したイアン・ブレマーの至言を論破してくれ~!』

イアン・ブレマーのツイート 

f:id:nippon2014be:20180507115829p:plain

f:id:nippon2014be:20180507115736p:plain

[田中]うん。「米朝会談があるであろう」という事をずっと述べてきてましたけど、やはりあの映像だけでなくて「実体のあるパフォーマンスだ」っていうことだと思うんです。

[堀]「実体のあるパフォーマンス」。

[田中]日本は「パフォーマンス」って、本来、「オーディオとか車の性能が良い、費用対効果が良いという事」なのに、日本はなんか「中身がなくてその場を取り繕う」って意味になっちゃうでしょ。彼(金正恩氏)が挨拶で最後に、「虚心に真剣に率直に文大統領と必要な話をし、いい結果を作り出すということを文大統領に申し上げ、記者の皆さんにも申し上げます」と。僕ね、この「記者の皆さんにも申し上げます」ってこれパフォーマンスではでない言葉ですよ、日本的な。

 

平壌から苦労して冷麺を持ってきました」 金正恩氏:朝日新聞デジタル

「今日は関心事について腹を割って話し合い、よい結果を作り出す。我々はかつてのように元に戻ってしまって合意が履行できない結果になるのではなく、心構えをしっかりして、今回を、未来を見通しながら志向性を持って手をつないで歩いていく契機にして、人々の期待にこたえたい。」

 
「今日の晩餐(ばんさん)会のメニューについていろいろ話があるようですが、平壌から苦労しながら平壌冷麺を持ってきました。大統領が気軽に、平壌冷麺を召し上がれるよう遠いところから……遠いと言ったらだめか(笑)。おいしく召し上がってもらえたらいいです。」

 
「虚心に真剣に率直に文大統領と必要な話をし、いい結果を作り出すということを文大統領に申し上げ、記者の皆さんにも申し上げます。」

[堀]確かにね。

[田中]だから実は、彼はスイスに一人で行って、実は地元の学校に入って、多分、「大使館員の子供です」って言ったけどいじめられもあったと思うんです。

[堀]そうか・・・。

[田中]その中で、我々よりももしかしたら大変に欧米の、生活だけでなくて考えを知っている人。

[堀]立ち振る舞いから考えると30代の若者がですよ「なかなかやるじゃないか」という感じがしました。一方で18年前、同じように南北首脳会談があって、当時の金大中(キム・デジュン)さんにはその後ノーベル平和賞も出ました。ただ中々、実態は進まなかった。あの頃とはやはり変わったと見れば良いですか?指導者が。

[田中]中間選挙を控えたドナルド・トランプ氏も含めて、非常にこれは「着地点をきちんと作らなければ」という意思があると思いますね。

*

[堀]さあ田中さん、テーマの発表をお願いいたします。

[田中]はい。昔のフリップも持ってきたんで。

[堀]『アルゴリズムな「意識高い系」が唱えた、「ニッポン凄いゾ論」の終焉。時代は演繹法から帰納法へ!』。

f:id:nippon2014be:20180430133438p:plain

冷戦終結のような歴史の転換点では、それまでの常識が一夜にして時代遅れになることが繰り返されてきた。

[宮瀬]韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長の南北首脳会談が、先週金曜日、軍事境界線のある板門店(パンムンジョム)で開催され、半島の完全な非核化を目標とする「板門店宣言」に署名しました。これを受け、アメリカと中国は「祝福」という言葉を用いて歓迎の意を表明しましたが、日本政府は評価する一方で依然として慎重な姿勢を崩していません。

f:id:nippon2014be:20180430133612p:plain

[堀]さあ参りましょう。

[田中]「ニッポン凄いゾ論」って、ずっとこの5年4ヶ月ずっと言ってたと思うの。

[堀]テレビ番組もそういうのが増えましたよね。

[田中]うん。でもそれはほら、日本にたくさん良いところはある。でもカレーだってインドからもらって良い意味で換骨奪胎したし、ラーメンだってそうでしょ。だから弁証法でなきゃいけないと思うんですよ。相手を見て自分の足りないところを逆に知る。ところが残念ながら、なんか「見ざる聞かざる、でも他のところはディスりまくり猿」みたいにね、なっちゃったんじゃないか。これを言うとまたお怒りになる方がいるかもしれないけど、お怒りになるっていう事はやっぱり「ちょっと後ろめたいところ」が多分、今あるからですよね。

f:id:nippon2014be:20180430102812j:plain

 

f:id:nippon2014be:20180312063344j:plain

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.267『頭が痛いぜw 国益を毀損する害・無能省の河野太郎ちゃまを一刀両断!』

2018年3月8日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫 朝鮮半島"置いてけ堀"っぽいニッポン外交&経済

[堀]確かにね。

[田中]「少子高齢になって日本の経済も・・・」っていう時に「じゃあ今までと違う、どういうものを出せるのかな?」って話をしないと、今までの積み上げをしてっても袋小路かもしれないじゃないですか。ドナルド・トランプさまは先ほど来、お元気なようで。

[堀]ふふふ(笑)。変わらないですよトランプさんは。

[田中]「勇気付けられちゃったよ」って。で、メルケルさんと共同会見の場所でもこう言ってるわけですよね。

f:id:nippon2014be:20180430133127p:plain

[田中]同時に、例えば中国とかも、アメリカもそうだけど「祝福する」っていう言葉を使ってるじゃないですか。日本もやっぱり、そこで、これはその後ちゃんと(宣言の履行が)できなければ言う事で、「祝福」って言葉は残念ながら日本から出てこなかったんだよね。

[堀]そうですね。

[田中]そこはやっぱり日本の戸惑いだと思うんですよ。同時にトランプ氏はツイッター大好きだから、私や堀さん以上に、こういう風に「とにかく絶対忘れちゃいけないのは習近平、私のグッド・フレンドの大変な偉大な功績で、それがなきゃこんなに早く出来なかったぜ」っておっしゃったわけじゃない?

[堀]そうか、中国への配慮は忘れないですね。

[田中]うん。これ27日ですね。

f:id:nippon2014be:20180430133200p:plain
[田中](で、その)翌日28日、これ日本時間です。22時45分に、

f:id:nippon2014be:20180430133216p:plain


[田中]「(Just had a )long and very good "talk"・・・」つまり、「お互い"会話"をしたよ、文在寅(ムン・ジェイン)氏と」、そして「Also・・・(さらにね)、"spoke" to Prime Minister Abe of Japan」と。で、"spoke"って多分、"talk"と違って"喋ったよ"。

[堀]そうか・・・。

[田中]「会話をした」になってないし、「to inform him of・・・」なわけですよ。「of the ongoing negotiations.」、まあ彼(ケビン・クローン氏)の方がもっと英語が上手だと思うんだけれども。だから「お伝えしてあげたよ=(spoke~to imform)」になっちゃってる。

[堀]うーん・・・。「日本の懸案事項についてもお伝えしましたよ」。

[田中]ここでね、今、SNS上でもとても不思議に思われているのが、これ、「首相の一日」というのが公表されて、全部のメディアが載せた時間で、

f:id:nippon2014be:20180430133324p:plain

[田中]22時33分から(トランプ氏との電話会談が)始まりました。23時3分まで30分間続きました。ところが22時45分、これ日本時間です、トランプ氏はこのツイートしているわけですよ。

f:id:nippon2014be:20180430103910j:plain

 

【特集】安倍首相とトランプ大統領の電話会談の終了時間がなんか不思議で謎な件

f:id:nippon2014be:20180501065425p:plain

f:id:nippon2014be:20180501065507p:plain

安倍首相、「日米電話首脳『会談』」の捏造&水増しをトランプ大統領に大曝露されてしまう

f:id:nippon2014be:20180501065730j:plain

https://buzzap.jp/news/20180430-abe-trump-talk-on-the-phone/

[堀]誰と話してたんですか?

[田中]わかりますか?

[堀]ふふふ(笑)。

[田中]そうすると「本当に30分やったのだろうか?」と。もし30分(電話会談を)やってる間に、この真ん中の、わずか12分後に(ツイッターに)打ってたら、スピーカー・フォンでやりながら凄い手が器用なのか、喋りながらなのか、国と国なのに・・・。

[堀]まあ、お付きの方が書いてるか、担当の方がいらっしゃるのかもしれないですね。

[田中]でも、ここで"spoke"(過去形)になっちゃってるわけよ(笑)。

 

トランプ氏ツイート#covfefe事件とは

f:id:nippon2014be:20180430220321j:plain

f:id:nippon2014be:20180430215944p:plain

f:id:nippon2014be:20180430221206j:plain

f:id:nippon2014be:20180430221221j:plain

f:id:nippon2014be:20180430221237j:plain

f:id:nippon2014be:20180430221310p:plain

f:id:nippon2014be:20180430221323j:plain

f:id:nippon2014be:20180430221343p:plain

[堀]ふふふ、そうですね(笑)。(首相官邸発表の時系列だと)まだ(電話会談が)続いている最中の時間帯に(トランプ氏がツイッターに投稿していた)っていう事ですか?

[田中]ね。

[堀]はっはあ。

[田中]で、一転。以前にお見せした・・・、私、安倍さんが2回目の首相になられる前にもお目に掛かった時にお話をして、その後もお伝えしてるけれども、

f:id:nippon2014be:20180429131819p:plain

[田中]安倍さんの(父の)晋太郎さんのお父さんてのは安倍寛さんっていう、山口県の日置(へき)村というところで「金権政治打破」と言って立候補して一回落ちて、村長をやった後、(県議会議員衆議院)議員をやって、大政翼賛会の非推薦議員だったわけですよ。「東條内閣退陣しろ」と。「金権政治打破」と「戦争終結」ってずっと言ってた人だったのね。だから(「反軍演説」・「粛軍演説」の)斎藤隆夫と同じような(立ち位置の)人だったんですよ。これが安倍さんの DNA の中に少なくとも流れているわけです。一方で、(佐藤栄作氏の兄にあたる)岸信介(のぶすけ)さんはもともと(中学3年生の時、婿養子だった父の実家・岸家の養子となるまでは)佐藤信介さんだったわけです。同じ山口県の出身だけれども、皆さんご存じ、「妖怪のような大変な人」だったと言われてるけども、満州で。

f:id:nippon2014be:20180430133345p:plain
[堀]「昭和の妖怪」。

[田中]で、最後、実は彼は「あの状況から言ったら、侵略でしょ、そりゃ」って(1982年8月25日放送のFNNニュースレポートで)逸見政孝さんのインタビューに答えているんですけれども、

1982年8月25日 放送『逸見政孝 FNNニュースレポート6:00 岸信介氏インタビュー』 日本は「侵略」だったと発言

[田中]彼は、実は商工大臣になりました東條英機内閣で。でも商工省が軍需省になった時に、彼は無任所大臣に格下げになるんですね。でもそれだけじゃなくてサイパンが陥落した後に、彼は「サイパン陥落で今後、本土空襲が繰り返されるから軍需次官としての責任が果たせない」と言って、それがきっかけで(東條)内閣が総辞職するわけ。そして翼賛政治会には入らないで反東條の護国同志会ってのを作る人でもあるんですよ。

[堀]ああ、立派な・・・うーん。

[田中]ここのところがね、本来の岸さんが持っていたもの、信介さんが、あるいは安倍寛さんが持っていたもの、というものをきちんと我々は理解をしていく事が大事な事だと思うんです。もう一つは、先程柏木理佳さんもおっしゃったけれども、実は(内閣官房副長官として安倍晋三さんも同行した2002年9月17日の)小泉純一郎さんと金正恩氏のお父さん(金正日氏の首脳会談)の時にこういう事を(両国首脳が署名調印した平壌宣言の中で)言ってるわけですよね。

f:id:nippon2014be:20180430133359p:plain

f:id:nippon2014be:20180430133412p:plain

[田中]「(日朝国交正常化)交渉を再開します」と。そして「心からのお詫びを日本は述べるんだ」と。そして3番目がね「今後こういう(遺憾な)事が起きないようにします」と。「もちろん、申し訳なかった」という風に金正日キム・ジョンイル)氏は(首脳会談の場で日本側に謝罪の言葉を)言ってんだけども、そして4番目に「このようにお金を出していきます」という話になってるわけ。そうすると(2015年12月28日の日韓外相会談後の共同会見の場で「慰安婦問題日韓合意」の声明文を出した)韓国との間でも、(「最終的且つ不可逆的」と念押ししていて、)これ、外交の(プロトコールとして数段上の)「平壌宣言」ですから、(声明レベルでも)「最終的且つ不可逆的」という事を日本はずっと言ってきたという事になると。、もちろん、(拉致被害者5名生存・8名死亡と伝えられて5名が帰国し、2回目の2004年5月22日の小泉訪朝で拉致被害者の家族5名も帰国して以降、17名の拉致問題担当大臣が居たにも拘らず)拉致の問題が解決しなくて横田めぐみさんのお母さんをはじめとする方々が悩んでらっしゃるのは非常に分ります。でも、実は小泉さんがこれ(「平壌宣言」)を(決断して)出したと、そしてその小泉政権をかなり日本は今までの歴代政権と違って最後まで国民が支持してきたわけですよ。で、「これを踏まえて(「最終的且つ不可逆的」に)経済交渉をしますよ」と、「日本のお金は米朝会談の後どうやってくれますか?」っていう話になるというところまで(冷静・冷徹に)見てかないと、またそこで「ガーっ!ガーっ!」って言ってしまった時に、じゃあそれは国と国の約束だから、大きな問題はたくさんあると思います。ちょっと時間がなくなってきちゃった。

[堀]最後に。

[田中]最後にもう1回見せておきます。

f:id:nippon2014be:20180430110521p:plain

[田中]以前に述べました、「岸さんが非常に親しかった、弟(アレン・ウェルシュ・ダレス)が(同じくアイク政権で) CIA 長官だった」ジョン・フォスター・ダレス。「日米安全保障条約の産みの親」です。アイゼンハワー大統領政権の国務長官です。彼はこういう事を言ってるわけです。「日本人は名誉白人になりたいんだ」と。「そして日本人のレイシズム、人種差別主義、欧米に劣等感持つ代わりに中国や朝鮮、ロシアよりも自分たちは優越していて、アジアの近代化は自分たちだけだ、この気持ちを、屈折した気持ちを上手くアメリカは使うんだ、世界は」と。「白人社会は」と。「そうすれば(日本人は)白人に従属する一方、黄色人種の中で孤立し続ける」という事を言ってるんです。とんでもない事(蔑視思想)を言ってるかもしれないけど、我々が胸に手をあてた時に、(「VERDAD」連載「田中康夫の新ニッポン論」「ニッポン凄いゾ論の終焉」の最後で“黄色いバナナ”として述べているように)皮膚(肉体)は黄色(人種)だけれども精神は白(色人種)になって(しまってい)る。白いもの(「白人文化」)の中にも良いものはたくさんある、でも「色じゃないよ」っていう事で考えていかないと。

[堀]そうですね。

[田中]この今の非常に置いてけ掘になってる中で、「ニッポン凄いゾ論」がみんなから尊敬されるものにならなければ。

[堀]アジアのね、各国との協調っていうのをしっかり築いていってほしいですね。

[田中]だって北朝鮮っていまや174カ国が国交を結んでて。

[堀]そうですよね。

[田中]フランスも(平壌に)代表部を置いてて、日本とアメリカだけなんですよ。

[堀]その為にもしっかりと議論して欲しいし、した約束もしっかりと履行して欲しいし、ここから踏ん張りどころです。

[田中]あと、板門店(パンムンジョム)宣言の中で大事な事はね、「南・北・米三者または南・北・米・中四者会談」と。じゃあ6ヵ国協議って言ってたんだけど日本もロシアもここに入っていない。そして「これを歓迎する」って言われてしまっているのをどう日本は巻き返せるのかってのが大事な課題ですね。

 

板門店(パンムンジョム)宣言

南と北は、休戦協定締結65年になる今年に終戦を宣言し、停戦協定を平和協定に転換し、恒久的で強固な平和体制構築に向けた南・北・米三者または南・北・米・中四者会談の開催を積極的に推進していくことにした。

ただし陸報道官は、板門店宣言南・北・米、または南・北・米・中の対話体を取り上げ論じたことを意識したように、かつて中国が議長国を務めた北朝鮮核6カ国協議を特定して論じはしなかった。彼は、関連各国が対話の流れを継続し、非核化および“政治的解決”プロセスを推進しなければならず、中国もまたそのために積極的役割を果すと明らかにした。

 

「十七条憲法第三条が謳う「承詔必謹・しょうしょうひっきん」 大日本帝国憲法➡敗戦➡現在❣ 三度に亘る牽強付会な解釈変更の悲劇」と題してジョン・フォスター・ダレス発言を紹介した3月30日「モーニングCROSS」の文字起こし

「~詰将棋 はたして詰むや 詰まざるや~疾うの昔に見えていた「政事の着地点」」と題して4月11日にお届けした「モーニングCROSS」の文字起こし

北朝鮮情勢・ノーベル文学賞延期・内閣人事局批判を巡って・憲法改正議論」と題して5月5日にお届けした「ナイツのちゃきちゃき大放送」の文字起こし

 

TOKYO MX「モーニングCROSS」(07:00~08:30)は首都圏以外の全国・全世界の方々も以下、エムキャス配信ページ・スマートフォン専用アプリにてご視聴頂けます。

33年後のなんとなく、クリスタル

33年後のなんとなく、クリスタル

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.286『なあんチャって「保守」の終焉w 朝鮮半島緊張緩和の代替案も出せずに難癖付けてるネトウヨ君は、 一時代前の左翼活動家と同じだぜ!』

 

【参考資料】
「あとは自分で考えなさい。」以上で終了と「親身の指導・日々是決戦」Ⓒ代々木ゼミナールな代表的メディア
ワシントンポスト CNN BBC 聯合通信 朝鮮中央通信 その他「日出ずる国」以外の全世界のメディア

文在寅大統領が教えてくれないので「前も後も自分で考えられません。」とインパール作戦を敢行中の皆さま
外務省・河野太郎ちゃま 産経新聞・阿比留瑠比ちゃま フジテレビジョン・平井文雄ちゃま NHK・岩田明子ちゃま その他「月刊WiLL」「月刊Hanada」の豪華執筆陣

おまけ
ワシントン・北京・ソウルは疎か「平壌からの手紙」すら未着の「国難」を吹き飛ばすべく「後ろから前から」どうぞⒸ畑中葉子

後から前から - Wikipedia

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.286『なあんチャって「保守」の終焉w 朝鮮半島緊張緩和の代替案も出せずに難癖付けてるネトウヨ君は、 一時代前の左翼活動家と同じだぜ!』と題してお届けをします。

「左翼活動家」と言ったら、火炎瓶を持ってなかった人もですね、あるいはネトウヨ君たちがずっと小馬鹿にしていたパヨクの皆さんも「拳あげて!」。まあですから、こないだの#Me Too運動というのは、ゴールデン・グローブ賞の時のですね、アメリカにおける#Me Tooの黒い服とは全く違って学芸会でしかなかったわけでございますけども、

 

【全文公開】オプラ・ウィンフリーが第75回ゴールデングローブ賞で3回称賛されたスピーチ

ゴールデングローブ賞、性的暴力や抑圧に抗議する式典に

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.280『どうする戦略・戦術なきヘタレ野党! どうなる圧力弁というダムが決壊した一強与党? 与野党アホ阿呆な今後の流れをヤッシーが読み解く❣』

なんかネトウヨ君たちの方が、あるいは「保守」、自称「保守」と言いながらですね、本来の保守はまともなですね、生きとし生けるものの神道であるはずなのにですね、勝てば官軍のような国家神道というようなものにですね、視野狭窄になってる皆さん、こうした方々がですね何も代替案を出してないんですね。「対話のための対話じゃ仕方がない」と言っていたけれど、今始まっちゃったんですよ。じゃあこの対話がまた終わることを望んでんですか?ということになると、まさに平和を望まない人だということになってしまいます。

今回ですね、大変に驚きましたのがドナルド・トランプ氏のツイッターでございますね。これは、何人かの方が「まさか私がトランプ氏のツイッターリツイートするとは思わなかった」と書いてる方々がいましたけどね、「今回とにかく、これだけのことになったのは習近平氏の、私の友人習近平氏の大変な努力というものを忘れちゃいかんぞ」と。「彼がいなければアメリカにとっても、北朝鮮にとっての国境問題に関してももっとすごい時間が掛かって、もっと難航したプロセスだったよ」とおっしゃってるんですね。

そしてこれ、今のはですね27日、昨日の20時50分日本時間でございます。その少し前の19時55分の内容がですね、「もう朝鮮戦争は本当終わったんだ」と。「アメリカにとっても、そしてアメリカの素晴らしい我々にとってもこれはもう大変に、大変な誇りとなることが韓国で起きてるぞ」というふうに書いてるわけでございます。

これをですね中国の外務省もですね「この問題を祝福と歓迎する」と述べたわけですね。「午前中にはどうなるのかまだわからんねぇ」みたいな、午後になって「韓国から必ず連絡があるはずだ」と言いながら昨日の段階で連絡がなかったという、河野太郎さんはですね「祝福」とは言っていなくて「歓迎」と言ってるわけです。

日本の美徳というのはですね「おもてなし」などというですね「お口チョコレート、心はアイスクリーム」な言葉の前にですね、やっぱり良い事はきちんと純粋に褒めてあげるということなんでございまして、なんか粗探しをするような動きになって、ましてやですね「瀬取り」、これは本来、海上保安庁がやる仕事でございますよね。

なのに海上保安庁の予算がちっとも増えない。海上保安庁のですね、事務系で国土交通省から来てた次長の人を新潟県の県知事の選挙のためには佐渡島出身だということで出す。これは実態の有るパフォーマンスではないということでございます。海上保安庁の警備が手薄だったから横田めぐみさんがですね拉致されてしまったわけであります、新潟で。そして横田さんのお父さん達にとってはですね、昨日の会談というもの、そこで拉致の話が出たのか?日本の安倍ちゃまが会いたいということも出たのか?ちっともどこにも無い。なのに安倍さんはですね、さすがの記者団もですね「日本は蚊帳の外ではないか?」。

私は「地球儀“傍観”外交」と申し上げてまいりました。よくこの事に関して、先日もですね、「お前が安倍さんの携帯電話の番号をお互い知り合ってるわけがねーじゃねーか」と。「安倍さんと飯を食ったなんて、何度か、なんて嘘つくな」と言う方がありましたけど、田中康夫は全部ガラス張りでございまして、ただ、先方の方がその事をですね、「どこで会ったか書かないでくれ」という事は、今、日記を連載してるわけではございませんので、でございますけども、安倍さんには私はお目に掛かる度にですね、「安倍寛さんというあなたのおじいちゃんは、まさに大政翼賛会に反対をして、戦争に反対をして東條内閣を打倒とおっしゃって、そして(大政翼賛会)非推薦議員で当選をされたという方なんだから、その事を、そしてそういう、まさに福祉という事に関して情熱を持ってらした、金権腐敗政治を打破とおっしゃってたおじいちゃまの DNA を持ちだという事も多くの方に、納得じゃなくて理解じゃなくて知ってじゃなくてですね、なるほどだからこういう政策が出てくるんだ」と。「あるいはこういう物腰が出てくるんだということが必要ではなかりましょうか?」と申し上げてまいりました。

f:id:nippon2014be:20180429131819p:plain

で、記者団が「蚊帳の外じゃないですか?」と言うと、「全くない」と。「先般、トランプ大統領とゆっくり話をして基本的方針では一致してる。それを受けて文在寅(ムン・ジェイン大統領とも話をした」と。なのにトランプさんの昨日のツイートの中には「日本」という言葉が一言も出てこない。南北の会談でもですね「そこにアメリカを加えて米朝韓で、あるいは中国も加えて米中朝韓で会談をしよう」というのは出てきますけども、そこにロシアや日本という名前は出てこなかったという事なんでございますですよね。

こうした中でですね、「平壌から苦労しながら平壌冷麺を持ってきました」と。で、「遠いところから(持ってきた)……遠いと言ったらだめか」って、このアドリブも中々なもんであろうかと思いますし、もっと前にですね南北会談が行われた時にも韓国側の代表だった鄭義溶(チョン・ウェヨン)さんという国家安保室長、この方が「あまりタバコを吸いなのは体に良くないんじゃないでしょうか」って言って、周りの周囲はですね、それでもし激怒されちゃったらどうしようと言ってみんな緊張が走った時に、実は彼の李雪主(リ・ソルジュ)さんという夫人が大笑いして手を叩いて「私もいつもそれを言ってんだけどもありがとう」みたいな話になっちゃったっていうことなんでございますけれどもね。

昨日の冒頭、(金正恩氏と文在寅氏)二人がそれぞれですねカメラの前で発言をした時の最後に彼が非常に素晴らしい事を、「どんな気持ちでこの200メートルほどの短い距離を歩いてきたか」とか、こういったところはまあ、冒頭はそういう内容かもしれません。「11年の歳月を無駄にしない」とか。その後に最後、冷麺の話をしたわけですね。お互いの物を持ってくると。結局、スイス料理が出たのも、彼がスイスに留学をしていたって事もあるかもしれませんけども、スイスとかスウェーデンが南北の国境の所の担当していたからだと思いますけど、最後にですねこういう風におっしゃってるんですね。「虚心に真剣に率直に文大統領と必要な話をし、いい結果を作り出すということを文大統領に申し上げ、記者の皆さんにも申し上げます」と言ってるんです。それはすなわち、その後に「南北両国民にとって、あるいは世界の人々に」ってのも続くと思うんですが、この「記者の皆さんにも申し上げます」っていう言葉を最後に付けたってのは、大変な変化、あるいは元々彼が、小っちゃい時からドイツ語圏で暮らして、ある意味ですね、すごい裕福にいたわけでもなくて、地域の学校に、ボーディングスクールでないところに通って、その中でバスケットが好きになったりしていくと。多分、その頃には彼が金家の息子だという事が伝えられてなくて、地域の子どもからですねいろいろ嘲り笑われたかもしれないわけですね。その人がですね、多くの記者に向かって「記者の皆さんにも申し上げます」と。これを多分、日本の記者が聞いても何も感じないような護送船団記者クラブだったかもしれませんけど、私はこの言葉を言うというところがですね、大変なものであろうと思います。むしろ文在寅(ムン・ジェイン)氏の方が、「今日、私たちの出会いを祝うように天気ものどかです」という言い方ですけども、なかなかこれは一筋縄ではいかない人物なわけでございまして、それに対してですね相変わらず、もうなんか意気消沈として「disるところがないなぁ」と思ってらっしゃると。これに関してですね素晴らしいツイートがございましてですね、柴山昌彦さんっていう東京大学の法学部を出られて弁護士でもあられて、そして住友不動産住友不動産も長くですね、現在三井不動産が同じような轍を踏んでおりますけれどもね、長年にわたって困った「天皇」がいた会社でございます。この方が「素晴らしい」ツイートをされたという事でですね、皆さんが大変「大喜び」になさっているわけですね。彼はどういうツイートしたかっていうと、こちらでございますね。その前に和田政宗さまもすごいツイート。

「今も批判コメントを続けている人がいるけども、「尊敬」という言葉使ってさも持ち上げているように見える」と 。「・・・見せかけ、結局批判するのは姑息では」。まあ「尊敬」っていうのは皮肉で言ってるわけでしょ。「尊敬」って言葉を使っただけで頭にアドレナリンが上がっちゃったところが問題でございますけども、「日本がイニシアチブを取ったから今の状況が生まれたことは世界の外交の常識。認めたくない人達は喚きますが、外交の真実をする人間として蚊帳の外論を明確に否定します!」って、和田政宗さんが外交の真実を知ってる人だった、というのがですね、大変に皆さんからしても香ばしいご発言として驚かれているのではないかと思います。百田尚樹さまが相変わらずなことをおっしゃってるらしくて、「写真に写ってる人物は明らかに偽物で、密室の会談は本物が出てくるかも」って(笑)。

まあここまで行くと、本当にこういう人が放送作家をやっていたっていうか、今も使うところがあるのか分かりませんけれども、で、柴山昌彦さんは、だって皆さんあれですよ、自由民主党の総裁の特別補佐兼筆頭副幹事長でらっしゃるんですけど、誰かがですね「安倍晋三さんのせいで日本だけがポッチになってんじゃないのか」ってまさに「地球儀”傍観”外交」になってんじゃないのかというツイート、こういう人にわざわざ、ごく普通の方のにですねリツイートで、下にペーストまでくっつけて、

f:id:nippon2014be:20180429133502p:plain

柴山昌彦自民党衆議院議員「南北首脳会談も米朝首脳会談も安倍さんのおかげ」にツッコミ殺到の件

「全くの見当違い。安倍さんが制裁を世界に呼びかけたから金正恩は」、敬称略でございますよ。「・・・音を上げた。安倍さんがトランプに働きかけたから眉唾で米朝会談に臨んでもらえる」って言うんで、これに関してさすがにTwitter の中でもNAVER まとめですね、多くの皆さんから「香ばしい発言だ」というのがあります。まあやっぱり私たちはですね、日本というのは本当に、至らなさは改むるに如くは無しという事が大事なわけでございまして、中国政府が「祝意と歓迎」と言ってるのに対して「歓迎」という言葉しか言わない。あるいは「過去の声明と比較、分析を行いながら、今後の対応を取りたい」と、ほとんどなんか、昔の本当に左翼系のご発言のような事をですね官邸が述べてしまうというところに、まあ、でもそれは「政治は国民のレベルなんだ」っていうことですから、多分、日本もそのレベルなんだろうという事で、そのレベルかどうか、そのレベル以下の鈍感力のヤッシーの今日もですね「だから、言わんこっちゃない!」をご覧いただいて、感謝感謝でございます。『なあんチャって「保守」の終焉』という事でお届けをいたしました。明日は『アルゴリズムな「意識高い系」が日本を滅ぼす』と題してお届けします。

f:id:nippon2014be:20180714180354j:plain

「註の新たな註」
「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。

ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣
「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、
両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、
高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、
関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。

Amazon田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。
ぜひご利用下さい!

f:id:nippon2014be:20180703001233j:plain

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.285『嫌韓・嫌中・嫌朝の香ばしい「赤いアベノミズム」な皆さまに告ぐ! 畏友・宋文洲さんが語る「赤いチャイナ」の 智恵!』

 

18/5月号 田中康夫の新ニッポン論58「ニッポン凄いゾ論の終焉」◆月刊VERDAD-ベルダ

f:id:nippon2014be:20180428114952p:plain

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.285『嫌韓・嫌中・嫌朝の香ばしい「赤いアベノミズム」な皆さまに告ぐ! 畏友・宋文洲さんが語る「赤いチャイナ」の智恵!』と題してお届けをいたします。

宋文洲 (@sohbunshu) | Twitterさんはもう皆さんご存じのようにソフトブレーンという会社を創った方であります。私はですねちょうど知事時代かな、東京駅がまだ改装される前、ちょうど東京駅の丸の内側の中央口の辺りをですね一杯荷物を持って、まぁ当時秘書も付けずにですね歩いていたら「田中さーん」っつって来た人が宋さんだったんです。「田中さんですよね?僕、宋文洲と言います。知ってますか?」っつって、「ああ、なんかこないだ新聞に載ってたね記事で、知ってます」って言ったら「ああっ!」っつってですね、それで私のガラス張りの知事室にも来てくださった方でございます。私がよく申し上げている「決断」という、後でフリップを付けておきますが「決断」という言葉の原義を教えてくれたのが宋さんなんです。

「決断」というのは「黄河治水の祖」と言われたですね、中国の最古の王朝の夏王朝、「夏(か)」という王朝の、王朝の王様の禹(う) - wikipediaがですね「決断」という言葉を作った。これは何かと言うと、昔から治水というのは世の中を治める要諦だったわけですね。黄河揚子江もですね、いつもは悠久の流れのように流れている。ところが天山山脈の方で一杯、嵐のようになってバーッと流れてくると溢れてくると。溢れるから堤防をどんどん高くした、と。でも河道内貯水という形ができないので堤防を越えて大変な被害が起きちゃう。だから、前回お話をしたような津波の防潮堤なんてのがいかに意味が無いか、ということなんでございますね。

 

f:id:nippon2014be:20180428123411j:plain

禹:古代中国で初めて黄河の治水を成功させた大英雄で夏王朝の建国者

「脱ダム政策の哲学と実践」~やめればいいのではなく、新しい治水のあり方を示す~ 月刊「都市問題」2009年12月号

17/8月号 田中康夫の新ニッポン論㊿「間違いだらけの日本の治水・治山」

吉野川の可動堰、ダムも無いような時代に可動堰のようなものを作っても、可動堰というか堰を作ってもそれを超えちゃうと。だから「決断」というのは何かと言うと「人家が少ないところ、被害が最も出ないところを「堤防を絶つ」ということを決めるというのが政治の要諦なんだ」というのがここから出てきているわけでございます。

これは繰り返し申し上げてますけど、私が知事の時の天竜川、一級河川国土交通省の管理でございます、ダムや堤防の大好きな。でも堤防の中には 鋼矢板 - (鋼矢板とは 鋼管杭・鋼矢板技術協会)を入れずにですね、

f:id:nippon2014be:20180428123438j:plain

亀ちゃん(亀井静香氏)とわたしが言っても(国土交通省は一向に)入れずに、中は砂利と砂でございますから液状化しているわけですね。アメリカやあるいはお隣のですね、気付いてみたらですね、韓国の方がすごい具合のリーダーシップになっていたということを、これは誰もが認めざるを得ない。いまだに「韓国ガーっ!」と言ったような人たちは本当に天動説をいまだに信じてるような方ということになっちゃいますけども、鋼矢板を入れるということもしない。三峰川(みぶがわ)という川がありまして、これは南アルプスから流れてくる川でございます。この川が天竜川と合流する部分は堤防が無いんですね。霞堤(かすみてい)、引き堤となってます。すなわちワーって流れてきた時に、河道内で制御できない時にそこの田畑にスイッチ・バックのように入る。その年はそこは全滅だけれども、米も畑も、翌年は南アルプスの「用土」が流れてくるから、なんかブースカ(「だから、言わんこっちゃない!」の動画担当者)も早くも感動してちょっと手ぶれを起こしているという映像になっておりますけれども、つまりそれが知恵だったんですね。ですから「決断というのはそこから来てる」って事を教えてくれたのがですね宋文洲さんだったんです。

宋さん、皆さんご存じのようにですね、ずっとソフトブレーンのところで、彼がですねずっとメール・マガジンをやっております。15万人くらいの方が読んでいるというものでございますけども。だいぶ前の内容でございます。336号ですけれども『日本がまた中国の政治体制を学ぶ日』っていうのがあってですね、なかなか良い文章なんです。私の『月刊VERDAD-ベルダ』でもこのことは扱っておりますがお読みいただきたいと思います。

 

日本がまた中国の政治体制を学ぶ日: 宋文洲のメルマガの読者広場

18/5月号 田中康夫の新ニッポン論58「ニッポン凄いゾ論の終焉」◆月刊VERDAD-ベルダ

彼が言うのにはですね、あっ、っていうかその前に宋さんってどんな人かというと、お金持ちのお家の子だったんです。で、文化大革命の時にですね、黒竜江省とかあっちの方にですね下放されて(下放・上山下郷運動) - Wikipedia、もう本当に辛苦を飲んだという方です。そしてアメリカの大学か日本の大学に留学を、文化大革命の後にして良いということで彼は北海道大学を選ばれたわけですね。で、北大に行って、その地元の会社に、コンピューターのソフト会社に入ったんだけど、そこが潰れちゃったという時に、学生の、大学院時代からやっていた、まさに土木工学のですね解析のプログラムのソフトを作るということでソフトブレーンを創って、まさに日本国籍の方以外で初めて日本の株式市場で上場されたという方でもあります。

 

f:id:nippon2014be:20180428123944p:plain

今は再婚されて日本の奥様です。先日も、ちょっとばったりとお目に掛かりまして「ああ田中さん」なんて言ってましたけど、宋さんはですね、皆さんはなんか今の日本の安倍政権に関してとても批判的なので「ガーっ!」って思ってらっしゃるかもしれないけれど、彼は違うんです。

彼は「田中角栄氏や中曽根康弘氏の頃ってのは、日本の政治って、日本の政治は二流だと言われてたかもしれないんだけど、少なくとも一流だったじゃないの?」と。「今の政治が二流って言われるんだったら、少なくとも・・・」、いや、彼が言ってるのは、考え方の違いはあると思いますよ。中曽根さんの考えが好きな人もいれば田中角栄氏の考えが違うって人もいるかもしれない。「でも少なくともバイ・ネームで仕事をしていて、世界に知られていた」と。「だから一流とか二流っていうのは世界との比較なんだ」と。「昔は自民党の中の派閥闘争があった」と。すなわち主流派があり反主流派があり、非主流派がある。「そこで切磋琢磨が行われていた」と。今「日本の首相が国連で演説したってガラガラじゃないか?」と。つまり「一党独裁になっているのに、一強政治になっているのに党内闘争もない、野党もヘタレだということであるならば、そこにどこにクリエイティヴ・コンフリクトがあるのか?」っていうことを彼は述べてるわけです。「んなこと言ったら、中国なんか一党独裁ずっと続いてるじゃないか?」って言うけど、あ、僕、これをですね、なるほどと思ったのは「毛沢東が死んだ途端に妻たちは逮捕されただろ」と。すなわち「一党独裁かもしれないけれども、そして毛沢東が生きている時に、林彪のように戦おうとした人は殺されちゃったかもしれない、飛行機事故を装って。でも彼(毛沢東)が死んだ後にあっという間に逮捕される」と。「それはやっぱり党内における循環作用なんだ」ということを述べている。そうやって考えてみると、今まで日本は皆「大韓民国は、ガーっ!」「大統領変わると必ず検察が捕まえる、ガーっ!」って言うけども、日本の今の政治は田中角栄氏以来、あるいはその後のいくつかのリクルート事件等以降ですね、そうした自浄作用は無いわけですよね。だから彼が言ってるのはですね中国・・・、いやこれもまたすごいなぁと思って、もう1個ですね、彼は『私が中国共産党をどう思うか?』ってので第338回。

f:id:nippon2014be:20180429102521p:plain

 

私が中国共産党をどう思うか: 宋文洲のメルマガの読者広場

中国共産党の党員は9千万人いる」と。でこれ、(元衆議院議員の)福島伸享(のぶゆき)君が言ったように「まあ別に、共産党毛沢東とかマルクスとか読んでなくたって、まあその方が(自分の)事業のために良いや、って人がいるかもしれないけれど、9千万人いる」と。「これは日本の有権者とほぼ同じ(人数)だ」っていうわけですよ。で「これが5年に一度北京に集まって党大会をする」と。「見てれば皆シャン!シャン!だ」と。「何人かだけが反対して20票くらいしか反対が出ない」とか言うけど、じゃあ今の日本の政治はどうですか?そうなんじゃないのか?っ ていうことですね。

彼はおもしろいことを言ってて「1949年に国民党政府を大陸から台湾に追いやった」と。その後「地主から土地を奪い貧しい農民たちに与える」「それは法律的には違法だった」と。でも結果オーライじゃなくて「9割の国民を喜ばせる違法行為なんかは違法ではなくなる」と。ある意味じゃ農地解放というのも「進駐軍がガーっ!」言うかもしれないけれど、農地解放をやったことで、まぁその後「農協って困った存在をどうするか?」があるかもしれないけれど、ある意味では国民の為になるのか一部の人の為になるのか、それが中国のような国においても行われてるって言ってるわけです。で、ここがつまり、彼が言ってるのは「利益闘争から路線闘争まで、ある意味では、国営メディアが放送しないけど、皆『WeChat』とかで見てる」と。つまり「共産党政権も習近平がもう・・・、とても困ってしまってる」って「叛旗を翻しても無理だな」と。今の日本がそうじゃないですか。皆さんが不満があったって、一部の「ガーっ!」て、#MeTooの、黒い服着てる女の議員の人たちや男性の議員の人たちに共感もするかもしれないけれど、「なんかこれ(ゴールデングローブ賞のオプラ・ウィンフィリーの)二番煎じじゃないの?」って思っていると。つまり今、もう、皆げんなりしてきてしまっているという、無気力な状態になっちゃってるって事ですよね。

 

【全文公開】オプラ・ウィンフリーが第75回ゴールデングローブ賞で3回称賛されたスピーチ

ゴールデングローブ賞、性的暴力や抑圧に抗議する式典に

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.280『どうする戦略・戦術なきヘタレ野党! どうなる圧力弁というダムが決壊した一強与党? 与野党アホ阿呆な今後の流れをヤッシーが読み解く❣』

でも中国は、皆、党内政治の様子を知ってるという事ですよ。今、日本のwikipedia・・・じゃなくて、twitterでいろいろなことを皆が書いたり皮肉ったりすると「それがおかしい」と言ってウチのようにですね、ブロックされてしまうという「外務大臣ガーっ!」っというところもありますけど、

 

田中康夫Office( @yassy_office )から見ようとすると…

f:id:nippon2014be:20180425214744p:plain

田中康夫 Speech To Text Online( @YTSpeechToText )から見ようとすると…

f:id:nippon2014be:20180425214803p:plain

f:id:nippon2014be:20180425210727j:plain

でもそんなの、ロシアだって皆さん、中国だって中でいろんな噂話って一杯あるわけでしょ?彼が言うには「これが、やっぱり支持と反対とに分かれていくことで、それを政府というものは一党独裁だからこそずっと見ていて、言論がデモや暴動になる前に防いでるんだ」っていうわけです。で、「中国の政治システムがすごいと思ってるわけではない」と。「だけど日本の人が多く思っている程ダメなわけでもなかろう」って言ってるんですね。これ、なかなか僕はすごいと思ったのは、なんとこの間の党大会でもですね、去年でございますね、党大会に習近平氏、「習近平氏が独裁体制になる」みたいなことを日本では言ってるけど、全部、例えばほら、国連もフランス語と英語とスペイン語となんとかかんとかですよね、いくつかの言葉になっていると。日本語は入っていないわけですよね?「(中国共産党中央委員会の議事録を)日本語の他にアラビア語ブルガリア語、英語、フランス語、ドイツ語、ラオス語、ロシア語、スペイン語の合計9か国語のバージョンをあっという間に用意する」と。日本はそんなこと「クール・ジャパン!」って言いながらやってますか?「それぞれの言語バージョンの担当者の名前とプロフィールとコメントも書いてあって」、ちゃんとバイ・ネームの仕事なんです。それはそれぞれの国の人だということで「日本語バージョンの担当は岩崎秀一さんという人だった」と。岩崎さんのコメントが付いていて「五年間一番感じた変化は環境保護方面でした」と。「2012年に北京マラソンに参加した時、空気はとても淀んでいましたが、近年明らかに変わってきました。今年もマラソンに参加しましたが、ここ数年で最もよい空気と感じました。」と。「PM2.5が未だに・・・」っと思っているかもしれないけれど、北京はそうじゃない。PM2.5が日本に流れてきてしまって「もっと強くいけPM2.5(のネガティブ・キャンペーン)」っていうことになってしまったのか?ということですね。ですから日本で流れるのは、必ずアメリカから来ている中国系のメディアの人がずーっと褒め称えるような質問をしていて、横にいた中国人の子がこうやってた(見ざる聞かざるで、素知らぬふりな風情)というけど、今やこの岩崎さんはじめとして他のメディアの人も、日本のメディアもそこを書かないけど、海外メディアや傍聴席の開放ってのは、体制は一党独裁かもしれない、だけどもしかすると今の1強体制であって党内闘争、権力闘争も利益闘争も無いような今の日本になってしまっているのに比べると「もしかしたら違うかもしれない」ってことですよね。その間もちろん文化大革命天安門事件もありました。

行きつ戻りつです。まさに振り子のように「古谷経衡くんも右翼だと思っていたのに、最近ヤッシーなんかとつるんでなんだってヘタレか」って言われてるらしいですけれども、お馬鹿なネトウヨよりもよっぽどまともなわけです。まさに中国共産党の報告書の最初の言葉は「本来を忘れず、外来を吸収し、未来に向かう」。「外来を吸収する」っていうのが換骨奪胎の、日本の、中国のそばをラーメンにしたり、餃子を入れたりピザを入れたり、カレーライスを作ったりっていうことですよね。だけど本来の日本てのは何かと言えば、国家神道ではないような神道であったり、あるいは天竺からやってきた仏教を取り入れたり、キリスト教も入れたということだろうと思います。ですから彼が言っているのは「敗戦後の日本は主権も存在せず、米国に今の政治システムを押し付けられた」と。「その代わりに日本は米国から無条件に技術、経済の支援を受け、豊かな国になった」と。「プロセスはどうであろうとよかったと思う」と。「しかし、もし日本が米国のコピーではなく、自国民同士の激しい論争と対立(場合によって内戦)を通じて独自なシステムを模索したならば、今の日本はもっと不幸になったと思いますか?YESと答えた人は日本と日本人の能力と可能性を否定しています。NOと答えた人は私と同じ考えですが、「中国はそうしている」とお忘れなく。」と言ってるんですよ。

で「こんなことを言うと皆笑うかもしれないけれど20年後のことを予測できない」と。「40年前にソ連崩壊を予想しましたか?」と。「20年前に中国は世界のGDP1位になるなんて思いましたか?」と。 そして「2千年にもわたって日本が中国の体制を学んできた」わけです。韓国からも朝鮮半島からも学んできたわけですよね。でも日本人がこれだけ刻苦勉励をして、彼らよりも素晴らしい経済、デバイスを作ったかもしれない。でも、今やそれを彼らが作るようになり、おそらくそのうちに外交防衛はアメリカの傘の下にあったとしても、社長は中国人になったりするかもしれない。現に、フランス人の社長は困った人で何か問題が起きた時にバックレているというカルロス・ゴーンという本当に困ったおじさんが一人くらい出てきましたけれども、そして武田薬品がわけのわからない、分不相応なですね製薬会社を買収するなどということをやっておりますけれども、ほとんどあれは武田薬品は、税金の安いアイルランドに逃げて行こうということをフランスからやってきたですね、まさに薬害をたくさん生んできたような製薬会社を渡り歩いて来たような人(クリストフ・ウェーバー)によってされてしまうかもしれない。これは武田さんという最後の武田姓の社長が素晴らしい人(武田國男氏)だったのに対してですね、その後の長谷川閑史(はせがわやすちか)さんという方を経てですね、長谷川さんが今の体制を作ってしまったようなものかもしれないということであります。すなわちこうしたことにきちんと意見をいけないような、日本が一方で「ガーっ!」と言っているんだったらこんなものは誰も相手にしてくれない天動説だということです。

 

武田薬品工業 - Wikipedia

2017年のAnswers Newsの医薬品企業の役員報酬ランキングによると、社長のクリストフ・ウェバーが10億4800万円と開示され、従業員平均の103.3倍に上る。研究開発担当のアンドリュー・プランプも4億2500万円、取締役会長で、現在、相談役の長谷川閑史も4億900万円とされ、他企業に比し、役員報酬は高い。また、2016年6月に監査等委員会設置会社となり、取締役13名のうち、8名を社外取締役としている。他社の執行役員に相当するものとして、クリストフ・ウェバー直属幹部でグローバルな事業運営組織の長により構成される「タケダ・エグゼクティブ・チーム」(TET)を設置し、多く、日本人以外の外国人で構成されている。

7兆円買収を強行する、武田ウェバーの焦燥 国内史上最大の買収に募る「不安」と「課題」 東洋経済オンライン

武田、巨額買収で国際化に前進 試されるウェバー社長の手腕 ロイター

武田薬品・元社長有力候補の「意外な転職先」

宋さんがお書きになることに皆さん「ギャーギャー」言う方たちがいます。でもそれは中国や、今回の大韓民国や、あるいはその他の国の方もすごくなってきちゃって「ニッポン凄いゾ!」って胸張って言えなくなっちゃうって後ろめたさがあるから、それを一時の、酒飲んで「あの社長がよお」って「ガーっ!」って言ってるのと同じです。社内で言えないことがあるのは、そりゃ分かります。でも「日本だけが素晴らしい」などということになったら、まさに手鏡がないということです。「日本だけが素晴らしくて、この体制がずっと続く」などと言っていたら「金正恩万歳!」「習近平万歳!」「ウラジミール・プーチン万歳!」って言ってるのと同じだっていうことでございまして、この辺『月刊VERDAD-ベルダ』にも書いてあります。たぶん、ここまで話しても分からない人は分からないと思います。

 

18/5月号 田中康夫の新ニッポン論58「ニッポン凄いゾ論の終焉」◆月刊VERDAD-ベルダ

f:id:nippon2014be:20180428114952p:plain

 

【特集その6】「名誉白人なダッチ=オランダ人形」三浦瑠麗ちゃま

三浦瑠麗ちゃま情報まとめサイト

f:id:nippon2014be:20180428131549j:plain

めんこいオランダ人形とは

オランダ人形 | tamiser blog

http://miki3.hobby-web.net/ningyou/orannda2.html

f:id:nippon2014be:20180429170438j:plain

f:id:nippon2014be:20180429164932p:plain

でも、わからない人が沢山いるっていうことになると、私のようにですね日本にこれからも暮らして行く人、皆さんもそうだと思います。日本を捨てられる人、良いですよ、大層なことを言ってるような人に限ってニュージーランドとかそういったところに住民票を移していた、というようなですね、岡山にあった元々の本拠地の進研ゼミから始まったような、今は日本に移されたそうでございますけれどもベネッセの方であるとかですね、あるいはまあ、私もヒート・テックは着てますけれども、・・・という会社の方であるとか、そういう方は他に逃げて良いでしょう。

でも皆さん逃げられないんです。逃げられない日本が「ニッポン凄いゾ」と言っているだけで、果たしてどうなのかな?ということを是非ともですね、宋文洲さんの文章はですね大変に素晴らしい。これだけのことを全部書けるようになっている、その意味で言ったら、「コンビニで働いている中国やら韓国からいらっしゃってる方も、お釣りの計算はパソコンレジでできる」って言うかもしれないけれども、あれだけの多くの商品とあれだけ後ろに並んでいるタバコも、そしてわざと分かりにくい言葉で勝谷誠彦先生のようにですね言ってですね「お前ら」ってですね金を叩きつけて行くような人がいる中で、でもその人達の方が、もしかしたら勝谷氏がいつも「ニッポン凄い」と言いながら、「日本の若い奴は駄目だ」と言っている人よりもよっぽど凄かったりするわけですよね。そしてそういう事を言わないような日本の若い人の方がよっぽど努力をしていたりもする、というところで言うとですね、「ニッポン凄いゾ論」ってのはそろそろもう、古いものだという、今年の流行語大賞と称する、ヤッシーに「流行語大賞の表彰式に来い」と言ったわけのわからないところは今ユーキャンになってますけれども、私は「ニッポン凄いゾ」という番組であったりですね、言葉であったり、そういうお考えというものがもう恥ずかしいものになっていくということがですね、すべて一回、一掃されるという形がですね、近く、もう桜は散ってしまいましたが、起きるんじゃにゃいかな?と思っております。

f:id:nippon2014be:20180714180354j:plain

「註の新たな註」
「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。

ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣
「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、
両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、
高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、
関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。

Amazon田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。
ぜひご利用下さい!

f:id:nippon2014be:20180703001233j:plain

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.283『ちっちゃいなぁw河野太郎ちゃま❣ ヤッシー本人はブロックせずに、事務所&文字起こしアカウントを排除!』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.283『ちっちゃいなぁw河野太郎ちゃま❣ ヤッシー本人はブロックせずに、事務所&文字起こしアカウントを排除!』と題してお届けをいたします。

土曜日、首相主催「桜を見る会」の時間よりも早くにですね、北朝鮮の側が ICBM であったりあるいは核実験であったり、メディアは必ずですね「そんなことは本当かよ」って言わなきゃいけないみたいに思っている。でもそんなことを言っていたら「圧力をかけててこれは生まれたんですか?」と。そうじゃないことは世界中みんな知っているわけで、昨日申し上げた甘利明さん以外はみんな「違うよね」と思ってるわけですよね。そりゃ紆余曲折はあります。でもそれが政治でしょ、外交でしょ。あるいは会社の交渉だってそうじゃありませんか。「おたくと提携しますよ」でトントン拍子に・・・、むしろその方が「社内の社風が違う」だのなんだの、いろんな党内抗争は出てくるわけでありまして、紆余曲折があったって最後にまさに、それがクリエイティヴ・コンフリクトとヤッシーが述べているコンフリクトってのは「争い」です、「クリエイティヴな葛藤」というものが必要なわけでございます。

f:id:nippon2014be:20180411095132j:plain

でもまあ河野さまは、だって皆様、考えてみれば3月31日に高知市で講演された時にですね「(過去に)核実験をやった実験場でトンネルから土を運び出し、次の核実験の用意を一生懸命やっているのも見える」と。「核やミサイルを二度と動かすことができないようにしなければ、北朝鮮への対価はない。国際社会は一致している」「北が『さあ、平壌に来てください』と言って皆がこぞって行くようになったら、足元をみられる」「日本は何もやらなくていいのかという評論家がいるが、何もやらなくて構わない。焦る必要は全くない」っておっしゃったわけでございます。

そして以前から申し上げているように、3・11というですね、追悼のわずか1時間前に「50万個の子宮」を連想させるようなですね、黄色いオムレツにですね赤い血を塗りたぐったようなものを着て歩いてらっしゃる。

これに対してまたですね、その前にそれは外務大臣がそこを見に行った場所で「着てください」と言ったもので、そこで着てスタッフが向こうの主催者がアップするならともかく、ご自分のTwitter にそれを載っけられて、1時間もたたないうちに神妙な顔をして追悼式に行くってのが、地位あるべき方のやることなんでございましょうか?これは私がですね「『脱ダム』宣言」を出した後の、議会が紛糾をしてる時間帯にですね、アードマン・プロの『ウォレスとグルミット』の生みの親のニック・パーク監督がガラス張りの知事室までやってきて、ヤッシーとですねニック・パーク監督の、当時、なんとか『チキンラン』っていう、ハリウッドと初めて組んだ、ドリームワークスと組んだ時だったんですね。それの両方の着ぐるみがいて楽しくしてたのと全然違いますからね。

 

ワクワク・ドキドキ県庁見学夏休みスペシャル★田中知事に何でも聞いちゃおう!★

誰でも”子ども記者”会見(第3回) 平成18年(2006年)8月10日(木)15:00~15:30 県庁 県民ホール

f:id:nippon2014be:20180425203403j:plain

「『脱ダム』宣言」が理解できない議会と戦う前に「これをした」っていうのがですねエネルギーでございますけれども、

3・11の追悼式の前にですね「50万個の子宮」を思い浮かべるようなものをですね着てしまってそれを自らアップすると・・・。でもこれに対して、河野さんは「これもきちんとPRだと思って・・・」、誰のPRだよ?!卵協会だってこんなもの見たくもありませんでございますよ。で、お話をいたしますと河野太郎さまがなんと、ヤッシーはブロックしてございません。ところがご存じのように田中康夫事務所のアカウント、そしてですね文字起こしのアカウントこれはブロックされているんですよ皆さん。

 

田中康夫Office( @yassy_office )から見ようとすると…

f:id:nippon2014be:20180425214744p:plain

田中康夫 Speech To Text Online( @YTSpeechToText )から見ようとすると…

f:id:nippon2014be:20180425214803p:plain

公の立場にあられる方が、ちなみにお調べいただきたいんんですけれども、ヤッシーは誰1人としてブロックしておりません。ヤッシーをブロックしている方は「50万個の子宮」の方をはじめとしてですねいらっしゃいますし、

f:id:nippon2014be:20180425210150j:plain

昨日お届けした三浦瑠麗ちゃまも「可愛らしい」もので、三浦瑠麗ちゃまもヤッシーをブロックするなんておバカなことことはしませんよ。

それは一般の反論する場のない方が、自分がたまたま書いたTwitterに対してすごい攻撃的なことをすると。それを見ざる言わざる聞かざるになりたいというのは分かります。でも我々バイ・ネームで仕事をしている人間は、見ること聞くこと言うこと言いまくりばっかりをしている方が、見せることをさせないというのは、これは情報公開でないということで、まさにご自分が卒原発なのか脱原発なのか反原発なのかは知りませんが、それをやっていた方がすべて歴史改ざんで消してしまうと言うことにつながるものだなと思います。

f:id:nippon2014be:20180425210727j:plain

ま、これでヤッシーツイッターもブロックされるのか、 私、別に「氏ね」とかですね「殺しに行く」とか書いたわけじゃございませんよ。「殺しに行く」って書いたらすぐに警察が来るに決まってます。言論の場として申し上げていて、そしてこのチャンネルをご覧になられている少なからずの方々がですね、ヤッシーが述べていることは「確かに河野太郎ちゃまは変節をしちゃったね。なんだか変なんじゃないの」って「韓国行く前にいっぱいサウジアラビアとか行ってるけれどサウジとあの辺の問題を何も解決できないじゃん」て、そしてまさに今回のですね、トランプ氏の元にですね金正恩さまからは「アメリカの人間で、北朝鮮が現在拘束している人は返します」という話まで出てきたのに、あれだけ安倍さんが「enthusiastic」、日本はですね「熱を持って」って訳してますが「enthusiastic」ってのはもう違うんですよ。「動転しちゃって、フヒャー」ていうのでございますからね。「enthusiastic」って書かれた安倍さんが、トランプさんから「横田めぐみさんをはじめとしてどなたか帰ってくる」などということは何も連絡がないわけでございますから、「外務大臣、今こそ出番」なんじゃございませんか?本当にね。

小野寺五典さんもだいぶんお疲れになられているのか、ヤッシーとよく会っていたような時代とはちょっと最近おっしゃることが変わってきてしまったような気がしなくもございませんが、っていうことで『ちっちゃいなぁw河野太郎ちゃま❣ ヤッシー本人はブロックせずに、事務所&文字起こしアカウントを排除!』、是非河野太郎ちゃまをお好きな方は太郎ちゃまに「何でヤッシーの事務所と文字起こしのアカウントはブロックしちゃったの?」ていう理由を是非お聞きいただきたいと思います。公人でございますからよろしくお願いいたします。皆さんからもどんどんどんどんお聞きいただければと思います。はてなブログだけじゃなくて『OK WAVE』あたりでですね「なんでこんなことが起きているのか?」と言うと、もしかすると河野太郎ちゃま本人から、ホントみんなが「大変よくできました」でマークをつけるような、田中康夫事務所、田中オフィスとですね文字起こしのアカウントをブロックをした理由がですね、香ばしく教えていただけるかもしれません。おおあとがよろしいようです。

内閣人事局 G20サミット事務局 「書きっぷり」w比較写真

 

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.196『間違いだらけの太郎ちゃんPart1 お前さんは平成の「松岡洋右」かよ!』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.229『そんなに戦争したいの「脱原」太郎クン? 「日朝対話派」静香ちゃん・二階さんの爪の垢を煎じて飲みなさい!』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.236『「対話はしないが雑談はする!」 もはやアメリカからも「お荷物扱い」?「害無・誤植w外務」太郎ちゃん(涙)』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.242『やっぱりw間違いだらけな「朝日新聞」の「意識高い系」 朝鮮半島・HPVワクチン&オランダ人形w』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.243『チンパンジーこそ判る「だから、言わんこっちゃない!」朝鮮半島

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.244『河野太郎飯島勲・三浦瑠麗etc. 間違いだらけのインテリジェンス・オブ・JAP』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.267『頭が痛いぜw 国益を毀損する害・無能省の河野太郎ちゃまを一刀両断!』

f:id:nippon2014be:20180714180354j:plain

「註の新たな註」
「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。

ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣
「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、
両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、
高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、
関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。

Amazon田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。
ぜひご利用下さい!

f:id:nippon2014be:20180703001233j:plain

2018年4月24日 TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう一直線 ロイター企業調査安倍首相続投「望ましい」73%を巡って 経団連会長財務省を厳しく批判 共産党暴露下村発言 自民・岸田氏「二階派に負けた」 電話ゲスト 田中康夫

f:id:nippon2014be:20180213104438p:plain

f:id:nippon2014be:20180227191525p:plain

 

本日4月24日放送「生島ヒロシのおはよう一直線」は上記リンクにて5月1日(火曜日)早朝までお聴き頂けます。

[生島ヒロシ]さて、今日はですねニュースに触れていただくのは作家の田中康夫さんですね、康夫ちゃん。
[田中康夫]はい。おはようございます。
[生島]まずはですね、意外だったんですけど「安倍総理の続投、7割が支持している」と。これ、ロイターの企業調査なんですね。

 

4月ロイター企業調査

資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象に4月4日─17日に実施。回答社数は240社程度。

米国による鉄鋼・アルミ製品への高関税をはじめとする貿易紛争が事業に影響する懸念があると回答した企業が4割にのぼった。

企業にとっては政権安定による アベノミクス継続が事業活動にプラス との考えが勝っている。

安倍晋三首相が自民党総裁に3選されることが望ましいとの回答が7割を超えた。

次の政権も安倍首相続投による与党政権継続が望ましいとの回答が6割を占めた。次期首相も5割が安倍首相を支持した。

「政策が大きく変わらないことが経済の安定をもたらす」(金属製品)

景気対策を実施しているから」(輸送用機器)、「業績、 女性活躍、インバウンド効果など、効果が 出ている」(建設)、「経済重視の方針は有利に働く」(卸売)などの声が聞かれ、幅広い業種がメリットを享受

首相の3選は 「望ましくない」とする回答も27%あった。「一連の不祥事が(政策推進の)足かせになる」(小売)、「将来の財政破たん回避に向けた動きが見られない」(電機)、「長期政権の弊害」(鉄鋼)など様々な課題が指摘

「世の中が大きく動こうとしている時に、モリカケ問題だけに固執する野党、マスコミのあり方にも問題がある」(建設)

石破・岸田両氏については「真面目すぎる」(小売)

「石破氏はタカ派イメージが強すぎる」(運輸)

[田中]毎月ロイターは企業の調査を、10億円以上の資本金、中堅・大企業400社を対象にしてるのね。これはね何かというと「アベノミクス継続が活動にプラス」という考えが大半で「安倍さんが自民党総裁に3選されるのを73%が期待している」っていうんだけど、理由はね「非常に景気浮揚している」と。「女性活躍、インバウンド効果が現われてる」っていうんだけど、(一方では)アメリカの鉄鋼問題とかでも「日本は「地球儀俯瞰外交」から「地球儀“傍観”外交」に陥っちゃってるんじゃないか」って言ってる人もいるんだけれどね・・・。あともう1個はね「世の中が大きく動こうとしている時に、モリカケ問題だけに固執する野党、マスコミのあり方にも問題がある」 って回答した企業(建設業)もあるっていうんだけれど「元々の製造者責任はどこから出てきてるか」っていうとね「煙の立たないところに・・・」って話になるからね。それとね、安倍さん以外に関して言うと「石破・岸田両氏については「真面目すぎる」」 小売業の企業から、「石破氏はタカ派イメージが強すぎる」 (運輸業)って言うんだけれど、安倍さんだってタカ派で売ってきたところあるからね。世論調査は軒並み(支持率が)下がっているわけだしね。

 

内閣支持率29% 第二次以降最低に テレビ朝日

[生島]昨日、森永卓郎さんがおっしゃってたんですけどね、安倍さんもいろいろ問題があると。一方で安倍さん以外の人で名前が挙がっている人は、やっぱり財務省寄りでね、これがまたねこれで頭が痛い、前門の虎後門の狼だって話になったんですよ。
[田中]もちろん仰るとおりだと思うんですよね。でも、「北朝鮮や中国やロシアで次期リーダーは誰が良いですか?」って聞くのと同じような企業人の反応っていうかね、アメリカやヨーロッパだったら、もうちょっといろんな人がいる。じゃあ人材が育たなかったのは小選挙区制のせいなのかなんなのか?っていうことだからね。ここもやっぱり日本全体で考えるべきことかもしれませんよね。
[生島]ですね。
[田中]1億3000万人いる国ですから。一方で、経団連榊原定征(さだゆき)会長もね、「品位に欠け 財務省筆頭幹部としてふさわしくない」っていうふうに福田淳一さんのことは言っているんだけれども。「辞めなさい」と。

 

「品位に欠け 財務省筆頭幹部としてふさわしくない」経団連会長 23日会見

「まさに品位に欠ける。国の政策のかじ取りに大きく関与する財務省の筆頭幹部として全くふさわしくない」と厳しく批判

財務省は官庁のトップで、本来なら日本人の模範となる方々が集まっている集団なので、われわれが言うまでもなくしっかりと襟を正してほしい」

財務省トップの麻生副総理兼財務大臣の責任について「進退は私が申し上げることではない。一連の問題に対処して正常化を図ることも重要で、麻生大臣ご自身が決めることだ」

[田中]だけどこれで、今も仰っていたように辞めてしまったら退職金は出たままで、多分「民間人になるから予算委員会にも呼ばないんですか?」って話になってきちゃうからね。

 

自民・下村氏「週刊誌に売ること自体がある意味で犯罪」

【音声】共産党が公表した下村博文・元文部科学相の講演音源=共産党提供

下村博文文科相が22日の講演会で「日本のメディアは日本国家をつぶすために存在しているのか、と最近つくづく思う」と発言していたことが、共産党が23日公表した音声データで分かった。

「確かに福田事務次官はとんでもない発言をしたかもしれないけど、テレビ局の人が隠してとっておいて、週刊誌に売ること自体が、はめられてますよ。ある意味犯罪だと思う」

被害者を「犯罪者」扱い/下村元文科相、セクハラ告発に/「福田次官ははめられた」- しんぶん赤旗

自民党下村博文文部科学相は23日、セクハラが疑われている福田淳一財務事務次官の発言を女性記者が録音して週刊誌に渡したことを「ある意味で犯罪」と述べた事実を認め「表現が不適切だった。撤回し謝罪する」とのコメントを出した。」 共同

[田中]で、下村博文さんもこれ、すごい発言だよね。「確かに福田事務次官はとんでもない発言をしたかもしれないけど、テレビ局の人が隠してとっておいて、週刊誌に売ること自体が、はめられてますよ。ある意味犯罪だと思う」って発言は、ハニートラップだと(言ってる訳で)、

 

下村元文科相がセクハラ告発したテレ朝女性社員を「ある意味で犯罪」と批判 音声公開

[田中]むしろこれは、テレビ朝日が彼女が相談した時に配置転換をするとか、財務省に「組織として少し襟を正して欲しい」とかって言わなかったってところが一つ問題になっているわけですからね。しかもこれ、発言が出てきたのも、22日の講演会でお話になった「日本のメディアは日本国家をつぶすために存在しているのか、と最近つくづく思う」ってすごい強い言い方をしてるんだけれど、これを報じたのが『しんぶん赤旗』という日本共産党の新聞なんだよね。でも、彼の講演会で、元文科大臣だから同行している記者がいるのに、記者からはこれに対して何も出てこないってところもやっぱりメディアの劣化なのかなっていう気がしますよね。
[生島]なるほどね。
[田中]榊原さんも「取材のためならどこにでも行くという姿勢が、マスコミに求められているのか」って昨日の会見で言ってるっていうんだけれど、ここで突っ込まないってところがね。いじめようとかってことじゃなくてそれぞれのリーダーですからね、それに対して記者がみんな萎縮してるというか、ちょっとここは・・・。もう一つ昨日、二階俊博さんの派閥のパーティーってのがあったんですね。

 

首相支持「血にじむ努力で」=自民・二階派がパーティー

f:id:nippon2014be:20180424193111j:plain

来賓として出席した首相はあいさつで、「二階氏には幹事長、大黒柱として党を支えていただいている。昨年の衆院選では圧倒的な勝利に大きな貢献をしていただいた」と持ち上げた。

政治資金パーティーを開いた。会長の 二階俊博 幹事長は「与えられた重要な職責を全うするため、日夜血のにじむような努力を積み重ねなければならない立場にある」。

パーティーでは総裁選には直接言及しなかった が、「 皆さんと一緒に政治を切り開いていく道を歩んでいきたい 」と、派の結束を呼び掛けた。

自民・岸田氏「二階派に負けた」

[田中]安倍さんもいらっしゃって「二階氏には幹事長、大黒柱として党を支えていただいている。昨年の衆院選では圧倒的な勝利に大きな貢献をしていただいた」って言ってるんだけれど、二階さんは「皆さんと一緒に政治を切り開いていく道を歩んでいきたい」と言ったっていうんで総裁選には直接言及はしてない。直接言及はしてない。だけど(そりゃ)、派閥のパーティだから「皆さんと一緒に」っていう話ですよね。で、二階さんは(今後)どういうふうに展開されるのか、いずれにしても今度26日木曜日に予算委員会を開いてそれで連休に入るから、「皆さん、国民は忘れるでしょう」って話だとね。

 

内閣支持率続落 23日付

「毎日」支持30%(マイナス3)不支持49%

讀賣」支持39%(マイナス3)不支持53%

麻生財務相「辞任するべき」毎日51%・読売50%

23日付毎日新聞朝刊は、安倍晋三内閣の支持率が前回比3ポイント低下の30%となり、不支持率49%を下回ったと伝えた。また、同日付読売新聞朝刊は、内閣支持率が同3ポイント低下の39%、不支持率は53%

[生島]そっか。
[田中]自民党を支持してる人だって「丁寧に説明責任を果たす」って安倍さんは言ってるのに「いつ丁寧になるのかな?」って思われているところがね、これはまだまだね、連休明けも・・・。そうすると空洞になっちゃうからやっぱりきちんと、逃げないでやってほしいですね。
[生島]そうですね。まあホント「日本よ、もっと真っ当になって!」って感じありますよね。
[田中]本当にそうですよ。世界からどう見られているのか?っていうねところだと思います。
[生島]意識して欲しいです。

 

9月の総裁選へ再びやる気の安倍首相/政界地獄耳

★米国最優先の首相・安倍晋三が、さして成功ともいえない日米首脳会談を終え、何やら再びやる気をみなぎらせている。図らずも森友・加計学園疑惑からスピンアウトした財務事務次官セクハラ問題は、週刊誌のゴシップから社会問題になった。財務省内の浮世離れした価値観や女性観、無意識のパワハラが露呈。それに輪をかけて、世間ずれした副総理兼財務相麻生太郎の、これまた忖度(そんたく)のない発言に国民はげんなり。その結果、首相への攻撃や関心が薄れたことに気を良くしたのか、首相は9月の自民党総裁選に向け動きだした。

 ★また、沖縄市長選の勝利、新潟県知事の辞任など、与党には好材料が続く。官邸周辺は「些細(ささい)なことでもいい話だと、官邸全体が鼓舞する感じだ。財務次官の対応で官邸内もキリキリしていたが、辞職して一息ついた感じだ。今週、野党やメディアは麻生の去就を焦点にするだろうが、麻生は、今秋の消費税最終決断に意欲を燃やしている。人事に着手して体制を立て直すつもりだし、首相はそれを支えるつもりでいる。次官辞任で、財務省はリセット感を出すだろう」と、乗り切ったと考えているようだ。

 ★首相にも、東アジアの安全保障は自分にしかできないし、中国、ロシア、韓国、北朝鮮対策は、米国と万全に取り組んできたという自負がある。しかし、拉致問題にしても、自らの政権で前に進めたということはなく、今回もトランプ米大統領に陳情しただけではないか。この“国難”を利用して、政権の浮揚を図る。「安倍にしかできない」をアピールするようだが、北朝鮮はさまざまなチャンネルを使い「安倍政権の時には(外交を)動かさない」というシグナルを出している。国会は、カジノを含むIR整備法案と働き方法案の審議は無理せず、会期末までおとなしくしている。自民党総裁選に向け、人事と内閣改造で切り抜ける。官邸の腹積もりはこんなところか。(K)※敬称略

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

2018年4月17日 TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう一直線 腹心の友💖産経新聞朝刊1面で財務事務次官更迭大誤報の赤っ恥をかかせた首相官邸💦 訪米後の21日に夫唱婦随で参加の桜を見る会は果たして🌸 イラク日報隠蔽問題 ほか

 

日米首脳会談@パームビーチ 2018年4月18日 日本時間6時8分終了

「THE WASHINGTON POST」日本時間6時13分配信 CIA Director Pompeo met with North Korean leader Kim Jong Un over Easter weekend

朝日新聞日本時間7時22分配信 米朝会談で拉致問題提起 日米首脳、圧力維持で一致

朝日新聞日本時間10時53分配信 米CIA長官、平壌金正恩氏と会談か 米紙報道

「誤送船団」記者クラブを嘲笑う追い打ちの記事w

「THE WASHINGTON POST」日本時間14:03配信 MIKE POMPEO'S SECRET SUMMIT WITH KIM JONG UN
f:id:nippon2014be:20180418145640p:plain

https://s2.washingtonpost.com/camp-rw/?e=eWFzc3lAdGFuYWtheWFzdW8ubWU%3D&s=5ad6d0d6fe1ff668a04cd296

更なる追い打ちが朝鮮半島からもw

韓国 「聯合ニュース日本時間14:48配信 極秘訪朝のCIA長官 在韓米軍基地から平壌入りか=韓国消息筋

愛国者」の皆さんに朗報!誤送船団記者クラブ加盟社としては米韓朝問題に関して比較的的確な見立てを報じている時事通信w 

時事通信日本時間14:49配信 情報機関主導が鮮明に=CIA長官が米朝会談準備

f:id:nippon2014be:20180213104438p:plain

f:id:nippon2014be:20180227191525p:plain

 

4月24日(火)早朝まで1週間、お聴き頂けます。

1時間半のスタジオ生出演の中で、冒頭の5時からのニュース、5時半からのニュース、6時過ぎからのニュースピックアップを文字起こししています。

[生島]さあそれではまずはこの時間のTBSラジオニュースです。陸上自衛隊イラク日報隠蔽問題で防衛省は435日分の日報、およそ15000ページを公開しました。日報にはですね、いわゆる「戦闘」という文字が少なくとも6箇所記載されていまして「戦闘が拡大した」という表現も見つかっています。また自衛隊の車両の近くで爆発があり、傷ついた車両が写真入りで記録されていたほか「自衛隊の宿営地に対して迫撃砲やロケット弾による攻撃が10回以上発生していた」と記載されていました。イラク復興支援特措法で自衛隊が活動できるのは、いわゆる戦闘地域ではない非戦闘地域と定められていたんですが、小野寺防衛大臣は「これまでの政府見解を覆す内容のものはなかった」という考えを示したということなんですけど、でもこれ、完全に「覆して」いますよね。

[田中]うん。まあやっぱりこうなると「「戦闘」っていう言葉が入ってたから出さなかっただろう」とみんな思うもんね。そうすると本当に現場の自衛官の人というものが、全く曖昧な宙ぶらりんの形で行っていたっていうのがね。

[生島]状況が変わってきたんだから「もう日本の憲法としてこれ以上は自衛隊員を送ることはできない」ってことを主張できなかったんですかね?

[田中]だから例の憲法9条の話もね「戦争放棄と書いて軍隊は持たないけれども、自衛隊を明記する」って言うんだけど、生島さんも英語でわかるように軍隊って「forces」って言うわけですよね。で、自衛隊は「Self Defense Forces」で、「forcesは持ちません」って最初に書いてあるのに「Self Defense Forcesは持ちます」ってね、多分・・・。

[生島]外国の人は理解できない。

[田中]こういったところからして、ますますなんか「日本はね、島国ですか?」って笑われちゃう話だから。

[生島]本当ですよね。

[田中]うん。

[生島]外交面でもいよいよトランプさんと安倍さんとの会談が始まりますけれども。

[田中]うん。

[生島]北朝鮮問題もね。

 

◎めぐみさんが拉致された日から40年となった昨年11月15日の会見

「政府は一生懸命、知恵を練って下さっていると思いましたが、40年たっても何もわからない状況に、一体何だろうか、信じてよかったのかとの思いが家族にはあります」と後悔の念

◎拉致担当大臣計17名 誰も訪朝せず

◎「拉致問題対策本部」のもと 拉致関連の会議体を6つも発足⇒開店休業状態

[田中]それも昨日の産経新聞あたりはほら「安倍さんからの北朝鮮情勢に関しての見解を聞いた上で米朝会談への対応をトランプさんは決める」って書いてあったんだけど(笑)、産経新聞、さすがにこれ牽強付会でしょ。

「トランプ米大統領金正恩朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談に向け、安倍晋三首相からの助言を期待している」

「首相の意見を参考に米朝会談への対応を決める意向だ」

「米政府高官は「大統領は北東アジアの安全保障に関する安倍首相の見識に、大いに敬意を払っている。北朝鮮を含む地域情勢について首相の見解を聞きたがっている」と強調した」

[田中]だってそんなこと言ったら、なんで10分前に、(米朝会談開催の日本時間で3月9日朝の)発表の10分前に電話でね、(しかも)携帯電話で教えてくれたの?になっちゃうから。どうも「地球儀俯瞰外交」が「地球儀傍観外交」になっちゃってるんだったら、もう一回気を引き締めないとって気がしますよ。

 

3・11追悼式参列の1時間前に「害・無能大臣」がツイートした「脳天気な動画」

[生島]いやホントそうですね。さて次のニュースです。『週刊新潮』が報道しました財務省福田淳一事務次官の女性記者へのセクハラ発言疑惑、財務省側はですね、福田次官に対する聴取結果を発表したと。これによりますと、報道内容を否定するとともに、辞任する考えはないということを明らかにしたと言うんですね。さらに名誉毀損にあたるとして新潮社を提訴する準備も進めていると。一方、新潮社は記事は全て事実と反論。双方の主張が真っ向から対立していると。で、財務省では今後、外部の弁護士に委託して調査を続けるとしていますが、委託したのは財務省と公務契約をしている弁護士事務所。また「女性記者には名乗り出て調査に協力をしてもらいたい」と報道各社を通じて要請をしているということですがさて・・・。

[田中]だけどこの感覚がさ・・・、だって自分の声で95%声紋鑑定(で本人)になってるんでしょ?もしかすると女性記者とのテープはまだあるのかもしれないよね。活字で書かれていた内容と今回公開されたのはだいぶ違う。

[生島]はいはいはい。

[田中]でも、もしかすると新潮社は様子を見てるのかもしれないよね。こうやって居丈高で出てきて来て「今週また行く」みたいな。

[生島]うーん。

[田中]だけど(福田財務次官が)「私は緊張感をもって職務に引き続き取り組む」って、「どの口が言う」って国民は・・・。「緊張感、じゃあ今までなかったのかよ」って話になっちゃうし、こういう形だとなんかますます・・・、だって「名乗り出なさい」って出るわけないでしょ?

[生島]ね。

[田中]うん。

[生島]例のあの山口(敬之)記者ん時の(伊藤)詩織さんとかもね。

[田中]そうなの。ただね一方で、メディアの側も考えなきゃいけないのは、多分、女性記者って政治記者とかにすごく多いじゃないですか。で、それが本当に男女共同参画で、優秀だからっていうことだと思うんだけれども、一方で「女性の記者が行くと気を許して喋ってくれる・・・」みたいなのが経済人でも政治家でもあると。

[生島]ありますね。

[田中]そういう形で配置をしてるんだとしたら、やっぱりそこは考えていかないと。それは他の国で女性がメディアに進出しているのとちょっと違う、という話になっちゃうと、また世界から不思議な国って見られちゃうから。

[生島]いやもっともです。さて安倍総理アメリカのトランプ大統領との首脳会談のため、今日羽田空港出発ということです。別荘で首脳会談を行うと。で、ゴルフも行うと
こういうことなんですが、会談で両首脳は5月か6月上旬に行われる予定の、史上初の米朝首脳会談を前に北朝鮮に最大限の圧力をかける政策について協議する予定と。また総理はトランプ大統領に対して、北朝鮮による拉致問題米朝首脳会談で取り上げるよう協力を求めるということですが、さらにトランプ政権が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置に関しては安倍総理は制裁対象から外すよう日本の立場を説明していくものと見られるとこういうことなんですね。

[田中]アメリカのメディアでは、もうまさにトランプ氏はdeal(取り引き)の人だから、多分、日本的な気持ちからすると「これだけ一生懸命日本が尽くしてきて、恩情ってあるだろう」と思うけれど、恩情のない人だからねあの人はね、元々。

[生島]ないんだね、関係ないていう感じですよね。

[田中]今関心があるのは、それこそシリアであったり朝鮮半島であったりで。

[生島]しかしシリアにミサイルを打ち込みましたけれど、あれ北朝鮮はどう捉えているんですかね?

[田中]ただあれは、本当はやっぱり今回も、ジェームズ・マティス合衆国国防長官は「これ以上やっちゃいかん」と言ってるんですよね。それはやっぱり本当に、もちろんああいう映像として、大変な、泡を吹いてるようなかわいそうな子供とかいるんだけれども、あれをやってもシリアの体制は盤石のままなわけですよね。

[生島]ロシアも中国も支えるって言ってますよ。

[田中]支えると言ってる形になっていくとやっぱり、果たして本当にあれが、そういう化学兵器じゃなかった場合に、(大量破壊兵器があると誤認情報で前のめりに泥沼化していった)イラク(戦争の場合と)と同じになってっちゃうからね。もちろん今の状況が良いなんて全然思ってないんだけれども、だからトランプ氏からするとあれじゃないですか、ロシアに今まで一生懸命尽くしてきたのに、ロシアの側からいろんな選挙中のスキャンダルとかが出てきたから「もうお前らこれ以上俺のものは出せねえだろ」ってガツンと言ったのかもしれないけれど。

[生島]なるほど。

 

放送日翌朝の4月18日、日米首脳会談の「成果」を日本国大本営「外務省」が発表 2018/04/18 06:37:55 

【パームビーチ共同】安倍首相は、日米首脳会談で「トランプ大統領と二人きりで北朝鮮、経済の問題で相当深い話をした。非常に重要な点で認識を一致できた」と述べた。

2018/04/18 08:42:36 【パームビーチ共同】日米両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発について「完全かつ検証可能で不可逆的な方法」で実現するまで、北朝鮮に最大限の圧力を継続する方針で一致した。

その直後の「トランプディール」w日本時間4月18日9時 米国務長官指名のポンペオ氏、数週間前に金委員長と会談=Wポスト

ポンペオCIA長官が極秘訪朝、金正恩氏と会談

よゐこのお復習いとして>既に訪米前の報道

ポンペオ「朝米両国の指導者は非核化の条件を決定できるだろう」4月13日

米軍のシリア攻撃、「政権軍がサリン使用」の確証はなし

サリン使用、確証なくシリア攻撃 米CNN報道 共同通信

おまけw

4月12日Y’assy生誕記念号 田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.271『奇しくも今日はY’assy生誕祭 「わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯」』

[田中]その先を考えているジェームズ・マティス氏あたりが非常に冷静でいるから、マティスさんまでいなくなっちゃうとトランプ政権ってのはどうなっちゃうのかなって。

[生島]そして例の財務省のトップ中のトップですね、福田次官セクハラ疑惑。今度はですね、ある意味開き直ったんでしょうか、告発女性記者に調査協力を呼びかけ。『週刊新潮』側は音声データを公開すると。

[田中]SNS上では「マウンティングか?」って言ってますよね。結局ほら、動物のマウンティングは愛情あふれる映像だけだけれども・・・。

[生島]ね。しかしお酒が入ってね飲み屋さんでホステスと冗談交じりに色々言いますけれど、なんかやっぱりもうちょっと・・・。「ダイレクト」が好きなんですねこの次官はね。

[田中]録音テープを聞くと・・・。だけどなんなの?法律事務所を入れて情報提供を求めるって。なんかね・・・。

 

財政研究会加盟各社 御中 財務省大臣官房長
福田事務次官に関する報道に係る調査への協力のお願い(役所情報お貸し下げ親睦組織・記者クラブへのスラップslap的通告)

f:id:nippon2014be:20180418121420p:plain
https://www.mof.go.jp/public_relations/ohter/20180416B.pdf

財務省は、福田淳一事務次官に対して行った聞き取り調査の結果を16日に公表しました。全文は、以下のとおりです。

財務省・福田次官のセクハラ否定の言い分がヒドい! 新潮はもっとえげつないセクハラ録音データ公開で対抗か

 

[生島]それから『週刊文春』、また文春砲があるんですか。女性問題が掲載されるらしいですけれども、新潟の知事の米山さんが辞職するということらしいですよ。

[田中]まあ、どういう内容かがまだわからないけれども。一方で「潔く」な人がいてね。

[生島]そうですよね。

[田中]居直れば得とか、時間稼ぎをすれば得っていう発想がやっぱり驕りだよね。

*

[生島]「生島ヒロシのおはよう一直線 今朝のニュースピックアップ」。田中康夫さんにニュースを触れていただきます。いよいよ安倍さんピンチじゃないかという声が出てきましたね。

[田中]今日発売の『週刊朝日』で小泉純一郎さん、まあある意味じゃ安倍さんの後見人だった人ですよね。「本当ならとっくに辞めてなきゃいけないはずなのに、バレてる嘘をぬけぬけと今も言ってるなあと、呆れているんだよ」って、発言されてるの。
[生島]ほぉ、これ本音ですね。

[田中]でね、僕はこの間思ったのはね、石原信雄さんっていう官房副長官だった方、この人は竹下内閣からいわゆる羽田内閣を経て村山内閣まで7代務められた官僚の出身の方(竹下・宇野・海部・宮澤・細川・羽田・村山 1987~1995 7代)、そしてその後に古川貞二郎さんっていうこの方も村山内閣から小泉内閣まで5代続けた方(村山・橋本・小渕・森・小泉1995~2003 5代)、この二人がね「今回の改竄ってのは行政官として万死に値する」と。「民主主義の破壊そのものだ」と言ってんの。

 

公文書改ざん「万死に値」 古川貞二郎内閣官房副長官 「強まる忖度」に警鐘 古川貞二郎氏インタヴュー 

「行政官として万死に値する。民主主義の破壊そのものだ。国民は何を信じてよいか分からなくなる」

「なぜ、うその答弁が必要だったのか。そこが解明されない限り、国民の不信感は消えない」

「権力の座にあるリーダーは、誤解を受けないよう、本当に親しい人でも遠ざけるのが政治の在り方だ」

[田中]これ、なんでそういう風におっしゃるかと言うと、昔の日本書紀とか古事記とかこういうものはやっぱり役所の記録だったわけですよね。で「それが歴史なんだ」と。「だから国というものが、そういう歴史を改竄したり隠蔽したりしちゃいかん」ってのが彼らの意見なんですよ。で、それは同時にね、伊吹文明さんて衆議院議長をこないだまで務められた方、彼が「安倍首相が内閣を代表して衆参両院議長にお詫びに来ないといけないほどの問題だ」って言ってんですよ。

 

「改ざんした文書とか、ないと言ってた文書が国会に出てくることは、三権分立上ありえないこと。本来は、内閣を代表して総理大臣が衆参両院議長にまずおわびに来ることをやらなければいけないほどの問題」

「安倍(晋三)さんの最初の対応が率直に言ってまずかった」

「忖度をさせないような振る舞いを、やっぱりしかるべき地位にある者はやらなければいけないという道義的な問題なんです」

[田中]やっぱり改竄という、民主主義なんて言葉がある前から日本書紀の時代からの問題を、こんなふうに扱っていていいのかと。だからやっぱりこれがほら、世論調査で色んな所で軒並み苦しいと言われてるけれども、とりわけ日本テレビが調査したのでは支持率が2割台てなったわけですよね。

 

「お父さん、これ自分でつくったんですか?」「自民党からもろてんねん」『真相報道バンキシャ!

f:id:nippon2014be:20180417212020j:plain
https://buzzap.jp/news/20180416-ganbare-shinzou/

 

NEWSの窓 政治 安倍内閣に次々大問題 うそは、いずればれる - 毎日小学生新聞2018年4月14日

f:id:nippon2014be:20180417213502p:plain

[生島]そうですよ30%を切りました。

[田中]「安倍さんの国会答弁と愛媛県が作成した文書、どちらをあなたは信憑性が高いですか」っていうのに対して、愛媛県が66.8%安倍さんが8.6%ってなっちゃってたわけでしょ。

f:id:nippon2014be:20180417175707p:plain

http://www.ntv.co.jp/yoron/201804/soku-index.html
[生島]あらあら・・・。

[田中]今回も支持率が下がって、その人たちがみんな日テレの調査の場合で言うと「わからない」ってところに入ってるんですね。そうするとやっぱり、あのトランプ氏でもコアな支持って3割あるわけじゃないですか、何があっても。

[生島]なるほど、うんうん。

[田中]でもその3割のコアの支持の人たちも、やっぱりなんかちょっと戸惑っちゃってるって形だろうと思うんですよ。

 

「Y’assyメモ」NNN世論調査

元々日テレは支持率が低く出るとは言え、「支持しない」は0・4%の微増で53・4%、「支持する」が3・6%減少で26・7%

で、「わからない」が3・3%増で20・0%というのが深い

即ち支持率3割のトランプと同じで安倍ちゃまマンセーなコア支持層3割の中からも、「わからない」へとSwing Voters(浮動票)化している。これは「着地点が近い」

[田中]で、そうすると今回、今日(17日)からアメリカに行かれるって言うんだけれども、例の「私の記憶の限りでは会った記憶がない」っておっしゃってるあの経産省の柳瀬唯夫さん(元首相秘書官 内閣総理大臣秘書官➡経済産業政策局長➡経済産業審議官)っていう方、この方がTPP担当なんでアメリカに一緒に行くわけですよね。

 

「会っていないと言えない」柳瀬氏、愛媛職員と 毎日新聞 2018年4月17日 06時45分(最終更新 4月17日 06時45分)

柳瀬唯夫氏

 学校法人「加計(かけ)学園」(加計孝太郎理事長)の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が愛媛県職員らと面会した際に「首相案件」と語ったとされる同県作成の文書がみつかった問題で、面会が国会で審議された昨年7月、柳瀬氏が周辺に職員らと面会した可能性を認めていたことが、政府関係者への取材で明らかになった。柳瀬氏はこの問題が報道された今月10日、愛媛県職員との面会について「記憶の限り会っていない」とのコメントを出しているが、説明が揺らぐ可能性がある。

 文書には2015年4月2日、愛媛県と同県今治市の職員が首相官邸で柳瀬氏と面会したと記されている。政府関係者によると、柳瀬氏は、参考人として出席した昨年7月25日の参院予算委員会の集中審議前後、周辺に15年4月2日の面会について説明した。同日は官邸内の会議室で、国家戦略特区の担当だった内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)と加計学園関係者と面会。藤原氏が同伴した4~5人の関係者が同席していたという。

 柳瀬氏は「藤原氏加計学園の関係者を連れてきたという認識。名刺交換をした記憶もなく、同席者が誰かは確認しなかった」とし、「職員と会っていないとは言えない」との趣旨の説明をしたという。柳瀬氏は参院予算委では「私の記憶をたどる限りお会いしていない」と答弁したが、実際には面会の可能性を認識した上での発言だったとみられる。

 文書には、柳瀬氏の発言として「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」と記載されていた。一方、藤原氏は昨年6月15日の参院農水委員会で「私や内閣府の担当職員が4月2日に今治市の職員を官邸に紹介、案内したことはない」と答弁している。柳瀬氏との面会に同席したとされる愛媛県職員は取材に「コメントできない」としている。

 自民党伊吹文明衆院議長は16日夜、BS11の番組で「いろいろな情報を聞いていると、柳瀬氏は『やっぱり会っている』と言わざるを得ないのではないか」と指摘した。【杉本修作、花澤葵】

(柳瀬氏は)昨年夏から、事務次官級の事務方ナンバーツーである経済産業審議官に就任している(審議官という名前がついているが、普通の審議官とは全く格が違い、局長や官房長、外局の資源エネルギー庁長官、中小企業庁長官などよりも上で、格としては、事務次官級である)。

[田中]だから僕は、来週「証人喚問だか参考人招致かなんかで柳瀬さん来週」って言ってて、だってずっと今まで「こんな(モリカケ)問題(は)関係ないよ」って言ってた人達は「(100%日本と共にあるアメリカと一緒に北朝鮮に圧力を掛けるべき国難の時に下らぬモリカケで)空転してる空転してる国会は」って「野党は重箱の隅(ばかり突きやがって)」って言ってたのに、一方で、この人がそっち(アメリカ)に行くと。でもそれはアメリカでもヨーロッパでもみんな、今、報道でまさにそのクローニズム(Cronyism)とかネポティズム(Nepotism)ていう英語の単語で、非常に「お仲間主義、身内主義、縁故主義」ていう言葉で報じられている時に、そういう登用してきた人、財務省事務次官が同期で3人(木下康司・香川俊介・田中一穂 1979年入省)が事務次官になったんですよね。そうすると優秀だった期かもしれないけれど、やっぱりそれは内閣人事局というところで、同期3人も(事務次官就任)したのが公明正大だったのか?てことを、役所で働く人たちもみんな思ってきちゃってるんじゃないのかていう気がするんですよね(続いて佐藤慎一80年入省 福田淳一81年入省が事務次官に)。

[田中]そうすると、僕は3月2日に森友の改竄文書てのが出てきた時から、これは結構、着地点は近いんじゃないかて思って。実は皆さん意外に思われるかもしれないけれども、僕は安倍さんとも携帯電話番号を知り合ってて、何度か首相動静には載らないけれど食事をしたこともあるけれども、僕はやっぱり安倍さんとか親しい人にも(3月上旬の段階で)「一敗地に塗れる前に、やはりきちんと決断すべきじゃないか」と(諫言してきた)。ところが自民党の人達は「支持率は下がっても自民党支持率は野党と違って2倍もあるぜ」って言ってんだけれども。

 

NNN世論調査

自民33.4 公明4.0 与党37.4 野党16.0 支持政党なし44.4

立憲9.5・共産3.4・希望0.7・民進1.2・自由0.3・社民0.9 16

維新2.2

http://www.ntv.co.jp/yoron/201804/soku-index.html 

[田中]でも(最大多数は支持政党なしで)自民党(を支持してきた人々)にとっても自浄作用のない自民党ってのは「今までの自民党はそうじゃない、そうじゃなかったよ」っていうのが皆さんの思ってたところでもあるからね。

[生島]おそらくね、安倍一強で安倍さんには物言えないような状況があったじゃないですか。ところがここにきて小泉さんとか伊吹さんとか重鎮と言われた皆さんがですね、意見をしっかりと、「このままじゃだめなんだ」とね。

[田中]だからまあ、橋を渡ったところのフジテレビ論説委員の人なんか「政権を担えるのは安倍さん以外にいない」って、「自民党(の中にポスト安倍)もまだ育ってない」って言うけど、

[田中]それってほとんどワンマン社長が「俺の会社はまだ育ってない」って言ってるようなもんで、改竄があった時にはやっぱり会社の根幹だから。

[生島]そうです。

[田中]誰が責任取るのかな?っていうことになってくるとね、(訪米から)帰ってこられて21日に「桜を見る会」ってのがありますよね。でも奥様もご一緒に来るわけですよ。で、そこでどういうお話をされるのか?

 

21日(土)首相主催「桜を見る会」に招待された名古屋のNo1キャバ嬢ちゃまに関する香ばしい3発の記事

Vol.275『知らない仲じゃない安倍晋三さんにY’assyが諫言! 今週末21日(土)が「日本人の美徳」を示す最後のチャンスですよ。』

f:id:nippon2014be:20180418151609j:plain

[田中]僕はやっぱり、この日本のためにも、自民党のためにも安倍さんのためにも、国民のためにもやはり「6月の会期末かな」って小泉さんは言ってるけれども、そこまでの前に、やはり世界の中で空転しちゃってる日本てのはね、野党もやっぱりそこでただ「辞めろ」じゃなくて、「日本の空転を防ぐために自民党と一緒にやりましょうよ」くらいのことをね言うべきじゃないかな。

[生島]オール・ジャパンでね。

[田中]・・・とずっと思ってるんですけれどもね。

[生島]はい。田中康夫さんでした。

 

人間国宝柳家小三治が「総理大臣、いつまでやってんだ」! ネトウヨ落語家・桂春蝶と対照的な姿勢

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

4月12日Y'assy生誕記念号 田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.271『奇しくも今日はY’assy生誕祭💖 「わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯」』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.271『奇しくも今日はY’assy生誕祭💖 「わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯」』と題してお届けをいたします。

1956年・昭和31年、「もはや戦後ではない」と言われた年の4月12日にですねヤッシーは生誕をしたわけでございまして、

f:id:nippon2014be:20180412194146j:plain

今日で62歳。『なんクリ』を書いたのが1980年で本が出たのが1981年で、まだ大学生の時でございますから、その時がちょうど24歳だったんでございますね、ヤッシーは一浪して一留でございますから。

f:id:nippon2014be:20180412194535p:plain

阪神・淡路大震災でヴォランティアをやった時は38歳でございまして、

f:id:nippon2014be:20180412194618j:plain

f:id:nippon2014be:20180412194628j:plain

知事になった時にはちょうど44歳でございまして、

f:id:nippon2014be:20180412195008j:plain


2003年09月22日 フジテレビ 「SMAP×SMAP BISTRO SMAP」 ゲスト 田中康夫 

知事を退任したのが50歳だったという形で、結婚しましたのが2010年でございますから、

f:id:nippon2014be:20160620074602p:plain

それまでにヤッシーが何百人という女性の方と付き合ってきたわけなんでございますけども、誰1人も何も言わないというところが見捨てられているのかよっぽどヤッシーが「口説くを」施したのかということでございますけど、それが今から8年前でございますので54歳ということなんでございますね。さて、今日4月12日というのは実は「世界宇宙飛行記念の日」という、ガガーリン少佐が初めて空を飛んだという日なんでございまして、あとはですね有名どころで言いますとデイヴィッド・キャシディってパートリッジ・ファミリーという、もう亡くなってしまいましたけども、そのうち「たまらなく、AOR」で掛けようと思ってこないだヤッシーの8000枚くらいのレコードの中からデイヴィッド・キャシディのレコードを買ってたのを思い出しましてですね、一生懸命探して参りましたけども、そのうちお掛けしようと思いますけども。

f:id:nippon2014be:20180412195116j:plain

わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)

わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)

 

『わしの眼は十年先が見える』っていうのは何かと言うと、皆様ご存じの城山三郎さんという作家がいらっしゃいました。この方も一橋、っていうか東京商科大学のご出身だったんでございますけれども、城山さんは私のですね予備校の、駿台高等予備校と当時言われていた午前部文科一類の、最初C組でその後B組になったんですけど、C組の時の前の席に座ってた人がですね、杉浦君っていう、これが城山三郎さんの息子さんだったんです。城山三郎さんってのは、なんで「城山三郎」さんっていうペンネームにされたかって言うとですね、一橋を出られた後、愛知学芸大というところで勤務をされていたんでございますけれども、そこで景気論とかを講義されていたんですけれども、その時に小説を初めてお書きになって応募する時に、城山3丁目というところに住んでたんで「城山三郎」とされたということでございまして、「太郎次郎三郎時代」というふうに言われたわけですね、司馬遼太郎それから新田次郎城山三郎というふうに言われました。彼はもともと海軍の特別幹部練習生だった方なんで、まさにそういったところに行ったんですけど、非常に護憲派であった方であります。晩年に小泉純一郎さんが首相になった時に、週刊文春で「小泉さんに期待する」という対談をしたのが多分、晩年、自分の最も、なんかちょっと恥ずかしかったかなという感じがないかな、と思います。大変な愛妻家でございまして、奥さまが先に病気で亡くなられた後にですね、ゴルフが好きで、ご自分がすごいスランプの時にもゴルフをすることで何とか抜け出したと。で、同じく亡くなられた渡辺淳一さんが「城山君、一人でそんな茅ヶ崎に住んでてなかなか大変だろう、身の回りが」と。「誰か女性を紹介するよ」って言った時にですね、しげしげと渡辺淳一さんの顔を見て「君のお古じゃないだろうな」って言ったってのが城山三郎さんらしいって感じがします。その杉浦君とはですね私が予備校出た後も、彼は慶応に行ったんですが、仲が良くてお家に何度か遊びに行くと「静かにしなさい」と言って、原稿を夜書いてらっしゃるので、というようなこともありました。

城山三郎さんの本に『官僚たちの夏』という本がございまして、これは当時の通商産業省の中で、実はこの中でどんどん出世をしてって「そうじゃない、日本のことを本当に考えてる」という人が出てくるわけでございますけど、どんどんどんどん行っちゃうってのが実はなんと今井善衛さん、今の秘書官の今井尚哉さんのご親戚だったりするっていう奇しくも話でありますが、この中に1ヶ所、女の方の名前を間違えてるんでですね、秘書の方だったかな、間違えてる箇所がございまして、それを城山さんにお伝えしたら、当然新潮社から出てたわけで、新潮社の校閲というのは大変な能力が講談社と並んであったわけでございまして、いやいやいや、そこの人たちもチェックできなかったのをまだ当時大学生だった、ちょうど一橋に入る時だったんですね、予備校を出た後、城山さん家に初めて遊びに行って、というのも思い出すところでございます。この城山さんがお書きになった本でですね『わしの眼は十年先が見える』というのがこれが大原孫三郎という人の生涯の話であります。

 

大原孫三郎 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E5%AD%AB%E4%B8%89%E9%83%8E

大原孫三郎というのは皆さんご存じだと思いますけど倉敷紡績、倉紡それから倉敷クラレ、現在のクラレですね。あるいは倉敷毛織とかですね、あるいは現在の、岡山が本店の中国銀行の前身の中国合同銀行とか、あるいは中国電力の前身の中国水力電気会社の社長を務めたと。で、大原財閥を築き上げたという方でございます、と言うとですね、まるで富国強兵の人かのように思うかもしれませんけど、この方はそうじゃない。お父さんが倉紡を作られた、倉敷紡績を作られた大地主だったと。この方はですね、もう本当に遊び人で、お兄さんが2人亡くなってしまったんですけども、だから自分が継ぐことになるんですけど、早稲田、当時の東京専門学校に明治30年に入って、めちゃくちゃ遊んで『ブラザーサン・シスタームーン』のですね、聖フランチェスコみたいなもんでございますね。まあヤッシーのようなもんで、放蕩で遊びの限りを尽くしたっていうんですけど、ヤッシーとひと桁(ふた桁? み桁? by「田中康夫 Speech To Text Online」中の人)違いだったのはですね、殆ど学校に行かないで、なんと1万5000円、今のお金でだいたい1億円も借金抱えちゃって、親にさすがに呼び戻されて、中退をして倉敷に戻って謹慎処分をしてたと。その時に知り合ったのが、大変なこの方も人物でありまして、石井十次。石井に「じゅうじ」ってのは「十」という字に「次」という字を書く。この方はですね医学部にも入られた方だったんですけども、ある意味では、非常に貧困である人たちのために尽くすということで、キリスト教プロテスタントですけども、孤児院を作られたり、石井記念友愛社というものは今でも宮崎県、もともと宮崎のご出身。石井記念館というものがあるわけであるわけですね。この人に非常に影響を受けた。なので彼はすごい人でありまして、実はお父さんが社員寮内で明治39年に感染病を出して社員数名が死んでしまった責任を取る形で辞任した。今はですね、これだけのことがあっても辞任しないような人が大沢山でございまして、先日も話したカルロス・ゴーンなどという人は、本当にですね、流浪の民であったですねDNAを引く方とは思えないような居直り方ではなかろうかと思いますけども。で、彼が就任するんです。彼はすごいわけです、そこで工場の改善運動をするんですね。改善運動って言ったら、日本はまるでですね急進運動のようにですね、なんか生産効率を上げようってこと、そうじゃなくてですね、ちゃんと食事とかですね日用品の販売を会社が行うように頒布する。それまで飯場制度だったらしいですね。いわゆるその手の世界の方が、大相撲の周りにいるような方々がですね、倉敷紡績の工場の人たちの、そういうご飯だとかなんとか日用品も売ってテラ銭を稼いでいたと。それも止めて、社宅のような集団寄宿舎から社宅にしてったと。で、託児所も置いた。これはクレスピ・ダッダという場所がイタリアにございましてですね、川のほとりでミラノとベルガモの間にあるんですけれども、ここもやっぱりこういう工場作った。これは、クレスピ・ダッダっていうのは一族がですね、そういう一つの理想の地域を作ったんですね。これと同じような方がこの大原さんであります。

 

Villaggio Crespi d'Adda クレスピ村 アッダ川の工員の村 世紀末の工員村 - 労働の理想郷 - ユネスコ世界遺産
f:id:nippon2014be:20180412195717j:plain
http://www.villaggiocrespi.it/jp/

クレスピ・ダッダ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%80

大原さんはですね、ほとんどの利益をですね、日露戦争などで増えた孤児を救うために孤児院を作ったと。これらの支給金額は現在の金額で約数百億円に上った。古い重役とか株主がギャーギャー言うと、いつも常に「わしの眼は十年先が見える」ということを言っていた。ある意味じゃこの方はですね、治安維持法の下でマルクス経済学の研究なんかをしていたですね大原社会問題研究所、これが現在の法政大学の大原社会問題研究所になっているわけでありまして、法政が、学生運動があったから「左っぺい」っていう話じゃなくて、法政も今やですね、炊き出し運動をやっていたような方なのに、いつのまにか教授になってるような、お父様が日経新聞に勤めていたような変なお兄ちゃまとかですね、あるいはいまだに永遠の青年のような小説の青臭いこと言ってる方とか、いろんな方が教授でいらっしゃって香ばしい限りでございますけども、田中優子様は如何お過ごしかという形でございますけど、こういう立派なことを、医療とかですね行ってきた。これが本来のまともな経営者の保守ということだと思うんですね。

このことを城山三郎さんは、『もう、きみには頼まない』ってのは石坂泰三さんという東芝の、そして大阪万博を開いた時の人物であったり、あるいは石田礼助さんというですね、国鉄の総裁だった人で、『粗にして野だが卑ではない』っていう本もありますけども、この大原孫三郎という人がですね『わしの眼は十年先が見える』と。ある意味ではリーダーというのはそういうもんなんでございますですよね。べつにヤッシーはそれほどではございませんけども、木製ガードレールも今頃になってですね、「なんか立派な木造の建物を建てよう」なんて住友林業が言い出して、「なんか同じようなことを言ってた奴がいるな」とかって言われておりますけれども、是非この『わしの眼は十年先が見える』は新潮文庫で、今はもう城山さんがお亡くなりになった後も出ておりますですね。そうではなくても簡単にご覧になるとですね、やはり今こそ大原孫三郎のような人物が、経済においても政治においても、あるいは文化においても、もっと言えばですね、今大阪で、太陽の塔ができておりますけど、太陽の塔もですね、これは浅田彰さんとの対談でいずれ載るかと思いますけど、太陽の塔も、あれは突如後から岡本太郎がボカーンと建てちゃったんですね、コマネチなんて言ってる人とは全然違うレベルにおいて。


太陽の塔・秘蔵フィルム:岡本太郎vs石原裕次郎 1975年製作 - YouTube

で、あの時もなんと、当時の通産省ですね、で、堺屋太一のような人もいましたが、同時に通産省から来ていた役人の人が、最初の、初代の事務局長かなんかだった方で、この方が、何でも良いからっていうんじゃなくて、ちゃんと才能を見極めた上で「あなたに10億円くらいあげるから、これで何でも作ってください」と。「何かできなくても構いません」と言われて、彼はもともとフランスに行ったりして博覧会という、パリ博の頃のこととかも知っていますから、そしてあの塔が出来てったわけですね。もちろんあれは人類の進歩と調和というものに対しての最大の皮肉のようなものでもあったということですよね。でもそれが、今考えてみると富国強兵ではない富国裕民というのは何なのか?と、先日来お話をしてる逆命利君ってのは何なのか?あるいはそれを受け入れるものがあったということです。

 

田中康夫の新ニッポン論」「ディスカバー・ジャパン」

田中康夫の新ニッポン論」「モーレツからビューティフルへ」

憂国呆談」2014年12月号 ディスカバー・ジャパンから、勢いを増すイスラム国、スコットランドの独立騒動、香港の学生デモまで!
https://www.nippon-dream.com/?p=12895

「ディスカバー・ジャパン」という(国鉄のキャンペーンを)藤岡和賀夫さんっていう電通にいらっしゃった方が考えた。でもこの「ディスカバー・ジャパン」に関しても、その当時書かれてることっていうのは「こんな社会じゃだめだよ」っていうことを言ってるんですね。まさに「Oh!モーレツ」と言ってる時にあれが出てきたということです。そしてですね、その時に富士ゼロックス小林陽太郎さんという、亡くなられた、今の富士写真ホールディングスの経営の方々とは全く違う意識の方がいらっしゃってですね「大阪万博、今、取り壊しています」って写真をずっと連続して新聞広告で載っけてっているんですね。じゃあ、それはどう作られていくのか。壊すだけじゃないということを示していく、それは今の政策の優先順位はどこにあんのかということを野党は箇条書きでも良いから志位和夫さんあたりは是非お示しになるということがですね、あるいは日本共産党って名前を変える、ということくらいが大事なわけでございまして、このあたりを日本共産党の、未だに赤旗をですね1部配っていくら、みたいなおじいちゃんおばあちゃんがお怒りになったとしても変えるくらいな大変化と、それはやはり、フジテレビが今は低迷しておりますけども、フジテレビのですね、どうせ鹿内信隆さんの息子で、だめな奴だろうなどと言われた鹿内春雄さんというものがフジテレビを変えた時にですね、どんな批判でもいいと、あるいはニュースのところに来て、今昼間の番組をやってらっしゃる、フジテレビで女性のお名前が今出てこない・・・、博報堂の方と結婚して今離婚したのかな、彼女が言ったんですけど、ぼーっと来て見てると。自分の考えとどうであれ、流すということ、それはやっぱりバラク・オバマさんが言った、最後の会見の時に記者たちに「君たちは懐疑的であれ、懐疑的ってのは粗探しをしろってことじゃなくて、クンクンと鼻を鳴らしてこれはどうも変だぞ」と、「みんなが褒めてても、あるいは政府がこう言ってても、ペーストの記事書いちゃこれは薬害になっちゃうなと思え」と。「そしてそのことを徹底的に書け」と。「厳しい質問を私にしろ」と。「それがあなた方の仕事だ」と、「私の後の人にもそうしなさい」と言ったわけでございますけれども、やはりそういうクリエイティブ・コンフリクト、クリエイティブな葛藤を、クリエイティブな緊張感、忖度をするんではなくて、逆に忖度を超えたような、クリエイティブなコンフリクトをするということでありですね、それは「わしの眼は十年先が見える」と言ったこの大原孫三郎という人がですね、単なる威張りではなくて素晴らしいことを言ってたということを、今日、62歳の誕生日にですね、改めて皆様にお伝えしようと思って大原孫三郎、そして城山三郎さんの話をさせていただきました。

f:id:nippon2014be:20180714180354j:plain

「註の新たな註」
「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。

ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣
「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、
両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、
高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、
関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。

Amazon田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。
ぜひご利用下さい!

f:id:nippon2014be:20180703001233j:plain

4月12日Y'assy生誕記念号 田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.262『祝「たまらなく、AOR」125回記念 decentなAOR愛とは何か⁉』

初回からの全ての選曲のジャケ写&YouTube音源➡http://tanakayasuo.me/aor125

 

「たまらなく、AOR」サイト 
http://tanakayasuo.me/aor

初回からのジャケ写&YouTube音源 
http://tanakayasuo.me/archives/category/aor

2015年放送分一覧 
http://www.nippon-dream.com/?page_id=16522

2016年放送分一覧 
http://www.nippon-dream.com/?page_id=17081

2017年~2018年放送分一覧 
http://www.nippon-dream.com/?page_id=15202

サンデー毎日」「ささやかだけど、たしかなこと。」「アナログレコード」復権 「形式知=アナログ」ならぬ「暗黙知=デジタル」こそ時代を読み取るカギ
http://www.nippon-dream.com/?p=16326

http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/mainichi_015.pdf

「都会的で洗練された選曲」「読売新聞」2016年9月21日夕刊
http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2016/09/yomiuri_aor0921.pdf

f:id:nippon2014be:20180412163252p:plain

毎週火曜日から水曜日となる午前0時から30分間、FM YOKOHAMAで「たまらなく、AOR」というヤッシーが選曲をしてヤッシーがお喋りをする、このヤッシーのお喋りは読売新聞が何故か書いてくれたんですが「喋りを最小限にして、1日の疲れを癒す音楽が流れる」ということで、AORというのは、もともとこの言葉は何かということですね。「アダルト・オリエンテッド・ロック」あるいは「アルバム・オリエンテッド・ロック」、「1枚のアルバムとして聞こう」と。こういうとこから始まったのがAORでございます。この言葉はだいたいそうですね、1980年の冒頭くらいに出てきたんです。いわゆる白人系のシンガー=ソングライターでですね、いわゆるアコースティックという感じじゃなくて、ちょっとアーベインで、まさに「アーベイン」という単語もヤッシーがですね、最初に『たまらなく、アーベイン』という連載は単行本にする前に『JJ』で1年連載してたエッセーが『たまらなく、アーベイン』とタイトルを付けていたわけなんでございますけれども。で、このアルバム・オリエンテッドな音楽、これはどういうものかというと、ロックではない、ジャズでもない、フュージョンというのは入るかもしれませんけれども、

Robert Palmer- Every Kinda People 1978

f:id:nippon2014be:20180412152153j:plain

f:id:nippon2014be:20180412152343j:plain

で、これは『たまらなく、アーベイン』という本はですね、確か1984年でしたかね、当時の中央公論社から出したんでございますけれども、これ、ずっと絶版になっていたんでございますけど、2015年に河出書房新社からですね菊地成孔さんが「二度とやってこない時代のライフスタイル読本」ってなかなかキャッチーなセリフを書いてくださいまして、そうです、菊地さんにご飯をご馳走すると言ってまだしていないので菊地さん、お怒りかもしれません・・・そんなことはないと思いますけど。菊地さまはヤッシーの『いまどき真っ当な料理店』という・・・なんとですね一昨日でですね、神保町の『いもや』というお店がですね、ヤッシーもこないだトンカツを2回行って参りました。1回目は普通のトンカツで、2回目がヒレカツを食べて参りましたけれども、店を閉じてしまう。真っ当なものというのはなかなか、預言者世に容れられずという感じでございますけども、不真っ当なものがですね、「星の見えるような」旅館とかですねホテルというようなものが「困った存在」として、さすがに最近、ちゃんと『週刊新潮』あたりが「とんでもないセントラル・キッチンでご飯作ってる」みたいなことを書くようになったんで、なかなか天網恢恢(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさずという感じでございますけれども、『いまどき真っ当な料理店』を菊地成孔さんは全部、載ってる店を『それでも真っ当な料理店』に載ってる店も全部・・・なので『吉野家』にもそこで初めて行ったとかなんとかという、『いもや』も行ったという方でございます。

f:id:nippon2014be:20180412152647j:plain

AORって何かということは、是非あの番組をお聴きいただいて、ホームページの方にですね初回から2015年の10月の初回から掛けた曲、YouTubeの音源、あるいはジャケット写真も載っております。で、AORを聴くってのは輸入盤、今はCDで聴けたりアマゾンのところでちょっと聴けたりしますけど、音楽を聴く、とりわけ輸入盤のシールドされたレコードを買うというのはですね、「瓶詰」と「缶詰」の情報というもののですね、鍛錬だったわけですね。

 

田中康夫と、AOR作品を聴く 『たまらなく、アーベイン』をめぐって アナログ音盤Vol.4(クリックで記事拡大)

f:id:nippon2014be:20180412154832j:plain

http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/a96ffaf3a822661c063bca0df2dac98f1.pdf

ジャケット写真を見る。これは目が不自由でない方は読めます。「あ、こういうジャケットか、なんか良いかな」。でもハズれる場合もあるんですね。「ちょっとセクシャルだな」と思ったのに全然違ってジャジーだったってなこともある。ジャージー牛乳のミルクすら出てこない。で、アーティスト名が書いてある、作詞家の名前が書いてある、参加ミュージシャンの名前が裏側のジャケットに書いてある、レコードは昔、大きかったですからね。レコーディング場所も書いてる、レーベルもどこだとか、曲名のタイトルの感じから「何か匂うな・・・」、これはでも、全部「瓶詰」なんですね。

Rupert Holmes - Speechless 1978

でも、初めてのアーティストであった場合に、そのアーティストのそこに「瓶詰」で書いてあるプロデューサーであったり、作詞家・作曲家のところから「以前にこのプロデューサーはこんな人をプロデュースしてたな」ってのは「缶詰」です。皆さんが「瓶詰」で得た情報を頭の中できちんと、PCも無いような時代から頭の中のですね「勘ピューター」の中にきちんと入れておかなきゃいけない。「瓶詰」の情報とそして「缶詰」の情報を一緒に融合したときに初めて、それまでの蓄積が生かされるということですね。2等辺三角形の2辺がありますと、低角の角度は何度ですと。上の角の角度は何度ですかって聞くときは、図は見えます。下に何度ですってのも書いてあります。でも、上角が何度かっていうことは2等辺三角形であっても3角形であっても180度だと総角の数は、ということの「瓶詰」の情報がどっかから出てこなければ、それは永遠に解くことができないということですね。

Marc Almond – Other Peoples Rooms [full album]1978

AORというものはですね、ある意味では今日まで、先週お掛けした曲をお聴きいただいて、今週も、この間都合4回はですね、AORの入門の方々にもお聴きいただけるような、私が以前にも掛けて「非常に、これこそがAORであるである」というのをお掛けしております。来週の最終週(4月10日(火)24時~)はですね、なんとパット・メセニー・バンドとですねデイヴィッド・バウイのThis is not Americaという曲を、パット・メセニーというのはフュージョンというよりもジャズの方でございます。デイヴィッド・バウイはまさにしなやかに走り続けたロックの方でございます。でもその2人がですね『The Falcon and the Snowman』という映画、これは非常にアメリカという国を愛していたはずの青年が、あるところからですね反逆罪のような形にまでなってってしまうという「こんなアメリカじゃなかったはずだ」と。

David Bowie/Pat Metheny - This Is Not America (Promo Clip 1985)

f:id:nippon2014be:20180412153123j:plain

でも、今多分、この番組をご覧の方もですね、This is not Nipponって思ってらっしゃるかもしれない。その言葉すら周囲を見て、空気で動く国なんで言えないかもしれない。でもこの音楽こそですね、来週の最後に掛ける曲こそですね、これはロックとかジャズとかフュージョンなどという言葉を超えて、本当に人の心に静かに訴えかけるAORなんですね。AORイデオロギーではありませんから、ロックのように声高に語るわけでもない。ウッドストックのような形ではない。ごく普通に働いてそして、クワイエット・ストームというのは1日の疲れを、本当にクワイエットな中で1日の嵐のようなものを、結果的にどんなに収入があったって歯車のように働いていかされてしまっている自分というものを、1日振り返るというのがAORでございまして、これがまさにディーセント、ディーセントっていうのはまあ、ILOなどという国連機関というものは、まさにWHOなどという患者のためや子供のためでなく、製薬会社のために働いてるようなWHOというところがあって、そこにいらっしゃった本当に医師免許を持ってんのか持ってないのか、仮に持ってるとしても医師登録をしてるのかしてないのかが分からない、何でわからないのか?という、本当に香ばしいですね中村理子さま、結婚してれば(名字)が違うのかな・・・ペンネームでですね村中璃子さまとやってる人、あるいはそれに、とてもお顔とか発想が似ている、まさにAmazonの、自分の書評で自分の気に食わないのを全部消していくという歴史改竄主義者でございますから、このあたりも本当にネッシーがいるというですね、ヤッシーじゃなくて三浦瑠璃さんと似てるわけなんでございますけど・・・。

で、もう一つはですねニュートラというものとAORが似てるということ。昔ベン図というの習いました。当時は40人学級、今なら30人学級、その中でおはじきが好きな人、縄跳びが好きな人、色水遊びが好きな人、1つ1つ重なってんですね。縄跳びも色水遊びもおはじきも、全員40人が全員40人全部(好き)ですということになったら、これは怖い国家ということです。怖い国家だなと言ってる国よりも日本の方が怖くなってるわけでございますけど、ベン図というのは少しづつ重なっている。ニュートラもそういうことですね。こういうような服の着方という大まかなものはある、でも、トラッドのような文法コチコチではないではない、でもどっかづつ重なり合って、AORの音楽というのはまさにそういうものであるということなんでございます。是非、論より証拠でですね・・・先日ですね、この『別冊・・・』こんな雑誌もあるんですね、『月刊カドカワ』ってのが昔、見城徹さんが編集長だった頃に私、書いたりなんかしておりましたけども『別冊カドカワDirecT』っていうのがあって、カドカワムックとなっててですね、この雑誌が音楽系の雑誌でAORの特集をしていてヤッシーのインタビューが5ページ載っております。

 

「別冊カドカワ Direct 09」に「田中康夫のディーセントなAOR愛」と題して4頁のインタヴューと「ヤッシー厳選! AOR 70’s – 80‘s必聴盤」が掲載されました。

PDFはこちら>>>http://tanakayasuo.me/top/wp-content/uploads/2018/04/623c69ef26f8d5aa82d44f17853fa245.pdf

f:id:nippon2014be:20180412153610j:plain

最近レコードが置ききれなくなってですね、ヤッシーん家ってのは、CDは本当に50枚もないんでございますね。で、レコードは多分、5000枚って番組で言ってますけど8000枚いくらいあって、今ちょっと江東区の方の倉庫に預けておりましてですね、そこに取りに行ったりしているわけなんでございますけどもね。その昔は自分でカセット・テープを作るっていうのが楽しかったわけですけれど、元々ですね、ずっと「ヤッシーが掛けてる曲静かだね」って、静かっていうか(イントロが)ピアノから入ったりするんですけど、ディスコで繋ぎはすごい上手な人でもチークになると、そのDJがだいたいいつも下手なんですね。ボズ・スキャッグスのWe are all aloneかなんか掛けちゃって、コモドアーズ掛けちゃってるとか。「もう、ちょっと・・・そうじゃない曲があるのにな」って。

Teddy Pendergrass - Turn Off The Lights 1979

やはりだからそういうスロー・バラードって、甘ったるいですね、なんか相田みつを的なものではなくて、ちゃんと矜持と諦観を持ったですね、まさに、「暖かくて、でも冷酷じゃなくて冷徹である」と、こういう音楽をだいたい選んでいるわけなんでございまして、是非、お聴き頂いてですね、リクエストも下さる方もいるんですけれど皆さん謙虚なので・・・。あとツイッターでもその後にやってる松重さんの番組なんかよりもツイートの数が多いということでラジオ局も驚いておりますけども、このインタビューの後ろには、私が選んだ7枚のアルバムというのが載っておりまして、まとめもとても上手にですね池上さんという人がしてくれたので、ヤッシーも少し手を入れましたけれども、是非お読みを頂いて、と思います。ということで本日はですねお口直しとしてですね、『祝「たまらなく、AOR」125回記念 decentなAOR愛とは何か⁉』。まさに今、AORが流行ってきていて「ヤッシーの選曲したコンピレーションを作ろう」とかですね、なんかDJ OSSHYさんが(CDを)出したんでございます。

OSSHY、なかなか良い選曲をアップ・テンポでするんですけど、やはり「バラード系はですねヤッシーの方がちょっとOSSHYよりも1枚上手だぞ」などとですね、ほとんどなんか「日本凄いぞ論」みたいなことになってしまって、おあとがよろしいようなので明日またお目に掛かります。

The RAH Band - Clouds Across The Moon 1985

f:id:nippon2014be:20180412202425j:plain

たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 
ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 

2018年4月11日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫 ~詰将棋 はたして詰むや 詰まざるや~疾うの昔に見えていた「政事の着地点」

f:id:nippon2014be:20180411094027p:plain

 

「オピニオンCROSS」は首都圏以外の全国・全世界の方々も以下、エムキャス「見逃しヴィデオ・オン・デマンド」ページにて放送後3日間ご視聴頂けます。

https://mcas.jp/movie.html?id=749815351

 

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」vol.269『脱・「第4の承詔必謹」を! 「逆命利君」の欠片もない夜郎自大な面々を嗤うw』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.261『安倍さんを苦しめるエセ「保守」マンセー諸君Part2 忖度しすぎな「承詔必従」を改めよ!』

田中康夫の「だから、言わんこっちゃない!」Vol.260『安倍さんを苦しめるエセ「保守」マンセー諸君Part1 贔屓の引き倒しな「承詔必謹」を改めよ!』

[堀潤]さあそれでは参りましょう。田中康夫さん。
[田中康夫]はい。
[堀]テーマの発表をお願い・・・。
[田中]ちょっとストップ・ウォッチを。
[堀]ははは。ありがとうございます。
[田中]「アンダーコントロール詰将棋。なんか今の状況、詰将棋だと思うんですよね。
[堀]確かに。
[田中]詰将棋が受動的なのか、能動的なのかのところでね。

f:id:nippon2014be:20180411094350p:plain
[宮瀬茉祐子]今、アメリカでは米中首脳会談の進展やシリア問題への対応、さらにフェイスブック個人情報流出問題をめぐり、ザッカーバーグ最高経営責任者公聴会で証言するなど、その動向を世界各国が注目しています。一方、日本では防衛省の日報問題、森友学園に続いて加計学園の文書問題も明らかになり、政府は内向きな問題への対応に忙殺されています。
[堀]どちらの国も国内政治が。
[田中]「アンダー コントロール」ってのは通常ほら「ちゃんとコントロールできてます」と。ところが何かここのところの「アンダー コントロール」ってのは「水面下でやってること」が「アンダー コントロール」ですか?みたいになってきちゃってるんでね。
[堀]そうか・・・。
[田中]以前にお見せをしたように、まさに、男の人の顔に見えるのか壺に見えるのか。

f:id:nippon2014be:20180308172054j:plain

[田中]今、非常に、分水嶺をもう既に超えてるのかなという気はします。先月、私は「米朝会談がある」って(電撃発表される)前日(3月8日)にも出させていただいて、多分そうなるだろうと。

[堀]早い段階からずっとお話されてましたね。
[田中]この前(3月30日に)申し上げたのは「承詔必謹 しょうしょうひっきん」という。

f:id:nippon2014be:20180331095832j:plain

 

✽ちなみに3月21日には「溶けていく倫理 Twitter Facebook Google Japan 愉しくなければデモじゃない」

をお届けしました(by「田中康夫 Speech To Text Online」 中の人 メモ)

[堀]どういう意味でしたっけ。
[田中]これはですね、十七条憲法の第三条には「天皇詔勅、言葉が下ったらちゃんと耳を傾けなさい」という本来意味だったんですよね。

f:id:nippon2014be:20180411094617j:plain

[田中]ところが、大日本帝国憲法になったときには「第一の改竄」が行われたわけです。すなわち、「天皇の言ってることをよく耳を傾けよ」ではなくて「天皇に言われたことは全部従え」と。ところが実際には昭和天皇が思っていたことじゃないかもしれないことを取り巻きの人たちが「こう言ってるぞ」と言って、あの戦争の暴走になってってしまったわけですよね。これが「第一の改竄」。で前回お話したのが「第二の改竄」は何だったかというと、

f:id:nippon2014be:20180331100143j:plain

[田中]この写真が出たことにより天皇詔勅というものが、敗戦の詔勅で終わってしまったことによって、これからは「承詔必謹、耳を傾けなければ絶対いけないというのがアメリカの言うことだ」という話になってたのが「第二の改竄」だと思うんです。
[堀]そうですね。国体はアメリカによる国体の護持という感じでしたからね。
[田中]ここが日本の「保守」の、非常にいびつな形になっているわけですよね。
[堀]ねじれていると。
[田中]で、今、「第三の改竄」は何が行われているのかというと、おそらくそれはクローニズム(Cronyism)という言葉やネポティズム(Nepotism)という言葉があります。

f:id:nippon2014be:20180411094757j:plain

[田中]これはいわゆる縁故主義ですね、お仲間主義。とりわけ政治がそうした形で進んでいく。今までもそういう、半ば談合的な政治はあったかもしれないけど、むしろそれが新自由主義のようなふりをしながら、実態で行われてるのはムラ社会なんじゃないのか?ということですね。
[堀]確かに。これはね政治だけじゃなくてね、例えば、今経産省が強い内閣だと言われますけれども、経産官僚の皆さんの周りには若手のね経営者の皆さん、ババババーと集まっていて、「よおし繋がるぞお!」っていうね。なんかもう、本当に、確かに新自由主義とは言えども縁故主義
[田中]アメリカもそれかもしれないけど。ここに書いたのは人間主義と行為主義という言葉があります。人間主義ってのは人道主義とは違います。人間主義ってのは例えば銀行が(融資の)査定をするときに「この人は自家保有で上場会社に勤務をしていて、年収幾らだから。じゃあ肩書きで問題ないだろう」と。でも今までの不祥事は、肩書きが立派な人ほどあったりしたわけですよ。行為主義って何と言ったら、その人の行いです。いつもは困った(行動を取る)人でも、(路上で)倒れ(てい)た人がいたときに、AEDなんかないところでも(救急車が来るまでの間に)心臓マッサージをする人だったら、それは是々非々で評価しなきゃいけない。ところが今の世の中のこの「赤いアベノミズム」的なものは、一方のものは「絶対に何があってもマンセーOKだよ」と。逆に言うと一方のものは「それはもう全部違うんだ」みたいな二項対立になってるかと思います。さて、ところでですね、4月9日、この日はおとといですが、非常に象徴的な日になると思っています。

f:id:nippon2014be:20180411094845j:plain

[田中]改竄問題、日報問題、「すべて膿を出し切り、二度とこうした問題が起きないよう文書管理、組織、コンプライアンスの問題取り組んでいく」と、(自民党総裁室での役員会で夕刻に)安倍晋三総裁は述べられたんですね。で、その前の参院決算委員会では「自衛隊の最高指揮官として国民に深くお詫び申し上げたい」と初めて最高指揮官という言葉を使いました。でもこれはシビリアン・コントロールなわけですよね。でも、最高指揮官が果たして最高責任者なのか、「≒ (ニアリー・イコール)」なのか、あるいは、実はこれもまた非常に形式知的な、言葉の違いなのか。
[堀]どういうことですか。

f:id:nippon2014be:20180411094923j:plain

f:id:nippon2014be:20180410224113p:plain

[田中]それは何かというと、この日の午後、夕方にですね二階俊博さん、私は非常にこの方は、自由民主党に残る、昔後藤田正晴さんとか野中広務さんとか亀井静香さんもいたし、そうした人たち、梶山静六さんに並ぶ人だと思ってます。で、質問が出ました。「総理をはじめ、みんな予算委員会(や決算委員会等)で「膿を出し切る」という言葉を使って、これ(防衛省の日報問題)への対応とおっしゃる訳ですが、膿を出し切る、これ、どうなんでしょうか」と(記者が)言ったら、「だから、おっしゃるようにね、表現は自由ですけどね。そんな簡単な説明だけではなくて、膿を出し切る、必要あらば責任あるべき人には責任を取って貰うというやっぱり気構えで話をして貰わなきゃダメだよね」。
[堀]うん?!
[田中]これは大変に深い言葉なんです。いろんなとり方があるかもしれません。素晴らしい小説もいろんな読者の読み方ができるように、でもこれ、防衛省の日報問題です。まさにシビリアン・コントロールの最高指揮官はどうあるべきかということに対して彼は言っている。
[堀]え?二階さん、今までね「安倍総理の次も安倍総理だ」って言っておられましたけども、これは安倍総理は責任を取るべきだと?
[田中]判らない。それはどう取られるか、です。でもこれに関して翌日記事がほとんど出ていないんです。会見録は、まあ僕は共同通信の会員になってるんでデータで貰ってたと。ノブレス・オブリージュ(仏:noblesse oblige ノブレ(ッ)ソブリージュとは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す - wikipedia)は何ですか?ということを二階さんは実は言ってるんです。ご存じのように「私や妻の・・・」って発言があった。

f:id:nippon2014be:20180411094954j:plain

[田中]このね、(2017年2月17日の衆院予算委での)「総理を辞める」発言って、毎朝ほら、(委員会や本会議開催の前に)ご存じのように正副官房長官も一緒になって役人の人が書いたのを、首相答弁というのは重いものだから文章を普通、昨日もずっとそれを読んでるわけです。
[堀]そうですね。
[田中]「最高指揮官として・・・」って。でも実は、その(打ち合わせの直)後に非常に親しい、多分私は阿比留瑠比さんだと思うんだけど、「ふざけたパヨクの言いがかりを打ち切るには、相当強い言い方で黙らせた方がいいぜ」って電話が(ガラケーに)あって、それで言ってしまったと。
[堀]・・・と『FACTA』がそういうふうに報道してるんですか?
[田中]『FACTA』の紙面をこれはそのまま書いているんですね。そういう形の中から、もし仮にそうであるとすれば、この『FACTA』に対して内閣官房は訂正を未だに、(3月20日の配本から)もう1ヶ月(近く)経ってるけど求めてはいません。

 

会員制月刊誌「FACTA」4月号「森友」地獄に堕ちた財務官僚

ヤクザ組織かブラック企業さながらの「無理押し」が破局を招いた。「財務省福島第一原発になってしまった」(有力OB)[首謀は「田中・迫田ライン」]

f:id:nippon2014be:20180411095026j:plain

[田中]そうするとやっぱり、今言われてるのは「どんな言葉を言ったか?」なんとかって、アルゴリズム形式知なんですよ。でもそうではなくて、やっぱり信なくば立たずということであるならば、その人の構えというものがどうなのかっていうことが問われている。なので私は前回(3月30日)も、その前(3月2日に「朝日新聞」が「森友文書、財務省が書き換えか「特例」など文言消える」とスクープ直後の3月8日)も、もう「着地点」は見えてるんじゃないんですかって申し上げた。(安倍首相以外に日本を担える人は居ないと信じてらっしゃる方々からの激しい)お怒りの言葉(のメール)も(僕や番組に随分と)あったかもしれなでもそれは安倍さんのためにも自民党のためにも日本のためにも、私たちがどういう選択をすることが国家益であり国民益なのかということをね、もう一回考えた方が良いかもしれない。
[堀]そうですね。

f:id:nippon2014be:20180411095132j:plain

[田中]パブリック・サーヴァントってのが公務員です。でもね選挙で選ばれ、選挙で判断される人はサーヴァント・リーダーなんです。だからまさに最高指揮官であり、最高責任者でもあるし。(世の中には)いろんな意見がある。でも創造的葛藤という、みんな同じ意見のマンセーではない、クリエイティブ・コンフリクトということこそが民主主義であり弁証法であり、それが(4度目の正直としての)今度は改めるべき「承詔必謹」は、私は(大日本主義の)富国強兵ではなく(石橋湛山が説いた小日本主義としての)富国裕民(であるべきなのだ)と。
[堀]そうですよ。
[田中]「私も1人の国民です」という(サーヴァント・)リーダーの下で、良い意味での、今上天皇も含めた、新しい「承詔必謹」を日本は生み出す良い機会だと私は思っています。
[堀]おっしゃるとおり。だからこそね、僕もさっき言いましたけど「倒閣運動ですか?」「違います」と。「倒して何かが終わる、変わる」とは思わないです。
[田中]そうなの。
[堀]今、何を作るべきかっていうね、創造の方に持っていきたいですよね。
[田中]だから逆に言うと、野党(の側こそ)がこうした気持ちで創造的葛藤の(具体的)提案をしていくべきだと思います。
[堀]そうなんですよ。ありがとうございました。

 

フジサンケイグループ夕刊フジ」名物連載「鈴木棟一の風雲永田町」5816回(4月11日発売)も、会見に於ける二階俊博幹事長の発言の深意を論評しています。

f:id:nippon2014be:20180412115451p:plain

 

安倍夫妻によって国家はどこまで壊されるのか――福島のぶゆき×菅野完対談

公文書改ざんの重みと、国家の重みが理解できない安倍首相――福島のぶゆき×菅野完対談(後編)

「菅野完はイヤハヤですが、福島伸享との対談は一読の価値が有るので、最後に置きました」(「田中康夫 Speech To Text Online」 中の人 メモ)

 

「十七条憲法第三条が謳う「承詔必謹・しょうしょうひっきん」 大日本帝国憲法➡敗戦➡現在❣ 三度に亘る牽強付会な解釈変更の悲劇」と題してジョン・フォスター・ダレス発言を紹介した3月30日「モーニングCROSS」の文字起こし

2018年4月30日 TOKYO MX モーニングCROSS 田中康夫『“都民ファやらせ質問疑惑”保存者名が「ecoyuri」・「働き方改革」渡辺ミッチーの至言に拳拳服膺を・アルゴリズムな「意識高い系」が唱えた、「ニッポン凄いゾ論」の終焉。時代は演繹法から帰納法へ!』の文字起こし

北朝鮮情勢・ノーベル文学賞延期・内閣人事局批判を巡って・憲法改正議論」と題して5月5日にお届けした「ナイツのちゃきちゃき大放送」の文字起こし

 

TOKYO MX「モーニングCROSS」(07:00~08:30)は首都圏以外の全国・全世界の方々も以下、エムキャス配信ページ・スマートフォン専用アプリにてご視聴頂けます。

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン

 

2018年4月10日 TBSラジオ 生島ヒロシのおはよう一直線 「もっと強気で行け❣PMより💃🏻Ⓒ今井尚哉首相秘書官」「破棄・消去」した筈の文書発覚は圧力弁が効かなくなった証左 電話ゲスト 田中康夫

f:id:nippon2014be:20180213104438p:plain

f:id:nippon2014be:20180227191525p:plain

[生島ヒロシ]さて今日はですね作家の田中康夫さんに色々とニュースに触れていただきますね。康夫ちゃん。

[田中康夫]はい。おはようございます。

[生島]いやあ次々にやっぱ明るみに出てきましたね。

[田中]愛媛県の側もね、官邸に行ったときの書類があるということを言い出した。だからこれはやっぱり何ていうのかな、圧力弁を全部各省庁にもかけてたけど、圧力弁がもう効かなくなったってことじゃないですか。

 

「共同記事は、朝日が最終判で出すのを知って00:30に出したのでしょうね。」(* ヤッシーメモより)

 

「柳瀬秘書官発言」文書に安倍首相と加計理事長が会食の記述 文春オンライン

「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録 朝日新聞

面会時に「首相案件」 加計幹部らに首相秘書官 東京新聞

f:id:nippon2014be:20180410142916j:plain

f:id:nippon2014be:20180410143005j:plain

[生島]そういうことですね。

[田中]これはやっぱり、昨日安倍さんは「私は最高指揮官だ」っていうことをね、防衛省の漏えい問題とかでも言ってるけど、じゃ最高指揮官は最高責任者なのか?ていうと、どうもやっぱりその矢面に立ってないんじゃないかってことを国民も感じてるわけですよね。

[生島]うん。うん。

[田中]安倍さんに期待してた人たちもね。これ一番象徴的だったのは野党の側が「政治家は官庁に不都合が起きると押し付け自分は逃げ切りを図る」と言ったのに対しての答弁が、「全て私が責任を取ればいいという話ではない」と。「私が責任を逃れているイメージを植えつけようとしている」ってまたおっしゃってたんだ。

f:id:nippon2014be:20180410143158j:plain

[田中]だけどやっぱり頭を垂れるとか、そこかな。今日発売の『月刊文芸春秋』で、以前から言われてたことなんだけど、佐川さんがああいうふうに「何もありません」ってはっきり言ってたのに「もっと強気で行け PMより」というメモが渡されたっていうのが載ってるわけ。

[生島]うん。

[田中]で、PMってプライム・ミニスターだから首相ですよね。多分これを渡されたのが首相秘書官で一番覚えがいい今井尚哉さんっていう経済産業省から来た人だと、でやっぱり「この強気で行け」というのが全部裏目に出てるかなっていう気がしますよね。

[生島]いやあこれはみんな国民は判ってるんですよねえ。

[田中]ということでしょ。だけど、やっぱりある意味では、だれも別に安倍昭恵さんに証人喚問っていうんじゃなくても、あれだけ外に出ていろんな対外活動されてる方が、早い段階でやっぱり何らかの形での会見を開くとかね。

[生島]うん。

[田中]そうした形を周囲も多分考えていただろうに何かうまくいかなかったっていうね。だから「膿を出し切る」という言葉をおっしゃってるんだけど、昨日とても象徴的なのが二階俊博幹事長が会見で「総理をはじめとして膿を出し切るって言葉を使ってらっしゃいますけど、これはどうお考えですか」という質問に対して、二階さんがこういうふうにおっしゃっってんの。「だからおっしゃるように表現は自由ですけれども、そんな簡単な説明だけではなくて膿を出し切る必要あらば責任あるべき人には責任を取ってもらうというくらいの、やっぱり気構えて話してもらわなきゃだめだよね」と。

f:id:nippon2014be:20180410224000p:plain

f:id:nippon2014be:20180410224113p:plain

[生島]おお。

[田中]って言ってるんですよ。二階さんは非常に奥の深い政治家だから、おっしゃってるけどじゃあ「責任あるべき人には責任を取ってもらわなければ」って幹事長がおっしゃっている発言というのは、みんなはどういうふうにやっぱり考えるべきかなっていうね。それともう1個、昨日もずっと決算委員会で「南北と、米朝会談のときにきちんと拉致を話してもらうんだ」って言うんだけれど、隗より始めよで、やっぱり日本は小泉さんのときにはあそこにまず一回行ったわけじゃないですか。

[生島]はい。

[田中]それを今回も外務省は「いや、今まで朝鮮半島問題が手薄だったので、韓国を扱う課と北朝鮮を扱う課を作ります」って河野太郎さんはドヤ顔と言っているんだけど(笑)。

[田中]「今かよ?」っていう話じゃないですか。我々国民も、もっと協力すべきたったかもしれないけれど、17人の拉致問題担当大臣がいて1人も今まで接触してこなかったっていうのをね他国にお願いをするというのは、ちょっと恥ずかしいよね。

[生島]ね。

[田中]昨日、実は共産党志位和夫さんが安倍さんとわずか8分間なんだけど会ってるわけですよ。そこには二階さんもきちんと同席をしているのね。

f:id:nippon2014be:20180410224439p:plain

f:id:nippon2014be:20180410224329p:plain

[田中]だけどやっぱり、ここでも「各国と協力して」っていう言い方をされてるんだけれども、その辺もね、まあなかなか・・・。だって「アメリカにお願いする」とか、なんか片思いのストーカー状態のようになってきちゃったら、我々日本国民としても、これだけ経済でもなんでもね外されちゃってるときにどうかな?っていうね。大変な局面です。

f:id:nippon2014be:20180410143045j:plain

f:id:nippon2014be:20180410143220j:plain

 

f:id:nippon2014be:20180410143239j:plain
[生島]なんかやっぱりね日本も、もうちょっと、なんかこう、背骨がしっかりしてないっていうか(笑)。

[田中]そうなの。だから自民党の西田さんなんかも昨日の発言ってやっぱり「馬鹿か」って官僚を言うけど、与党ってのは官僚と一緒に、社員を手なずけるんじゃなくて社員にやる気を持ってもらうってのが大事なんで。

[生島]そうですよね。

[田中]それがやっぱり、じゃあ現場が責任取るって話じゃないよね?っていうことを国民もね、多分思ってらっしゃると思いますね。

[生島]しかし西田さんってのも高圧的な人ですねえ。

[田中]ふっふっふ(笑)。だから贔屓の引き倒しのような発言になってっちゃうんだよね。

[生島]ね。

[田中]「膿は誰が出し切るべきか」っていうことをね、もう一度。

[生島]ありがとうございます。

 

フジサンケイグループ夕刊フジ」名物連載「鈴木棟一の風雲永田町」5816回(4月11日発売)も、会見に於ける二階俊博幹事長の発言の深意を論評しています。

f:id:nippon2014be:20180412115451p:plain

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

ファディッシュ考現学(新潮文庫)

 
昔みたい(新潮文庫)

昔みたい(新潮文庫)

 
恋愛自由自在 (角川文庫)

恋愛自由自在 (角川文庫)

 
サースティ (河出文庫)

サースティ (河出文庫)

 
H (河出文庫)

H (河出文庫)

 
神戸震災日記(新潮文庫)

神戸震災日記(新潮文庫)

 
ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝

 
たまらなく、アーベイン

たまらなく、アーベイン